MENU

ゆうちょ銀行(郵便局)でお金を借りる

郵便局

ゆうちょ銀行は、子供からお年寄りまでだれでも知っている金融機関です。日本全国にいろんなところに窓口があって「子供の頃から口座を持っている」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

オレンジ色の看板が印象的なゆうちょ銀行は、郵便局にある銀行です。どうしても郵便のイメージが強いのですが、ゆうちょ銀行は列記とした金融機関ですから、貯金をしたりお金を送金したり受け取ったりできますし、もちろんお金を借りることもできます。

ゆうちょ銀行でお金をかりる方法や、条件、自動貸付について知りたいという方のために、今回ゆうちょ銀行の自動貸付についてお話ししたいと思います。

目次

ゆうちょ銀行(郵便局)でお金を借りる方法を徹底解説

お金

私たちの身近な金融機関でもあるゆうちょ銀行ですが、金融機関ですので当然のことながら、お金を借りることもできます。ゆうちょ銀行も金融機関ですので当然といえば、当然ですが、郵便局というイメージが強くて「お金を借りる場所」というイメージはあまりないかもしれません。ゆうちょ銀行でお金を借りる方法として「審査不要の自動貸付を利用する」そして「ゆうちょ銀行のクレジットカードを使ってキャッシングする」というふたつの方法があります。

もちろん他の金融商品・・・住宅ローン商品もありますが今回は自動貸付にスポット当てていきたいと思います。お金を借りる方法は、消費者金融や銀行のフリーローンなどいろいろな方法がありますが、今回は、ゆうちょ銀行の自動貸付のお話です。

消費者金融おすすめランキング22選

ゆうちょ銀行の自動貸付には以下の3つの方法があります。

定期貯金 貯金担保自動貸付け
国債 国債等担保自動貸付け
財形貯金 財産形成貯金担保貸付け

名称からも解るとおり、すべて預金や国債などを担保にしてお金を借りる方法です。では、ひとつひとつ見ていきましょう。

 預入金額の90%以内まで融資可能な貯金担保自動貸付け

ゆうちょ銀行のキャッシュカード

ゆうちょ銀行には貯金担保自動貸付けという貸付けがあります。貯金担保自動貸付けとは、ゆうちょ銀行に預けている貯金を担保にしてお金をかりるという方法です。担保として貯金が必要になるため、貯金をゆうちょ銀行でしていない人は貸付対象から外れてしまうことになります。

この方法は、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保にしており、貸付金額の上限は預入金額の90%以内で通帳1冊につき300万円までです。期間は、貸付けの日から2年ですが、貸付けの日から2年以内に担保とする貯金が満期を迎えた場合は、その満期までとなります。そして、元利金継続の担保定期貯金を担保にすることもできるのですが、その場合は、貸付期間の範囲内であれば貸付けも継続される仕組みになっています。

貸付金利 担保定額貯金を担保とする場合
返済時の約定金利(%)+0.25%
担保定期貯金を担保とする場合
預入時の約定金利(%)+0.5%

金利も低い設定ですので、ゆうちょ銀行に貯金があるという人にとっては安い金利で融資を受けられる制度といえます。

では、ゆうちょ銀行に2つ以上の口座がある場合はどうなるのでしょうか。担保にできる貯金が2口以上ある場合は1.貸付期間が最も長いもの。2.貸付金の金利が最も低いもの。3.個別番号の大きいものの順で貸付けが行われます。そして、担保とされた貯金が2口以上という場合は、1.貸付期間が最も早く満了するもの。2.貸付金の金利が高いもの。3.個別番号の小さいもの。の順で返済をしていくことになります。

期限内に返済がされない場合は、担保とされた貯金を払い戻して返済が行われ残金は総合口座に入るという仕組みです。

国債等担保自動貸付けは国債を担保にしてお金を借りる

ゆうちょ銀行の自動貸付のひとつが「国債」を担保にするというものです。国債とは、国家が発行する債券のことで簡単に言うなら「国に貸しているお金」のことです。

ゆうちょ銀行では、ゆうちょ銀行で管理している国債を担保にして自動貸付が可能です。この場合、ゆうちょ銀行や郵便局で購入した国債でなければなりません。先ほどご紹介した、貯金担保自動貸付けと同様に、貯金額より引き出した金額が大きい場合は、総合口座通帳の残高がマイナスになります。

貸付限度額 国債の80%で1人につき200万円まで
貸付期間 貸付の日から1年間
返済方法 貸付金額と利子分を通常貯金に入金することで返済される

となります。貯金担保自動貸付けが預入金額の90%以内の金額(300万円)であるのに対して、国債を担保にした貸付けの場合は80%かつ200万円までですので、設定金額が小さくなります。ですが、ゆうちょ銀行の国債を担保にする自動貸付は、2019 年3月29日をもって新規申し込みの受け付けを終了しています。

財形貯蓄がある方は財産形成貯金担保貸付けを利用する

財産形成貯金担保貸付けは、2019年3月29日をもって新規の申し込みの受け付けを終了したゆうちょ銀行の自動貸付です。財形定額貯金、財形年金定額貯金・財形住宅定額貯金を担保にしてお金を借りるという方法で、預入金額に利子を加えた金額の90%相当額で1契約につき300万円までの借り入れができます。期間は貸付けの日から2年で1000円単位で利用可能です。

貸付限度額 300万円まで
貸付期間 貸付の日から2年間
返済方法 ゆうちょ銀行の窓口に返済
返済回数は1〜4回

貸付利率は返済時の約定利率(%)+0.25%となっており、低金利での利用が可能です。貯金担保自動貸付け・国債等担保自動貸付けの場合はATMでの借入と返済ができますが、財産形成貯金担保貸付けの場合は、借りるときも返すときも、ゆうちょ銀行の窓口を利用しなければなりません。

いくらまでゆうちょは借りれるの?

ここまでゆうちょ銀行の自動貸付についてご紹介しましたが、いくらまでお金を借りられるのでしょうか。ゆうちょ銀行の自動貸付で借りられる金額は次の通りです。

貯金担保自動貸付け 預入金額の90%以内で通帳1冊につき300万円まで
国債等担保自動貸付け 金額の80%相当額で1契約につき200万円
財産形成貯金担保貸付け 預入金額の約90%に利子を加えた金額の300万円まで

同じ自動貸付でも借りられる金額が変わりますので、注意が必要です。また、上限が定められているので、1000万円の貯金があったとしても、貯金担保自動貸付けで借りることができるのは300万円までとなります。

ですが、定期預金が100万円の場合は90パーセントの90万円まで利用できるということになります。つまり、巨額の預金があってもその金額の90パーセントではなく上限は300万円ということです。

そして、ここも注意したいポイントなのですが、ゆうちょ銀行はATMで一日に引き出せるお金の上限が決まっていて、最大で50万円までです。自動貸付の場合もこれは同様ですから、例えば1000万円の定期預金があって300万円まで借りられるとしても、一日で引き出せる金額は50万円までとなります。

ゆうちょ銀行の自動貸付やり方!お金を借りるまで手順・方法

ゆうちょ銀行の自動貸付は、通常のカードローンなどとは異なる金融商品となります。例えば、消費者金融のカードローンなどであれば、申し込みして必要書類を提出し、先方が審査をして審査をパスできれば融資を受けられるという流れになります。大手消費者金融などでは、即日融資が可能というところもありますが、審査が必ず行われます。では、ゆうちょ銀行の自動貸付の場合はどのような流れになるのでしょうか。

ゆうちょ銀行の貯金窓口は平日のみ受付可能

まず、ゆうちょ銀行の貯金窓口ですが、平日のみの営業となっています。ですので、土日や祝日、そして、ゆうちょ銀行の営業時間外には受け付けはできません。大手消費者金融などであれば、24時間インターネットで受け付けをしていますが、ゆうちょ銀行の自動貸付は必ず窓口に行かなければなりません。

インターネットで申し込みをしてお金をかりる・・・ということはできないので注意しましょう。ただし、総合口座通帳を持っていれば貸し越し機能が付加サービスでついているので、ゆうちょ銀行ATMであれば、キャッシュカードや通帳を使って引き出しができます。ただし、財産形成貯金担保貸付けの場合は、借りるときも返すときもゆうちょ銀行の窓口を利用しなければなりませんので注意しましょう。

ゆうちょ銀行の自動貸付は、利用できる条件を満たしていれば、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを使って融資を受けられます。ゆうちょ銀行においてあるATMだけでなく、コンビニに置いてある提携ATMでも利用できます。

コンビニATMでお金を借りる。近所のコンビニで借りるには?

例えば・・・キャッシュカードを使って口座から引き出しをする場合には、口座の残高までしか引き出しはできませんが、自動貸付の対象であれば残高が0円になった状態で引き出しができるんです。そして、口座の残高がマイナスで表記されます。

この場合、申し込みは必要なく、条件を満たす総合口座があればOKです。仮に限度額以上を引き出そうとした場合には「利用限度額を超えている」という表示がされることになります。担保にしている定期預金があるので、実質的には借金ではなく自分のお金ををつかっているだけという言い方もできます。ですが、返済日が設けられているのは「担保となる本人名義の定期預金の解約」をしないようにするためです。

定期預金を「計画的な資金計画」や「将来のための貯蓄」にしているという場合は、定期預金の解約はできれば避けたいですよね。ですが「急な入り用ができた」というときにいちいち定期預金を解約していては大変ですし、デメリットもありますから自動貸付の利用ができるというわけです。自動貸付をギリギリまでしても返済をしていけば定期預金が解約されることはなく、満期日にはちゃんとお金を受け取ることができます。

ゆうちょ銀行に定期預金や国債を持っていて、急にお金が必要になったという場合は、定期預金を解約するより自動貸付を利用した方が手続きが面倒ではなくなりますし、消費者金融や銀行のカードローンを利用するよりずっと低金利でお金を借りることができます。

そして、自動貸付とは別にゆうちょ銀行には「口座貸越サービス」があります。これも自動貸付と似ているのですが、支払いなどで残高不足になったときに自動的に不足額をゆうちょ銀行が貸してくれるというものです。自動貸付ではないので、申し込みが必要ですし、ゆうちょ銀⾏所定の保証会社の保証と保証会社の審査が行われます。

口座貸越サービス 申し込み対象者:日本国籍を有する方または永住許可等を受けている外国人?契約時の年齢が満20歳以上70歳以下?ゆうちょ銀⾏の通常貯⾦持っている・安定した収⼊があり、継続してお取引が⾒込まれる

審査:保証会社の審査

インターネット申し込み:可能

利用極度額:10万円以上30万円以内

年14.0% 貸付利率は変動金利

自動貸付ととても良く似ていますが、全く違うサービスです。ただし、こちらの繰り越しサービスは審査はありますが担保は必要がありませんので、担保となる本人名義の定期預金などがなくても条件を満たしていて、ゆうちょ銀行が指定している保証を受けられれば利用できます。

口座貸越サービス専用通帳・カードはなくゆうちょ銀行のキャッシュカードを使って利用しますので、このあたりは自動貸付と同様です。ただし、金利は自動貸付より高くなりますし審査もある・・・そして、借入可能期間は1年となり満76歳に達した場合は自動でサービスが停止します。繰り越しサービスは、担保がある自動貸付とは条件が異なるため、確認をしてから利用しましょう。

貯金担保自動貸付けの手続きに必要なものを確認

貯金担保自動貸付けの手続きに必要なものはとくにありません。審査なしでお金を借りられるうえに、最短即日融資でしかも担保になる貯金があれば「書類もいらない」のです。あえて言えば、ゆうちょ銀行に担保となる預金を持っていて総合口座があればOKです。

総合口座をつくるための必要書類は顔写真付きの本人確認書類1種類(運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード・在留カード・療育手帳 戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳・官公庁から発行・発給された公的書類(顔写真付き))です。貯金担保自動貸付けの概要を表にまとめると以下のようになります。

申込方法 申込不要 総合口座通帳を作ると自動的に付加
貸付金利 返済時の約定金利(%)+0.25%(担保定額貯金担保)
預入時の約定金利(%)+0.5%(担保定期貯金担保)
貸付限度額 預入金額の90% 1冊の総合口座通帳につき300万円まで
貸付期間 貸付日から2年間(貸付けの日から2年以内に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までの期間、元利金継続の担保定期の担保定期貯金を担保とする場合は、貸付期間の範囲内で貸付けも継続)
返済方法 返済日に指定している総合に口座に入金し自動引き落し
利用での条件など 返済回数が決まっている。定期預金の満期日までに完済

自動貸付ですので、特に申し込みは必要なく条件がそろっていれば、ATMからお金を引き出せばOKです。ただし、貯金担保自動貸付けですので、定期預金などが担保になっていますので、万が一、返済ができないという場合には担保になってい定期預金が解約されて返済にあてられることになります。返済した後の残金は総合口座に振り込まれるという仕組みですので、定期預金を解約せずに自動貸付を利用したいという場合はしっかりと返済をしていく必要があります。

担保としている定期預金があるので、審査は必要ありませんし、返済はゆうちょ銀行ATMから可能です。また、審査がありませんので、ブラックリスト入りしていても、学生でもニートでも無職でも・・・未成年でも高齢者でもいっさい関係なく担保になる定期預金などがあれば利用できます。

無職がお金を借りる。ニートがお金を借りるにはどうする?

もちろん、審査落ちの心配もいりませんし、当然、ゆうちょ銀行ATMが稼働している時間であれば即日融資が可能です。貸越機能を利用していつでも借入ができますし、審査もないし、金利も低いという利用しやすい貸付といえます。担保となる本人名義の定期預金があれば、だれでも借り入れができるというのは便利ですしちゃんと返済をしていれば、定期預金を解約することなく利用できるというのも大きなメリットといえそうです。

ただし、解約したくない定期預金を担保にしているという場合は、返済遅れで定期預金が自動解約されてしまうと言うデメリットがあるのでそこだけは注意した方がいいでしょう。

ゆうちょ銀行で自動貸付を利用する際の注意点をチェック

ゆうちょ銀行のWebサイト

審査がなく担保となる本人名義の定期預金や国債などがあれば即日で利用できるのがゆうちょ銀行の自動貸付です。とても便利で利用しやすいのですが、注意点もあるので見ていきましょう。

Webでの申込みはできない!窓口に来店する必要がある

とても便利なゆうちょ銀行の自動貸付ですが、インターネットなどでの申し込みはできません。必要なのは「担保となる本人名義の定期預金や国債」と「総合口座」です。これをすでに持っている人は、特に手続きなとば必要なくゆうちょ銀行のキャッシュカード等を使って自動貸付を利用できます。申し込みはいりませんし、窓口での書類もありません。持っているキャッシュカードをゆうちょ銀行のATMか提携ATMに入れて預金を引き出す作業をすればいいだけです。

もし、今、すでに条件を満たしているのに自動貸付が使えないという場合は、窓口に行って総合口座通帳・お届け印・本人確認書類を提出して自動貸付の申し込みをすればOKです。この場合でも一切、審査などは行われず手続きのみで完了しますのでその場で自動貸付を使えるようになります。

ただし、定期預金の申し込みや総合口座の申し込みは「必ず窓口で行う」必要があります。消費者金融やネット銀行のようにインターネットでの申し込みはできませんし、オンラインでの面談もありません。ゆうちょ銀行の営業時間内に窓口で所定の手続きをして「定期預金」と「総合口座」の解説をしなければならないのです。

すでにゆうちょ銀行に定期預金を持っていて、総合口座もあるという場合は、何の手続きも必要がありませんが、持っていない場合は条件を満たすための手続きが必要ですし、そもそも担保となる本人名義の定期預金をつくってそこにある程度の金額を預ける必要があります。

担保がない場合は自動貸付を利用することは出来ない

ゆうちょ銀行の自動貸付は、融資ではありますがどの方法もすべて「担保」がある貸付けになります。現在は、国債等担保自動貸付けと財産形成貯金担保貸付けは新規の受け付けをしていませんが、貯金担保自動貸付けを利用する場合でも「そもそも担保になる定期預金がないと利用できない」のです。

担保となる定期預金がないという場合は、利用そのものが不可です。総合口座を持っていても担保となる本人名義の定期預金がなければ自動貸付は行われませんので、自分が預けている以上のお金を引き出すことはできません。

もちろん、定期預金を作って総合口座を作れば条件は満たせるかもしれませんが、自動貸付を利用するためにいちいち定期預金を申し込んで総合口座を作り直すというのははっきり言ってしまえば現実的な方法ではありませんよね。定期預金に預けられるお金があるからそもそも融資を受ける必要はないのです。

ですので、自動貸付はあくまでも「お金を借りたいと思った段階で定期預金を持っていて総合口座もある人」にとっては便利な融資制度といえます。では、定期預金がない人はゆうちょ銀行でお金を借りることが絶対にできないのでしょうか。

JP BANKカードのキャッシングは担保がなくても利用可能

JP BANKカード

実は、定期預金がなくてもJP BANKカードのキャッシングを利用するという方法があります。それはJP BANKカードキャッシングです。

JP BANKカードはゆうちょ銀行で発行しているカードで国際ブランドとカード種別の組み合わせで8種類のバリエーションがあります。

年会費 初年度無料/翌年度以降1,375円
ブランド VISA/Mastercard/JCB
キャッシング利用枠 0円~50万円
キャッシング融資利率 年率15.0%

このカードにはキャッシング枠がついているため、このカードがあれば担保がなくてもお金を借りることができます。ですが、自動貸付とは貸付けの条件が異なります。審査もありますし、申し込みができる条件も定められてますし、当然、審査で落ちてしまう可能性もあります。

VISAカーorマスターカード ALente(アレンテ)VISA専用 申込対象者:高校生を除く満18歳以上、29歳以下

年会費(税込)
初年度無料 翌年度以降1,350円

ショッピング枠 10~80万円(学生:10万円~30万円)

キャッシング枠 0~30万円

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%遅延損害金 年20.0%
一般カードVISA/マスター 申込対象者:高校生を除く満18歳以上の方

年会費(税込)
初年度無料 翌年度以降1,350円

ショッピング枠 10~80万円

キャッシング枠 0~30万円

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%

遅延損害金 年20.0%

ゴールドカードVISA/マスター 申込対象者:満25歳以上で安定収入がある方

年会費(税込)
11,000円

ショッピング枠 70~200万円

キャッシング枠 0~50万円

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%

遅延損害金 年20.0%

JCBブランド EXTAGE(エクステージ) 申込対象者:満18歳以上29歳以下で、本人または配偶者に安定収入がある方 または高校生を除く満18歳以上29歳以下で学生の方

年会費(税込)5年間無料

ショッピング枠 社会人:20~100万円学生:10、30万円

キャッシング枠 社会人:0~50万円学生:利用不可

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%

遅延損害金 年20.0%

一般カード 申込対象者:満18歳以上でご本人または配偶者に安定収入がある方または、高校生を除く満18歳以上の学生の方

年会費(税込)初年度無料翌年度以降1,350円

ショッピング枠 10~100万円

キャッシング枠 0~50万円

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%

遅延損害金 年20.0%

ゴールドカード 申込対象者:満20歳以上でご本人に安定収入がある方

年会費(税込)11,000円

ショッピング枠 60~150万円

キャッシング枠 0~50万円

キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%

遅延損害金 年20.0%

JP BANK カードは、最もリーズナブルなものであれば年会費は初年度無料/翌年度以降1,375円で利用できます。そして、JP BANK カードは50万円以内であればキャッシングを利用可能で海外でもキャッシングができます。

担保がある自動貸付とはことなるため、審査がありますし、金利も高めです。

自動貸付 担保定額貯金を担保とする場合は返済時の約定金利(%)+0.25%
担保定期貯金を担保とする場合は預入時の約定金利(%)+0.5%
JP BANK カード キャッシング 利率(リボ・一括・海外) 実質年率15.0%
遅延損害金 年20.0%

ですが、担保となる本人名義の定期預金などがない場合、自動貸付は利用できませんが、JP BANK カードのキャッシングであれば担保となる本人名義の定期預金などがなくても利用できます。クレジットカードを使ってのキャッシングですので金利も高めですし、無審査とはいきませんが担保となる本人名義の定期預金がないからゆうちょ銀行からお金を借りることができないというわけではありません。

自動貸付は条件もよく便利ですが、そもそもは自分が積み立ててきたものを担保にしたものですから、結局自分のお金です。つまり普通に考える「お金を借りる」という認識に近いのはどちらかというと、キャッシングの方かもしれません。

ただし、担保がないキャッシングですから通常のクレジットカードの審査が必要ですし、即日融資には対応していません。JP BANK カードを持っていない場合は発行に時間が必要で申込をしてから審査をして、カードが発行されて手元に届くまで1週間~2週間はかかります。そして、未成年や収入がない方、学生やニート、ブラックリストに載っているという人などは、審査落ちしてしまう可能性もあります。

学生がお金を借りる方法。注意点などを伝授 

JP BANK カードには、満18歳~29歳までが対象のJP BANK VISAカードALenteやJP BANK JCB カードEXTAGEもあって若い世代の方向けのクレジットカードではありますが、無審査で即日融資ができる自動貸付とは根本的に異なるものです。

JP BANK カードは持っていない・・・そして、自動貸付の担保もない・・・という場合で「即日融資をしたい」のであれば、消費者金融のカードローンなどが選択肢に入ることになります。つまりゆうちょ銀行で即日融資でお金を借りるのであれば、自動貸付の担保を持っているかJP BANK カードを持っていることが条件です。どちらも満たしていないという場合は、ゆうちょ銀行での即日融資は望めません。JP BANK カードは便利なカードですが、申し込んてから1~2週間程度はかかりますので、今、カードを持っていない人が今から申し込みをするのであれば、即日融資はできません。

ゆうちょ銀行(郵便局)でおお金を借りる方法に関するQ&A

 

質問1ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する際に審査はありますか?

回答1.ゆうちょ銀行の自動貸付は、担保になる本人名義の定期預金などがあることが条件でその預金の90パーセントまでか上限300万円までを借りられるというものです。ですので、条件を満たしていればよく担保となる定期預金などがあれば審査なしで利用できます。審査がありませんので、ブラックリストにのっている人でも無職でも高齢でも未成年でも関係なくお金を借りることができます。ただし、返済が滞った場合には担保にしている定期預金などが自動解約されてしまうため注意しましょう。

質問2.学生や無職(ニート)の人でもお金を借りれますか?

回答2.はい、借りることができます。ゆうちょ銀行の自動貸付は審査がありません。担保になる定期預金や国債などがあるため、借金ではありますがそもそもは自分のお金なので審査の必要がないのです。ですので、無職でもニートでも学生でも未成年でも関係なく、担保となる本人名義の定期預金などがあれば、その上限までは無審査で利用できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる