本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3M060 設計品質向上のための機構解析技術 中止しました

訓練日程
令和2年10月14日,15日
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
7000円
定員
10名
対象者
一般機械器具製造業の製品開発業務におけるメカニズムの設計に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項

2.機構解析の概要
(1)機構解析の現状と利用事例
(2)機構解析の流れ
(3)機械を構成する部品の運動について

3.機構解析実習
(1)カム機構・クランク機構などの具体事例による機構解析
(2)機構の運動特性評価
(3)実際の機器とシミュレーションとの比較検討

4.逆解析実習
(1)機械の出力端での運動特性の定義
(2)逆解析によるカムの作成
(3)作成したカムの運動特性評価

5.機構設計実習
(1)小型プレス機の機構設計実習
  イ.設計課題の把握
  ロ.機構設計と設計モデルの作成
  ハ.作成した機構の運動特性評価
  ニ.トルク抽出による作業力の検討と設計への応用

6.まとめ
(1)質疑応答
(2)訓練コース内容のまとめ
(3)講評・評価

使用機器・教材
3次元CAD/CAEシステム、メカニズム教材
持参品・服装
筆記用具
実施場所
CAD/CAM室4
備考
(変更前の旧日程)令和2年9月10日,11日

一言

CAEによる構造解析ができること、3次元CADによるモデリングとアセンブリができることを前提としたコースです。本コースの前に、「3次元CADを活用したソリッドモデリング技術」、「3次元CADを活用したアセンブリ技術」、「専任者CAEを活用した構造解析」の受講をお勧めします。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る