MENU

低金利のカードローンの中で最も安いものを比較!

カードローンを利用するときはできるだけ低い金利で利用したいと思いますよね。

ある程度まとまった期間を使って返済を行う場合には、金利の違いによって支払う利息に差が生まれてしまいます。

利息を低く抑えれば返済に余裕も生まれてきますし、急な出費にも対応できるので、便利にカードローンを使い続けることができるでしょう。

そこで今回は低金利で使えるカードローンを紹介していきます。

金利の低いカードローンを選ぶポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

カードローンで金利が安いサービス!低金利はここ

低金利のカードローン

金利が低く、利息が安く抑えられるカードローンサービスについて紹介していきます。

今回ピックアップしたのは以下のサービスです。

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間
三井住友カード カードローン 1.5~15.0% 最大900万円 最短5分 最短5分
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 10〜800万円 最短翌日 最短翌日 最大30日間

三井住友銀行カードローン

1.5〜14.5% 10〜800万円 最短1週間前後 最短翌営業日

三菱UFJ銀行カードローン

1.8〜14.6% 10〜500万円 最短1週間前後 最短3営業日

イオン銀行カードローン

3.8〜13.8% 10〜800万円 最短翌日 最短翌日

セブン銀行カードローン

12.0〜15.0% 10~300万円 最短2〜4営業日 最短2〜4営業日

オリックスマネー

2.9〜17.8% 10〜800万円 最短即日 最短60分 最大3ヵ月間

みずほ銀行カードローン

2.0〜14.0% 10〜800万円 最短1週間前後 最短3営業日

PayPay銀行カードローン

1.59〜18.0% 1〜1,000万円 最短翌日 最短60分 最大30日間

auじぶん銀行カードローン

1.38~年17.4% 10〜800万円 最短翌日以降 最短翌日以降

地方銀行

銀行によって異なる

では、それぞれのサービスの特徴やおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。

利息キャンペーンで返済の負担が減らせる「三井住友カード カードローン」

三井住友カード カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間
三井住友カード カードローン 1.5~15.0% 最大900万円 最短5分 最短5分

三井住友カード カードローンは、金利が1.5~15.0%と下限金利が特に低く設定されているサービスです。

こちらのカードローンの大きな特徴としては、返済実績を積み重ねることで金利が下がるという点にあります。

カードローンおすすめランキング14選決定版。ここに決めた

返済を延滞せずにカードローンを健全に使い続ければ、5年間で最大1.2%の金利を下げることができます。

ただでさえ金利が低いカードローンな上に継続利用でさらに金利が下がるコスパの高さが魅力です。

審査の最短5分で完了するスピード感がありますし、即日融資にも対応してもらえるので急いでいる方にもおすすめです。

Webから申込みが完結するので、スマホなどから簡単に手続きできるスムーズさも魅力となっています。

金利引き下げキャンペーンが充実「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行スーパーローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 10〜800万円 最短翌日 最短翌日 最大30日間

楽天銀行スーパーローンは、金利が1.9〜14.5%と上限・下限と共に低く設定されているのが特徴です。

どの融資額においても低い金利で借り入れることができるので、利息の負担を最小限に抑えることができます。

さらに、最大30日間の無利息期間も用意されているので、少額融資ですぐに返済できるのであれば、利息0円で利用することができるでしょう。

また、金利が下がるキャンペーンも充実しており、定期的に金利を引き下げることができます。

審査時間・融資時間は最短翌日と銀行系のカードローンの中では早い方なので、急いでお金を借りたいという人にも向いています。

ネット銀行ならではの低い金利と融資スピードが魅力のカードローンです。

住宅ローンとのセットで使うとお得「三井住友銀行カードローン」

三井住友銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

三井住友銀行カードローン

1.5〜14.5% 10〜800万円 最短1週間前後 最短翌営業日

三井住友銀行カードローンは、通常の適用金利が1.5〜14.5%と低く設定されており、利息を安く抑えることができます。

さらに、三井住友銀行を通じて住宅ローンを組んでいると、セット特典によって1.5〜8.0%の金利でカードローンを利用することができます。

ライフイベントのお金にまつわるアレコレを三井住友銀行でまとめておくと、お得な金利でお金を借りることができます。

現在、三井住友銀行で住宅ローンを組んでいる人や、これから家を買って住宅ローンを組み人は、カードローンも三井住友銀行で統一してみるのがおすすめです。

融資スピードは最短でも1週間かかってしまうので、急な用事でお金が必要な方や、その日のうちに現金が必要な人には向いていません。

限度額は10万円〜800万円と幅広い用途に使えるのも魅力と言えるでしょう。

継続利用で金利が低くなる「三菱UFJ銀行カードローン」

三菱UFJ銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

三菱UFJ銀行カードローン

1.8〜14.6% 10〜500万円 最短1週間前後 最短3営業日

三菱UFJ銀行カードローンは、適用金利が1.8〜14.6%と低く設定されており、利息を最小限に抑えることができるサービスです。

さらに、利用手数料や入会手数料が無料に設定されているので、借入や返済などで無駄な手数料を支払う必要がなく、総合的な支出を安く抑えることができます。

利息だけでなく、その他の費用についても余計なお金を支払う必要がないのは嬉しいですよね。

コンビニATMからの引き出しについても手数料無料でできるので、利便性を損なわずに使うことができます。

金利がいくら低くてもコンビニATMからの借入・返済に手数料がかかってしまうと便利に使えませんよね。

三菱UFJ銀行カードローンなら金利と手数料を抑えながら、お得にカードローンを利用することができます。

上限金利が低いので低額融資におすすめ「イオン銀行カードローン」

イオン銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

イオン銀行カードローン

3.8〜13.8% 10〜800万円 最短翌日 最短翌日

イオン銀行カードローンは、適用金利が3.8〜13.8%と上限・下限共に低く設定されているサービスです。

変動金利を採用しているため、金融情勢に応じて適用金利を下げてもらうことができます。

景気後退や金融緩和政策によって、金利が引き下げられるので、利息の負担を最小限に抑えることができます。

経済ニュースに敏感な方は、タイミングを見計らってイオン銀行カードローンを利用してみてください。

審査時間は最短翌日で申し込んだ次の日には融資を受けることができるので、急いでいる方にもおすすめなサービスです。

限度額は10万円から800万円まで設定できるので、さまざまなシーンで利用することができるでしょう。

イオン銀行の口座も不要で、WEB完結での申し込みができます。ATM手数料は無料なので余計な費用もかかりません。

限度額によって金利が引き下げられる「セブン銀行カードローン」

セブン銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

セブン銀行カードローン

12.0〜15.0% 10~300万円 最短2〜4営業日 最短2〜4営業日

セブン銀行カードローンは、メガバンクよりも経費を抑えることができるため金利を12.0〜15.0%と低く設定されています。

限度額に応じて金利が設定されており、無理のない利息の負担で返済を続けることができるでしょう。

少額融資でも金利が15%を超えてこないので、利息が増えづらく返済もスムーズに終えられるでしょう。

融資スピードは最短2〜4日営業日と少し時間はかかってしまいますが、一般的な銀行系のカードローンよりは早くお金を受け取れます。

セブン銀行ATMを通じて借入から返済まで行えるので、お近くのコンビニから利用できて便利ですね。

最低金利が年2.9%と低く小額融資におすすめ「オリックスマネー」

オリックスマネー

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

オリックスマネー

2.9〜17.8% 10〜800万円 最短即日 最短60分 最大3ヵ月間

オリックスマネーは、最低金利が2.9%と低く設定されているのが魅力のカードローンです。

限度額は10万円〜800万円と幅広く設定できるので、どのような利用シーンにも便利なのが特徴となっています。

さらに、オリックスマネーを利用することで、オリックスレンタカーやオリックスカーシェアちいったサービスの優待が受けられるのも魅力です。

利息による支出を抑えらえる上に、生活に関わる支出も抑えられるので節約したい方にもおすすめです。

審査時間は最短60分と素早く対応してくれますし、即日融資にも対応してくれます。

最大3ヶ月間利息が0円になるサービスもあるので、初めてカードローンを利用する方で、利息の負担をできるだけ抑えたい人にはおすすめです。

住宅ローンとのセット利用で金利が下がる「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

みずほ銀行カードローン

2.0〜14.0% 10〜800万円 最短1週間前後 最短3営業日

みずほ銀行カードローンは、三井住友銀行と同様に住宅ローンをみずほ銀行で組んでいると、セット特典で金利が低くなります。

基準金利の2.0〜14.0%から年0.5%金利が引き下げられるので、利息の負担を抑えることが可能です。

元々の適用金利が低い上に、セット利用でさらにお得にカードローンが使えるので、利息を抑えたい方はみずほ銀行を利用してみましょう。

融資スピードは最短1週間前後かかってしまうので、急いでいる方には向いていないサービスではありますが、金利を抑えたい方にはとってもおすすめです。

限度額は10万円〜800万円と幅広いので、さまざまなシーンで使うことができます。

最低金利1.59%と業界最低水準の「PayPay銀行カードローン」

PayPay銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

PayPay銀行カードローン

1.59〜18.0% 1〜1,000万円 最短翌日 最短60分 最大30日間

PayPay銀行カードローンは、最低金利が1.59%を業界最低水準を誇るサービスなので、借入金額が高い人におすすめのサービスと言えるでしょう。

さらに、無利息期間が最大30日間あるので、少額融資ですぐに返済してしまうという方にもおすすめです。

最低金利でお金を借りるのはなかなか難しいかもしれませんが、それでも全体的に金利を低く抑えることができるのでおすすめです。

審査時間は最短60分と短く、融資も最短翌日に受けられるので、急いでいる方にもぴったりなサービスといえるでしょう。

アプリを通じた申込みも簡単にできますし、PayPayアプリを使っている方であれば、借入や返済もスムーズに行えられるのでおすすめです。

auスマホの利用で利息が下がる「auじぶん銀行カードローン」

auじぶん銀行カードローン

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

auじぶん銀行カードローン

1.38%~17.4% 10〜800万円 最短翌日以降 最短翌日以降

au自分銀行カードローンは、auのスマホをご利用の方を対象に適用金利が最大0.5%優遇されるのが特徴のサービスです。

auスマホを利用しているだけで金利が下がる上に、元々の金利も1.38%~17.4%と最低金利が低いので、利息を抑えたい方におすすめです。

毎月の返済額も柔軟に設定できますし、ローンの借り換えで利用することもできるので、ローンを1本にまとめたい人にもぴったりです。

審査時間や融資時間は最短翌日以降とスムーズに借入が利用できるのも魅力となっています。

auスマホをお使いの方やauじぶん銀行の口座を所有している方は、ぜひ利用してみてください。

地域限定だが全体的に金利が低くてお得な「地方銀行」

地方銀行

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

地方銀行

銀行によって異なる

地方銀行は利用地域が銀行がある地域限定にはなるのですが、全体的に低い金利でカードローンが利用できるので、利息を抑えたい方におすすめです。

金利は銀行によって異なるのですが、主な地方銀行のカードローンの金利は以下の通りです。

  • 宮崎銀行:みやぎんパートナーカードローン「おまかせくん」:0.9%〜14.5%
  • 筑波銀行:カードローン アスジョイ:1.4%〜14.6%
  • 千葉銀行:ちばぎんカードローンクイックパワー<アドバンス>:1.4%〜14.8%
  • 横浜銀行:横浜銀行カードローン:1.5%〜14.6%
  • 足利銀行:あしぎんカードローン〈モシカ〉Mo・Shi・Ca:1.5%〜14.8%
  • 常陽銀行:常陽銀行カードローン「キャッシュピット」:1.5%〜14.8%
  • 十六銀行:カードローン Q-LOAN:1.6%〜14.6%

最低金利が1.0%台と低い上に、最高金利も15.0%以下になっているので、消費者金融やメガバング系のカードローンよりも安く利用できるのが魅力です。

自分がお住まいの地域の銀行をチェックして、どれぐらいの金利でカードローンが利用できるか調べてみるといいでしょう。

低金利カードローンを使うなら無利息期間を活用しよう!

消費者金融

利息を抑えてカードローンを利用するのであれば、金利の低さだけでなく「無利息期間の有無」についてもチェックしてみてください。

無利息期間を上手に活用すれば、利息0円でお金を借りることもできますし、利息の負担を抑えることが可能です。

カードローンの中で無利息期間が用意されているサービスには「消費者金融系」が多いのですが、主なサービスの無利息期間は以下のようになっています。

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間
プロミス 4.5〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最短30分 最大30日間
アイフル 3.0~18.0% 1〜800万円 最短25分 最短25分 最大30日間

レイクALSA

4.5〜18.0% 1〜500万円 最短60分 最短15秒 最大180日間

SMBCモビット

3.0~18.0% 1〜800万円 最短60分 最短30分

アコム

3.0~18.0% 1〜800万円 最短30分 最短30分 最大30日間

では、各サービスの特徴やおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。

借りた翌日から30日間無利息で使える「プロミス」

プロミス

金利 4.5〜17.8%
限度額 1〜500万円
融資スピード 最短30分
審査時間 最短30分
無利息期間 最大30日間

プロミスは、適用金利が4.5〜17.8%と平均的なのですが、最大30日間の無利息期間が用意されています。

30日間は利息0円で利用できるので、少額融資ですぐに返済できてしまう場合であれば、利息の負担なくお金を借りることができるでしょう。

消費者金融系のカードローンの中では、比較的金利を抑えることができますし、無利息期間は借りた日が起算日になるので、契約してから使うまでそのままにしておいたも大丈夫です。

審査は最短30分で完了しますし、申し込んだその日から融資を受けることができるので、急いでいる方にもぴったりなサービスと言えるでしょう。

プロミスは借りるとやばいって本当?審査通る基準と流れを解説

顧客満足度も高いですし、無利息期間で利息の負担も抑えられて、さまざまなシーンで柔軟に使える利便性の高さも兼ね備えたサービスです。

30日以内なら何度利用しても利息0円「アイフル」

アイフル

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間
アイフル 3.0~18.0% 1〜800万円 最短25分 最短25分 最大30日間

アイフルは、最大30日間の無利息期間が用意されている上に、申し込みから融資までが最短25分と素早く対応してくれるのが魅力です。

光熱費や家賃などの支払いが迫っているときでも、すぐに融資してくれるので間に合わせることができるでしょう。

初めて利用する方であれば、無利息期間を利用して利息0円を実現することも可能です。

利息の負担を最小限に抑えつつ、融資スピードの早いサービスを利用したいと思っている方におすすめのサービスと言えるでしょう。

適用金利は3.0~18.0%と平均的で、限度額は1〜800万円と幅広い設定になっています。

金額に応じて最大180日間無利息で使える「レイクALSA」

レイクALSA

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

レイクALSA

4.5〜18.0% 1〜500万円 最短60分 最短15秒 最大180日間

レイクALSAは、利用条件に応じて無利息期間が最大180日間と他社よりも長くなっているのが特徴です。

無利息期間が長くできるので、利息の負担を最小限に抑えられる上に、繰り返し何度借りても期間中なら利息0円なので非常にお得です。

利息0円の期間が他社よりも長いので、初めてカードローンを利用する方で、無理のない返済をしながら利息の負担を最小限にしたい人は利用してみてください。

審査については簡単な条件を入力するだけで最短15秒で結果がわかるサービスも使えますし、申し込みから最短60分で融資が受けられるスピード感も魅力です。

30日間無利息&返済によってTポイントが貯まる「SMBCモビット」

SMBCモビット

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

SMBCモビット

3.0~18.0% 1〜800万円 最短60分 最短30分

SMBCモビットは、無利息期間はないものの借入の返済を行うことでTポイントを貯めることができます。

返済でTポイントが貯まる上に、貯めたTポイントで返済することも可能なので、普段からTポイントを貯めている人は、利息をポイントで支払うといったことも可能です。

Tポイントが余っている人やTポイントの使い道に困っている人にはおすすめのカードローンと言えるでしょう。

審査スピードは最短30分と早く、融資も申込から最短60分とスピーディな対応をしてくれるので、急いでいる方にも向いています。

適用金利は3.0~18.0%と平均的で、限度額は1〜800万円と幅広いのでさまざまな用途で利用できます。

初めてなら誰でも30日間利息0円「アコム」

アコム

サービス名 金利 限度額 融資スピード 審査時間 無利息期間

アコム

3.0~18.0% 1〜800万円 最短30分 最短30分 最大30日間

アコムでは、初めて利用する方を対象に最大30日間の無利息期間を用意しているカードローンです。

30日以内に返済を完了させれば利息0円で済ませることができるので、余計な出費を抑えたい方にもおすすめなサービスとなっています。

さらに、アコムでは返済期日よりも前に返済をすることで、早まった分の利息を安くしてもらえるサービスもあります。

早めに返済をすることで利息を抑えらえれるという特徴的なサービス内容になっているので、積極的に返済を続けていきましょう。

融資スピードは最短30分と素早くお金を借りることができるので、急いでいる方にもぴったりとなっています。

適用金利は3.0~18.0%と平均的で、限度額は1〜800万円と幅広くなっています。

利用ハードルも低いので初めての利用にもおすすめです。

「低金利」の基準はどれぐらい?チェックするのは上限金利

できるだけ「低金利」で利用したいカードローンですが、低金利の基準としては何をチェックすればいいのでしょうか。

ここではいわゆる低金利と呼ばれるカードローンを見極めるための基準について解説していきます。

以下の2つのポイントを参考にして、低金利のカードローンを見つけてみてください。

  • 上限金利が14.0%以下のカードローンがおすすめ
  • 無利息期間中も含めて計算!毎月の利息を算出する

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

上限金利が14.0%以下のカードローンがおすすめ

銀行系や消費者金融系のカードローンの金利を比較してみたところ、上限金利が14.0%以下に設定されているサービスについては「低金利」と判断できそうです。

サービス名 金利
三井住友カード カードローン 1.5~15.0%
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5%

三井住友銀行カードローン

1.5〜14.5%

三菱UFJ銀行カードローン

1.8〜14.6%

イオン銀行カードローン

3.8〜13.8%

セブン銀行カードローン

12.0〜15.0%

オリックスマネー

2.9〜17.8%

みずほ銀行カードローン

2.0〜14.0%

PayPay銀行カードローン

1.59〜18.0%

auじぶん銀行カードローン

1.38~年17.4%
プロミス 4.5〜17.8%
アイフル 3.0~18.0%

レイクALSA

4.5〜18.0%

SMBCモビット

3.0~18.0%

アコム

3.0~18.0%

少額融資だと上限金利が適用されることがほとんどなので、低金利でちょっとした出費を賄うのであれば、上限金利の低いサービスを選ぶのがおすすめです。

無利息期間中も含めて計算!毎月の利息を算出する

消費者金融系のサービスを中心に無利息期間を用意しているところが多くあります。

無利息期間を上手に活用すれば、利息を最小限に抑えることができますし、少額の借入ですぐに返済できるのであれば、利息0円も実現できます。

多くのカードローンでは、初めて利用する方を対象に無利息期間を設けていることが多いので、積極的に活用して利息を減らしてみてください。

また、利息の計算をする場合には、金利だけでなく無利息期間も考慮に入れた利息を比較してみるのがおすすめです。

て計算だと大変かもしれませんが、返済シミュレーションを活用すれば簡単に算出できるので便利なツールを使ってみてください。

カードローンの金利を低くする(下げる)ためのポイント

カードローンの金利を下げるためのポイントは以下の6つが挙げられます。

  1. 金利引き下げキャンペーンを活用する
  2. 金利を引き下げるなら相談窓口で交渉する
  3. ローンをまとめて金利を引き下げる
  4. 利用限度額を増やして金利を下げる
  5. 関連するサービスをセットで利用する
  6. 金利が低いのは銀行系のカードローン

少しでも低い金利でお金を借りるためにも把握しておきましょう。

金利引き下げキャンペーンを活用する

カードローンで実施されている金利引き下げキャンペーンを積極的に活用してみましょう。

通常の金利よりも低い金利で借入を利用することができるので、利息を減らすことができます。

カードローンによってキャンペーンの充実度も異なるので、金利を下げたい場合にはキャンペーンの豊富なサービスを選ぶのがおすすめです。

特におすすめなカードローンとしては、楽天銀行スーパーローンなどが挙げられます。

金利を引き下げるなら相談窓口で交渉する

カードローンの店舗や電話窓口で相談をして金利を引き下げてもらうよう交渉することもできます。

実際に相談をするだけで金利を下げてもらうことができたという事例も多くありますし、継続的に利用していれば交渉に応じてくれる可能性もあります。

もちろん初めての利用で金利を下げてもらうのは難しいかもしれませんが、健全な利用を続けていることで融通を効かせてくれる可能性があります。

ローンをまとめて金利を引き下げる

複数社から借入を利用している場合には、借入を1つにまとめて金利を下げるというのもおすすめです。

カードローンの金利は限度額に反比例するので、1社にまとめて借入金額を上げることで金利を下げることが可能です。

逆に、複数社に分散していると、1つ1つが少額になるため金利が高く設定されてしまいます。

返済に困っている場合にはローンを1つにまとめて利息の負担を減らしてみてください。

利用限度額を増やして金利を下げる

カードローンの金利は利用限度額が上がるほど下がる仕組みになっているので、増枠の手続きをしてみるという方法もあります。

実際に借入を利用するわけではないので、返済が大変になることもありませんし、限度額が増えればいざというときの対応できる幅が広がります。

もちろん返済能力に応じた限度額しか設定することしかできませんし、健全な利用を継続していないと審査に通ることもないので、返済の遅延などをせずに安定した利用を心がけましょう。

関連するサービスをセットで利用する

銀行系のカードローンを使う場合には、住宅ローンや証券口座など関連するサービスを利用するという方法もあります。

セット特典が用意されているサービスであれば、関連サービスの利用で金利を下げることができます。

金利が低いのは銀行系のカードローン

消費者金融系と銀行系のカードローンを比較した場合に、平均として金利が低い傾向にあるのは銀行系のカードローンです。

サービス名 金利
三井住友カード カードローン 1.5~15.0%
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5%

三井住友銀行カードローン

1.5〜14.5%

三菱UFJ銀行カードローン

1.8〜14.6%

イオン銀行カードローン

3.8〜13.8%

セブン銀行カードローン

12.0〜15.0%

オリックスマネー

2.9〜17.8%

みずほ銀行カードローン

2.0〜14.0%

PayPay銀行カードローン

1.59〜18.0%

auじぶん銀行カードローン

1.38~年17.4%
プロミス 4.5〜17.8%
アイフル 3.0~18.0%

レイクALSA

4.5〜18.0%

SMBCモビット

3.0~18.0%

アコム

3.0~18.0%

金利の低さにこだわる場合には、銀行系のカードローンを選んでみてください。

低金利カードローンを利用するときの注意点を4つ紹介

低金利のカードローンを利用するときの注意点としては以下の4つが挙げられます。

  • 低金利のカードローンは審査が厳しい傾向にある
  • 「申込条件」に年収や勤務形態が求められる
  • 地方銀行だと利用地域が限定されるので要確認
  • 即日融資が可能なのは基本的に消費者金融のみ

注意点をしっかりと把握した上で低金利のカードローンを利用してください。

低金利のカードローンは審査が厳しい傾向にある

低金利で提供されているカードローンは、審査が厳しい傾向にあるため返済能力が十分でないと利用することができません。

金利が高いほど審査に通りやすいサービスと言えるので、急な出費に対応する場合には、金利よりも審査の通りやすさを重視した方がいいかもしれません。

「申込条件」に年収や勤務形態が求められる

低金利のカードローンは審査が厳しくなっているだけでなく、年収や勤務形態が申込条件に含まれていることがあります。

「年収◯万円以上」や「安定かつ継続的な収入がある」「正社員として◯年以上勤務している」などの条件が設定されていることが多いです。

収入証明書不要のカードローンを大公開!

地方銀行だと利用地域が限定されるので要確認

低金利で利用できるカードローンの種類に「地方銀行」が挙げられるのですが、地方銀行は利用できる地域が限定されています。

対応地域にお住まいの方しか利用できないので、お住まいの地域にある地方銀行のサービス内容をチェックしてみてください。

即日融資が可能なのは基本的に消費者金融のみ

申し込んだその日のうちに融資が受けられるのは消費者金融系のカードローンです。

銀行系のカードローンは低い金利で利用できるのですが、融資が受けられるのは最短でも翌営業日です。

消費者金融系のカードローンなら即日融資が可能なので、急な出費や期限のある支払いが必要なシーンにも対応することができます。

カードローン審査が甘いところは?中々知りえない情報をゲット

低金利のカードローンに関するよくある質問

低金利のカードローンに関するよくある質問をまとめていきます。

ここまでの内容で気になるポイントがあった人は、こちらを参考にしてみてください。

質問1 金利が低いのはどんなカードローン

回答1 金利が低いのは消費者金融系よりも銀行系です。中でも地方銀行のカードローンは低金利で利用できる傾向にあります。

質問2 無利息期間の起算日はいつ?

回答2 サービスによって「契約日から」や「借入利用日から」など起算日の基準が異なるので確認してください。

質問3 カードローンの金利を下げる方法はある?

回答3 利用限度額を増やす方法やキャンペーンやセット特典を利用するなどの方法があります。

質問4 金利と無利息期間どちらを優先すべき?

回答4 返済期間によって短いなら無利息期間、長いなら金利の低さを優先しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる