MENU

即日融資に対応しているカードローン10社!素早く借りるならここだ!

即日融資カードローン

急にお金が必要になった!今日中にお金を借りたいという場合には、即日融資という選択肢があります。

お金を借りる場合には、時間がかかる・・・というイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融などでは即日融資・即日審査に対応しているところがあり、条件はありますが即日融資を受けられるというケースもあります。

すぐにお金が必要・・・今日中に現金がいるという場合にとても便利なのがこの即日融資です。即日融資に対応しているのは、消費者金融がほとんどで銀行系のカードローンやフリーローンは大奥の場合即日融資はできません。

即日融資でももちろん、審査はありますが、まずは「即日融資に対応している」ところに申し込むことが重要となります。

カードローンには以下のような特徴があります。消費者金融の馬合は申し込みから最短1時間程度で借入できるケースもあります。

金利 限度額 審査時間 特徴
消費者金融系 高い 低い 最短30分 ・即日融資可能
・無利息サービスあり
銀行・クレジットカード系 低い 高い 最短翌営業日 ・低金利
・融資スピードが遅い

つまり、金利はともかく即日融資にこだわるなら銀行系のカードローンではなく消費者金融系のカードローンが選択肢に入るということです。

今回は、即日融資ができるつまりすぐにお金を借りられるカードローン会社を10社紹介したいと思います。

目次

 即日融資に対応しているカードローン10社

即日融資に対応しているカードローンを10社ご紹介したいと思います。よく耳にする大手消費者金融もあれば、聞きなれない会社もありますが、すべて即日審査・即日融資に対応できるカードローンです。それぞれ、特色がありますので、ひとつひとつご紹介して行きたいと思います。

    最短30分審査!アコム

    大手消費者金融のアコムは、全国各地に店舗や無人契約機がありますので、利用したことがなくても見たことはある・・・名前を知っているという人がかなり多いのではないでしょうか。アコムは、初めての利用であれば最大30日間金利が0円になります。初回利用で30日以内の短期間の利用を想定しているという場合は金利0で利用できるケースもあるということです。
    また、パート・アルバイトの人でも申し込みができるため正社員である必要がなく、審査は最短で30分ですから、即日融資も可能です。
    借入の申し込みはインターネット・ATMから24時間可能となっており、無人機の利用も可能です。

    借入限度額も最大で800万円と大きな融資にも対応しており、下限の金利も低めです。即日融資の馬合は21時までに契約を完了する必要があるため、書類などを準備して申し込み後と契約をしましょう。必要書類は本人確認書類、収入証明書などとなります。

    アコムでは申し込み方法が4種類あります。

    1、インターネット(来店不要・即日審査・即日借り入れ可能)2、店頭窓口・自動契約機(その場でカード発行可能)3、電話(即日審査・即日借り入れ可能)4、郵送(※書類の受け取りが必要で、即日借り入れ不可)です。この中で即日融資ができるのは、インターネット、電話、店頭・自動契約機です。郵送の場合は即日の融資はできませんので、注意しましょう。

    金利(実質年率) 3.00~18.00%
    借り入れ限度額 1~800万円
    審査にかかる時間 最短30分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~69歳以下
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 21時までに契約を完了すること

    そして、アコムにはレディースローンもあります。

    アコムレディースローン 3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分 30日間無利息サービスあり

    最短60分審査ができるレイクALSA

    インターネットから申し込みをすれば最短60分で審査が完了します。最短60分審査を可能にするためには平日と土曜は21時・日曜は18時までに申し込みをして契約をする必要があります。レイクALSAは借入額5万円まで180日間利息が無料になります。この馬合はインターネット申し込みのみですが60日間利息がかかりません。約2カ月ですからとてもありがたいサービスです。

    レイクALSAには、無利息期間がありますが、インターネットからの申し込みと初回利用が条件となっています。

    金利(実質年率) 4.50~18.0%
    借り入れ限度額 1~500万円
    審査にかかる時間 最短15秒
    融資の時間 最短60分(インターネット申し込みのみ)
    年齢制限 満20~70歳の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 平日・土曜は21時、日曜は18時までに申し込みを完了

