本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 PH01 木造住宅における壁量計算技術 受付終了

訓練日程
2019年7月9日、16日
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
12時間
受講料
6500円
定員
10名
対象者
建築業の中小企業において木造住宅の設計・施工・監理・検査業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)訓練コースの概要説明
(2)受講者が有する専門的能力の確認

2.木造住宅の
(1)木造住宅構造設計の現状と課題
(2)木造住宅構造計算ルート
(3)4号特例の廃止と対応について

3.壁量設計と演習
(1)壁量設計の成立ちと変遷耐震性能のちがい,基準法と品確法
(2)構造計画と壁量直下率演習
(3)壁量計算の流れと数値の根拠
(4)壁量計算演習と結果検証
(5)壁配置のチェック(四分割法)
(6)接合部のチェック(N値計算)の流れと根拠
(7)N値計算演習と結果検証

4.構造計画特殊形態への対応
(1)特殊形態についての対応
 イ.吹き抜け
 ロ.小屋裏収納
 ハ.スキップフロア
 ニ.バルコニー・ベランダ
(2)特殊形態プランの壁量・配置設計演習

5.まとめ
(1)結果検証
(2)設計改善

使用機器・教材
パソコン、関数電卓、テキスト
持参品・服装
筆記用具、関数電卓
実施場所
パソコン室2
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る