本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3D010 機械装置の安全設計のポイント(制御設計編)

訓練日程
令和2年8月20日,21日
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
18000円
定員
10名
対象者
制御設計における安全設計に関心のある方
(本講座では、安全設計の考え方を習得することを目的としています。)
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項
(4) コース概要、専門的能力の確認

2.安全規格
(1)機械安全に対する国際規格
(2)国際規格に基づく設計手順(リスクアセスメント)
(3)パフォーマンスレベル

3.制御機器
(1)セーフティコンポーネント
  イ.直接開路動作機構
  ロ.強制ガイド接点機構
  ハ.非常停止装置
  ニ.セーフティドアSW
  ホ.セーフティライトカーテン
  ヘ.セーフティリレーユニット
(2)人体接近速度と安全距離
(3)ガードに関する設計上の留意事項

4.リスクアセスメント
(1)リスクアセスメントとリスク低減対策
(2)リスクアセスメント演習
(3)国内の法令について

5.総合実習
(1)制御機器の安全設計の検討
(2)セーフティコンポーネントを用いた安全方策カテゴリー別の制御回路実習


6.まとめ
(1)実習の全体な講評および確認・評価

使用機器・教材
セーフティーコンポーネント(セーフティスイッチ、セーフティリレー、セーフティリレーユニット、セーフティライトカーテン)、セーフティプログラマブルコントローラ、パソコン、その他
持参品・服装
筆記用具、軽作業ができる服装
実施場所
2階シ−ケンス制御室
備考

一言

各種セーフティコンポーネントについて総合的に習得できます。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る