    インターネットから申し込みをする

    そして、レイクALSAの無利息期間については、他の消費者金融と少し異なっています。無利息期間と借入条件が決まっているため、お金を借りるときには注意したいポイントです。

    無利息期間 条件 無利息になる金額
    30日間 ・レイクALSAを新規で契約する
    ・自動契約機または電話で申し込みをするor契約額が200万円を超える場合
    借り入れ額の全額
    60日間 ・レイクALSAを新規で契約する
    ・Web申し込みで契約した場合
    ・契約額が1万円~200万円の場合
    借り入れ額の全額
    180日間 ・レイクALSAを新規で契約する
    ・契約額が1万円~200万円の場合
    借り入れ額のうち5万円まで

    レイクALSAは、複数の無利息期間があり設定がやや複雑ですので、よく理解してから利用しましょう。無利息期間の有無や長さは借入限度額によっては大きな差になることもありますので、必ずチェックしましょう。そして、レイクにはレディースローンもあります。

    レディースレイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短50分 30/60/180日間無利息サービスあり

    女性専用のローンを利用したいという場合は、こちらもオススメです。

    最大30日間無利息! プロミス

    インターネットから申し込みすれば、審査時間は最短30分程度ですので、即日でお金を借りることができます。初回利用であれば、最大30日間無利息となりますし、インターネットでの申し込みをすれば即日融資可能です。また、借入限度額が50万円以下であれば本人確認書類があればいいので用意する書類もすくなくてすみます。プロミスの申し込み方法は①WEB②自動契約機orお客様サービスプラザ(店頭窓口)があります。また、カードレスとカードありも好きな方を選択可能で、審査~融資までがスピーディーなのも特徴です。

    金利(実質年率) 4.50~17.8%
    借り入れ限度額 1~500万円
    審査にかかる時間 最短30分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~69歳以下の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 平日14時までにインターネットで契約を完了させる

    また、プロミスには、女性専用のレディースコールもあります。

    プロミスレディース 4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分 30日間無利息サービスあり

    安心して利用できる!セントラル

    セントラルは、中堅どころといわれている消費者金融です。少額借り入れが可能で1000円単位での融資が可能です。また、初回利用であれば、最大30日間利息が無料になります。
    インターネットからの申し込みで即日お金を借りられるため、即日融資が可能です。

    また、契約後に発行されるCカードというカードの利用で全国のセブン銀行でATMで利用ができます。

    金利(実質年率) 4.8~18.0%
    借り入れ限度額 1~300万円
    審査にかかる時間 最短即日
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 20歳以上の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 平日14時までに申し込みを完了させるる

    インターネット・無人契約機から申し込む

    30日間無利息!フタバ

    初めての利用であれば30日間無利息となります。
    借入限度額は1~50万円と少額設定となっていますので、少額利用を希望している場合は検討しても良い消費者金融です。また、フタバは他社での借り入れが4社以内という場合に申し込みができます。

    平日16時までに審査を終えることで即日融資が可能です。インターネットからの申し込みは24時間対応です。

    金利(実質年率) 14.959~19.945%
    借り入れ限度額 1~50万円
    審査にかかる時間 最短即日
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 73歳以下の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 平日16時までに審査を完了すること

    そして、フタバにはレディースローンもあります。

    レディースフタバ 年14.959%~17.950% 50万円まで 最短即日 30日間無利息サービスあり

     

    ネット申し込みで完結!SMBCモビット

    モビットは、インターネットで申し込みを完結できるため自宅からの申し込み完結が可能です。
    また、新規入会でポイントをプレゼントという特典もあります。全国に13万台の提携銀行ATMがあるため利用しやすく、30分程度で審査が完了します。ただし、インターネット申し込みの場合はみずほ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行の口座必要です。

    SMBCモビットは、職場への在籍確認の電話なしで審査が終了しますし、銀行系ではありますが消費者金融だから非正規雇用でも利用できます。また、カードレスにも対応しています。ただし、インターネット完結を利用したいのであれば、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座が必要です。

    インターネット完結で即日融資の場合は、申し込み後にコールセンターに即日融資を希望している旨を伝えれば、優先審査を受けられますので即日でお金を借りることができる可能性が高くなります。ですので、即日融資を希望している場合は、必ず、コールセンターに電話をしましょう。

    金利(実質年率) 3.00~18.0%
    借り入れ限度額 1~800万円
    審査にかかる時間 最短30分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~69歳の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 24時間振込できる口座情報を登録している

    インターネットから申し込みをしたあとでフリーダイヤルに電話をしておく

    そして、モビットにもレディース専用のローンがあります。

    SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります 「WEB完結」契約で来店・電話・郵送物一切なしで利用可能

    au IDを持っているなら!au PAY スマートローン

    au PAY スマートローンは、すでにau IDを持っている場合は、申し込み時の入力項目がとても少なく、本人確認書類の提出も必要ないためスピーディーに申し込みができます。

    最短30分の審査に対応しているため、即日融資ももちろん可能で申し込みと借り入れを行うことで最大2,000Pontaポイントを貰うこともできます。24時間365日いつでもau PAYアプリにチャージができるためとても便利です。

    金利(実質年率) 2.9~18.0%
    借り入れ限度額 1~100万円
    審査にかかる時間 最短30分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~70歳の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 インターネット

    auペイと書かれているので、auユーザーしか利用できないと勘違いしやすいのですが、auの携帯を持っていなくても利用は可能です。

    在籍確認なし!アイフル

    アイフルは、最短25分審査に対応しており勤務先への在籍確認がない消費者金融です。また、インターネットから24時間365日申し込み可能です。即日融資の場合は、申し込み後にフリーダイヤルへ電話することで、優先審査を受けられるためスピーディーな融資が可能です。21時までに申し込みを完了していれば最短で即日融資ができます。

    アイフルは、カードありorカードレス利用を選択可能で、カードレスなら申し込み後最短25分で借り入れ可能となります。そして、カードレス利用を選べば郵送物は一切ありませんので家族にばれる可能性も低くなります。また、アイフルでは、カードローンの他にも借り換え・おまとめなど金融商品の取り扱いが多く様々な利用法があります。

    金利(実質年率) 3.00~18.0%
    借り入れ限度額 1~800万円
    審査にかかる時間 最短25分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~69歳以下の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 インターネット申し込んで21時までに申し込みを完了

    インターネット申し込み後にフリーダイヤルに電話

    アイフルは通常のコールセンターの他にも、女性専用の電話相談窓口があります。

    アイフルSulali 18.0% 10万円 最短30分 30日間無利息サービスあり

    最大3か月間利息!三井住友カード カードローン

    三井住友カード カードローンは、金利のシステムが独特です。返済実績に応じて年々金利が引き下げられるというもので、返済をたくさんすれば金利が下がるという珍しいシステムを導入しています。最短即日でお金を借りられるますし、最大で3か月間の無利息期間があります。また、カードを受け取る前に希望金額を振り込みができる初回振り込みサービスがありますので、このシステムを利用すれば即日融資が受けられるのです。

    三井住友カード カードローンは下限の金利の水準が低めになっており、全体的に条件が良く利用しやすいカードローンといえます。また、インターネット完結だけでなく、自動契約機で契約やカード発行をすることもできます。

    選択肢が多いのも魅力といっていいでしょう。

    金利(実質年率) 1.5~15.0%、1.5~14.4%(振込)
    借り入れ限度額 900万円以下
    審査にかかる時間 最短即日
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~69歳の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 年収証明書のアップロード

    オンライン口座振替設定を完了してキャッシング契約内容を確認し保存

    株式会社ベルーナグループが運営している!ベルーナノーティス

    ベルーナノーティスはあまり聞き慣れない消費者金融かもしれませんが、実は上場企業の株式会社ベルーナグループによって運営されている消費者金融です。決して怪しい消費者金融ではなくしっかりとした会社ですので安心です。最短即日でお金を借りられますし、無利息期間を何度でも利用できるというメリットがあります。また限度額が50万円以下の場合は収入証明書も不要です。

    金利(実質年率) 4.50~18.0%
    借り入れ限度額 1~300万円
    審査にかかる時間 最短30分
    融資の時間 最短即日
    年齢制限 満20~80歳の人
    インターネット申し込み 可能
    即日融資に必要な条件 インターネットから申し込み

     

    ここまで、大手消費者金融から中堅の消費者金融まで10社の即日融資に対応している消費者金融をご紹介しました。それぞれに魅力あるサービスをしていますが、10社すべてを表にして比較してみましょう。

    金利(実質年率) 借り入れ限度額 審査にかかる時間 融資の時間 年齢制限 インターネット申し込み 即日融資に必要な条件
    アコム 3.00~18.00% 1~800万円 最短30分 最短即日 満20~69歳以下の人 可能 21時までに契約を完了している
    フタバ 14.959~19.945% 1~50万円 最短即日 最短即日 73歳以下の人 可能 平日16時までに審査を完了している
    プロミス 4.50~17.8% 1~500万円 最短30分 最短即日 満20~69歳以下の人 可能 平日14時までにインターネットで契約を完了している
    アイフル 3.00~18.0% 1~800万円 最短25分 最短即日 満20~69歳以下の人 可能 ①インターネット申し込み、②21時までに申し込みを完了する、③インターネット申し込み後にフリーダイヤルにお電話する
    セントラル 4.8~18.0% 1~300万円 最短即日 最短即日 20歳以上の人 可能 ①平日14時までに申し込みを完了する、②インターネット・無人契約機から申し込みをする
    レイクALSA 4.50~18.0% 1~500万円 最短15秒 最短60分(インターネット申し込みのみ) 満20~70歳の人 可能 ①平日・土曜は21時、日曜は18時までに申し込みを完了する、②インターネットから申し込みをする
    SMBCモビット 3.00~18.0% 1~800万円 最短30分 最短即日 満20~69歳の人 可能 ①24時間振込できる口座情報を登録する、②インターネットから申し込み後フリーダイヤルにお電話する
    ベルーナノーティス 4.50~18.0% 1~300万円 最短30分 最短即日 20~80歳の人 可能 インターネットから申し込みをする
    au PAY スマートローン 2.9~18.0% 1~100万円 最短30分 最短即日 満20~70歳の人 可能 インターネットから申し込みをする
    三井住友カード カードローン 1.5~15.0%、1.5~14.4%(振込) 900万円以下 最短即日 最短即日 満20~69歳の人 可能 ①年収証明書のアップロードが完了する、②オンライン口座振替設定を完了する、③キャッシング契約内容を確認し保存する

     

    即日融資のカードローンを選ぶ場合は、しっかりと比較をして利用しましょう。

    カードローンの即日融資を希望なら知っておきたいポイント

    カードローンを選ぶときにのポイントは金利・融資時間・返済のしやすさです。そして、即日融資のカードローンを探しているのであれば、インターネットで申し込みを完結できるのか・・・審査の最短時間はどのくらいなのか。即日融資ができるシステムがあるのか・・・がまず第一のポイントになります。

    インターネット完結ができること、そして、システムが即日融資に対応しているのかをしっかりとチェックする必要があります。また、金利や返済のしやすさも大切です。金利は低い方が好ましいというのは事実ですが、金利だけでなく返済のしやすさ・・・提携ATMの利用はできるのかや返済の期日なども確認しましょう。

    即日融資ならどこだっていい!と焦って契約しないようにしましょう。

    Web完結でお申し込みが可能な業者を選ぶ

    即日融資を受けたい!今すぐに現金が必要!という場合は、インターネット契約完結できる消費者金融を選びましょう。郵送物が必須という場合は、即日融資はできないということになりますが、インターネット完結であれば可能性は高くなります。店舗来店が必要ものは書類の郵送が必要というところ、在籍確認が必要という場合は、その手間がかかる分時間もかかります。特に郵送の書類がある場合は、即日融資は時間的に見て不可能と言わざるをえません。

    ですが、インターネット完結できる消費者金融は、必要書類はデータをアップロードすればいいので、郵送にかかる時間が必要ありません。つまり即日融資の可能性があるということです。

    インターネットで完結できる業者としては

    アイフル
    プロミス
    モビット
    レイクALSA

    ただし、当然ですが、即日審査インターネット完結ができる消費者金融でも絶対に審査をパスできるというわけではありません。当然審査落ちしてしまう可能性もありますので留意してください。

    金利の低いカードローンを選ぶようにする

    カードローンの金利は返済の際にとても重要です。金利はついつい「即日融資してくれるならいいや」と思ってしまいますが、返済のことを考えると金利は無視できないポイントです。

    総支払額が大きく変わってきますので、金利もできるだけ低いところを選びましょう。

    下限 上限
    アコム 年3.00% 年18.00%
    プロミス 年4.50% 年17.80%
    アイフル 年3.00% 年18.00%
    SMBCモビット 年3.00% 年18.00%
    レイクALSA 年4.50% 年18.00%

    このように全体的に高めの設定です。そして、大手消費者金融の場合は、初回利用で無利息期間の設定があるところもあります。

    消費者金融会社 審査時間 無利息期間
    プロミス 最短30分 30日間無利息サービスあり
    アコム 最短30分 30日間無利息サービスあり
    アイフル 最短30分 30日間無利息サービスあり
    レイクALSA 最短30分 30/60/180日間無利息サービスあり
    フタバ 最短即日 30日間無利息サービスあり

    そして、中小の消費者金融の金利も確認して見ましょう。

    下限 上限
    セントラル 年4.80% 年18.00%
    フクホー 年7.30% 年18.00%
    ユニーファイナンス 年12.00% 年17.95%
    キャッシングのフタバ 年14.959% 年19.945%
    ライフティ 年8.00% 年20.00%

    中小の消費者金融の方が金利は高い傾向があります。10万円以下の融資の場合に上限金利20%となっておりもちろんこれは法定金利の範囲内で合法ではありますが、かなり金利が高いことが解ります。

    また、女性専用のカードローンの金利は

    金利 限度額 審査時間 備考
    プロミスレディース 4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分 30日間無利息サービスあり
    アコムレディースローン 3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分 30日間無利息サービスあり
    アイフルSulali 18.0% 10万円 最短30分 30日間無利息サービスあり
    レディースレイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短50分 30/60/180日間無利息サービスあり
    SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります 「WEB完結」契約で来店・電話・郵送物一切なしで利用可能
    レディースフタバ 年14.959%~17.950% 50万円まで 最短即日 30日間無利息サービス

    上限金利は18%と高めですが、大手消費者金融の金利については下限の金利が3%程度のところが多くなっているのが解ります。

    ここまでの情報を見る限り、即日で融資を受けたいという場合には「大手消費者金融の金利のほうが安い」ということになりますが、では、大手消費者金融の金利はどのようにして決まるのでしょうか。

    金利を低くするためには、借入限度額との関係があります。

    と決められていて、正当な契約があったとしても利息制限法を超える部分の金利に関しては無効となります。

    当然、大手消費者金融のや銀行、中小の消費者金融などはしっかりとこのルールを守って融資をしています。

    では、借入限度額との関係で利息はどよのうに決まるのでしょうか。それは、各消費者金融が個別に審査をして金利を決めています。

    消費者金融名 ~50万円まで ~100万円まで
    アイフル 3.0%~18%の間で審査によって決定 3.0%~18%の間で審査によって決定
    レイクALSA 15.0%~18.0% 12.0%~15.0%(200万円まで)
    アコム 7.7%~18.0% 7.7%~15.0%(300万円まで)
    SMBCモビット 3.0%~18%の間で審査によって決定 3.0%~18%の間で審査によって決定
    プロミス 4.5%~17.8%の間で審査によって決定 4.5%~17.8%の間で審査によって決定

    つまり、借入限度額が多ければ金利が低くなりやすいということです。ただし、金利は審査で決まりますし、借入限度額が大きくなれば当然、審査はより慎重になりますので即日融資をしたいという場合にはこのあたりのバランス感覚が必要になってきます。

    そして、即日融資の際に利用を検討する人もいるクレジットカードのキャッシング枠ですが、その金利は

    カード会社 金利
    キャッシング 楽天カード 18.0%
    エポスカード 18.0%
    JCBカード 15.0%~18.0%
    三井住友カード 15.0%~18.0%
    MUFGカード 14.95%~17.95%
    オリコカード 15.0%~18.0%
    セゾンカード 12.0%~18.0%
    イオンカード 7.8%~18.0%
    消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
    アコム 3.0%~18.0%
    アイフル 3.0%~18.0%
    SMBCモビット 3.0%~18.0%

    上限金利は大手消費者金融の金利と大差はありませんが、下限の金利がクレジットカードの場合は15%程度と高くなっていることが解ります。ですので、やはり金利安くしたいというのであれば、クレジットカードのキャッシングより消費者金融の即日融資の方が有利な条件で融資を受けられるということになりそうです。

    即日融資を受けたいという場合には、どうしても後回しになってしまいやすい金利ですが、総支払額が大きく変わりますので、しっかりと比較検討をしてください。

    振込キャッシングよりコンビニATM取引対応なら即受取可能

    即日融資を受けたいという場合は、振込キャッシングよりコンビニATM取引対応の消費者金融がいいでしょう。というのも、振り込みキャッシングの場合、振り込みの時間や受け取る銀行、そして、借入をしている時間や曜日などで反映が遅れてしまうことがあるからです。

    審査をパスして振り込みが実行されていても、土曜日の深夜で銀行の反映が月曜になってしまうとなれば、これは手元に現金が来るのは月曜日と言うことになってしまいます。

    ですが、コンビニATMが利用できる場合は、曜日も時間も関係ありません。ですので、振り込みキャッシングよりコンビニATMで利用できる消費者金融を撰んだ方が確実ということになります。

    コンビニATMに対応しているのは

    アコム セブン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引は返済のみ
    ローソン銀行:借入・返済
    E-net:借入・返済
    イオン銀行:借入・返済
     
    コンビニATM利用手数料:10,000円以下は110円、10,001円以上は220円
    プロミス セブン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引
    ローソン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引
    E-net:借入・返済コンビニATM利用手数料:10,000円以下は110円、10,001円以上は220円 第2土曜日21:00から翌日曜日7:00にローソン銀行ATMを利用、接続先金融機関が三井住友銀行となる
    アイフル
    セブン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引
    ローソン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引
    E-net:借入・返済共に可コンビニATM利用手数料:10,000円以下110円、10,001円以上は220円
    SMBCモビット
    セブン銀行:借入・返済共に可、スマホ取引(モビットカード番号が必要)
    ローソン銀行:借入・返済
    E-net:借入・返済
    イオン銀行:借入・返済コンビニATM利用手数料:10,000円以下110円、10,001円以上220円
    三井住友銀行カードローン
    セブン銀行:借入・返済
    ローソン銀行:借入・返済
    E-net:借入・返済コンビニATM利用手数料:無料
    楽天銀行カードローン
    セブン銀行:借入・返済
    ローソン銀行:借入・返済
    E-net:借入・返済
    イオン銀行:借入・返済コンビニATM利用手数料:無料
    auじぶん銀行カードローン
    セブン銀行:借入・返済
    ローソン銀行:借入・返済
    E-net:借入・返済共に可コンビニATM利用手数料:無料

    コンビニATMが利用できる消費者金融であれば、審査が終了して契約をすませればすぐにコンビニからキャッシングができます。

    そして、利用できるATMの数も多いにこしたことはありません。

    プロミス 全国に1100台以上 9:00~21:00  契約機によって異なる
    SMBCモビット 記載なし 9:00~21:00 契約機によって異なる
    アコム 938ヶ所 9:00~21:00 年中無休
    アイフル 857台 8:00~22:00
    レイクALSA 900台 平日・土曜・祝日 9:00~22:00
    日曜日 9:00~19:00

    即日融資をしたいという時には利用できるATMの数や場所、そして、営業時間もチェックポイントです。

    ですが、振り込みキャッシングという方法の場合、契約後お金は消費者金融から指定口座に振り込まれるという仕組みになっています。この場合、消費者金融の対応時間と銀行側の対応時間をしっかりとチェックしていなければ、審査が終わっていて、振り込みもされているのにすぐに反映されないということが考えられます。

    各消費者金融の銀行の対応時間は以下のようになっています。

    プロミス モアタイム金融機関
    SMBCモビット モアタイム金融機関
    アコム 楽天銀行
    三菱UFJ銀行
    ゆうちょ銀行
    三井住友銀行
    みずほ銀行
    アイフル モアタイム金融機関
    レイクALSA モアタイム金融機関

    まず、振り込み融資を希望しているなら、自分の口座がモアタイムシステム参加金融機関かどうかもあらかじめ確認してください。そして、金融機関の土日祝日の受付時間もポイントとなります。

    必要書類をそろえて、即日で審査をパスしても銀行の受付時間によって即日融資ができないケースもありますのだ、どうしても振り込みキャッシングをしたいという場合は、必ず確認しましょう。

    三菱UFJ銀行
    ゆうちょ銀行
    三井住友銀行
    みずほ銀行
    土曜日

    日曜日

    祝日

    0:10 から8:59 当日 9:30頃
    9:00 から19:59 受付完了から1分程度
    20:00 から23:49 翌日 9:30頃
    振込実施時間拡大
    (モアタイム)金融機関
    土・日・祝日 0:10 から23:49 翌営業日 9:30頃

    とても複雑な仕組みですので、できればコンビニATM利用できる消費者金融を撰んだ方が確実ていえそうです。どうしても銀行振込でお金を受け取りたい場合は、必ず当日中に着金するのかどうかもしっかりと確認しましょう。

    即日融資を希望しているなら即時審査の業者を選ぶ

    即日融資を希望しているなら即時審査の業者を選ぶようにしましょう。即日融資ができるのは、大手消費者金融が多く、銀行のカードローンなどは即日融資は難しいケースが多くなっています。大手消費者金融の審査時間と受付時間は以下のようになっています。

    消費者金融会社 審査時間 審査受付時間 TEL対応の有無
    プロミス 最短30分 9:00~21:00 あり
    アコム 最短30分 9:00~21:00 あり
    アイフル 最短30分 9:00~21:00 あり
    レイクALSA 最短30分 8:10~21:50
    (第3日曜日のみ8:10~19:00)
    あり
    SMBCモビット 最短30分。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります 9:00~21:00 あり

    即日融資の場合は、最短の審査時間が短いことだけでなく、申し込みをする時間帯なども大切です。

    インターネットであれば、多くの消費者金融が24時間申し込みは受け付けていますが、深夜に審査をしてくれるということはありません。審査受付時間内にインターネットで申し込みをして審査まで終わらせる必要があります。

    土日に即日融資をするなら在籍確認無しの業者

    土日や祝日に即日融資をする場合は、在籍確認がない消費者金融を選ぶことが大切です。在籍確認のために平日まで待つことになってしまうと即日融資は望めません。在籍確認とは、消費者金融に申し込みをした会社に個人名で電話をして「本当に在籍しているのか」を確認する作業です。申し込みをした本人がその場にいる必要はなく「席を外している」「今日は休んでいます」という対応を他の人がしても問題はありません。ですので、申し込みをした本人が休みでも会社が営業していればいいのですが、一刻も早くお金を借りたいという場合は在籍確認はない方がいいでしょう。

    消費者金融でも、原則として在籍確認は行われるのですが、インターネットからの申し込みで完結できる消費者金融の場合、条件が整えば在籍確認なしで契約可能です。

    プロミス 休業日に申込んだ場合は、契約後の在籍確認
    SMBCモビット WEB完結で在籍確認なし
    アコム 在籍確認必須
    アイフル 原則在籍確認なし
    レイクALSA 契約後の在籍確認

    在籍確認なしで即日融資をしたいという場合は公式ホームページで「在籍確認がない」と明記しているモビットやアイフルの利用がいいかもしれません。また、銀行系のカードローンはほとんどの場合、在籍確認がありますので、会社が営業していない日に即日融資を受ける場合には向いていません。

    会社が休みという日に「即日融資を受けたい」という場合は、在籍確認がない消費者金融を選びましょう。

    融資金額が少なければその分審査時間も短い

    消費者金融のカードローンでは、借入限度額が多いほど、審査が厳しいという傾向があります。審査で申込者の返済能力を判断していますし、大きな金額を融資するということになれば、消費者金融側がより慎重になるのは当然のことです。つまり、収入がすくないのに、借入限度額が大きいといった場合には、審査にかかる時間も長くなりますし、場合によっては審査に落ちてしまう可能性も考えられるでしょう。

    収入がない人や収入が少ない人、勤続年数が短い人や、無職・専業主婦の人、年金・生活保護暮らしの人の場合は、審査に時間がかかりやすいめ借入限度額は低く設定した方がよさそうです。

    もちろん、即日でどのくらいの金額が必要かという問題はありますが、大きな金額の融資を即日融資でとなればやはり審査のハードルもあがりますし、そもそも審査により時間がかかってしまう可能性が高くなります。

    審査を受けるときについつい「少し多めの借入限度額にしておこうかな」と思いがちですが、審査のスピードと審査通過率を考えた場合には、必要最低限の借入限度額にしておく方が無難だといえます。

    大手の消費者金融は審査時間が早い傾向にある

    今回は、大手消費者金融だけでなく中堅の消費者金融も含めて即日融資ができる消費者金融としてご紹介しました。

    もちろん、中堅の消費者金融でも即日融資ができるところはありますが、相対的に見たときにやはり大手消費者金融の方が審査時間が早い傾向があります。特に、大手消費者金融の中でコールセンターを設置していて優先審査をしているところがより即日融資の可能性が高くなります。

    大手消費者金融の審査時間は

    消費者金融会社 審査時間
    プロミス 最短30分
    アコム 最短30分
    アイフル 最短30分
    レイクALSA 最短30分
    SMBCモビット 最短30分。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

    軒並み最短で30分という超スピード審査が可能です。ですので、どうしても即日融資でなければ困るという場合は、大手消費者金融が向いています。

    中小の消費者金融は手間も時間も掛かる

    国内に、大手消費者金融以外にも中小の消費者金融があります。もちろん中小の消費者金融もちゃんと法律のルールのしたがって営業をしているのですが、大手消費者金融に比べると手間や時間かかかる傾向があるのも事実です。

    また、中小の消費者金融は提携しているATMが少なかったり、審査に時間を要するというケースもあります。確実に即日融資を受けたいのであれば、もちろん中堅の消費者金融も選択肢に入ってはきますが、可能性が高いのはやはり大手消費者金融と言うことになってしまいます。

    担当のオペレーターには即日融資希望と伝える

    即日融資を希望している場合は、優先審査をシステムがある消費者金融がいいでしょう。まずは、申し込みをします。その歳には本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート(顔写真および住所ページ))と収入証明書類(源泉徴収票・税額通知書・所得証明書
    ・確定申告書・給料明細書(直近2ヶ月分+直近1年分の賞与明細書))を揃えて申し込みをしましょう。筆書類が申し込みの段階で揃っていなければ、審査に進むことができなくなります。

    そして、申し込みをした後で優先審査をしてもらうために電話をします。消費者金融の中にはで申し込み後に電話をすることで、即日で融資を受けたい人を早めに審査してくれるサービスをしています。申し込み方法は消費者金融によってことなりますが、インターネットなどで申し込みをした後に専用ダイヤルに電話をして「即日融資希望」と伝えればOKです。

    担当のオペレーターに「即日融資を希望している」とはっきり伝えて優先審査をして貰いましょう。審査が終了するのを部屋の隅でじっと待っていても審査がそれで早く終わることはありませんが、電話をして即日融資の希望をすれば審査が早まります。

    このような、優先審査の制度があるのはアコム・プロミス・アイフル・レイクALSA・SMBCモビットです。まずはインターネットで申し込みをしてから電話をしてください。

    即日融資に対応しているカードローンに関するQ&A

    質問1.即日融資に対応しているカードローンはありますか?

    回答1.即日融資は大手消費者金融が多くなっています。大手消費者金融のほとんどが最短30分の審査が可能ですし、インターネットで申し込みをしたあとに電話をして「即日融資」を希望すれば優先審査を受けることができます。

    質問2.カードローンの審査が甘いところが知りたいです

    回答2.審査に関してはその内容や条件などは公開されていません。ですので、審査が甘いということは調べようがないというのが正しい答えになります。消費者金融はお金を貸して利益を出している企業ではありますが、審査をせずに申し込みをすれば必ず融資を受けられる消費者金融はありません。ですので、必ず審査はあります。ですが、借入限度額が高い場合はより審査のハードルがあがるといわれていますので、審査のハードルを下げるためには借入限度額を低く設定した方がいいということはいえそうです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる