本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 W006A 設計・施工管理に活かす溶接技術

訓練日程
令和2年9月29日(火) ・ 30日(水)
《※日程変更しました!》
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
12時間(2日間)
受講料
16,000円
定員
12名
対象者
機械設計、施工管理、技術開発業務に従事する技能・技術者の方、またはその候補となる方
訓練内容

実際に起こりうる設計上の問題点を把握し、解決手法を身につけるコースです

座学による溶接関連技術の習得、及び溶接の実体験を通じて溶接技術の要点を理解し、
適切な設計、溶接指示、トラブル対処、品質改善などができる技術を習得します。


教科項目・内容
コース概要及び留意事項
  • 訓練の目的
  • 専門能力の確認
  • 安全上の留意事項
溶接法および溶接機器
金属材料の溶接性、溶接部の特徴
溶接構造の力学と設計
  • 継手設計に影響する各種強度について
    溶接継手設計の基礎
  • 溶接継手の強度計算・実例演習
設計、技術者視点の溶接施工と問題解決法
  • 溶接施工要領書の読み方
  • ミルシートによる冶金的、機械的性質等の
    確認方法と施工法への展開
  • 各種溶接法、継手形状の溶接実習
  • 溶接強度計算に必要な溶接各部の寸法測定
  • 溶接品質に影響を及ぼす変動要因の実例
  • 溶接施工における留意事項と問題解決法
まとめ
使用機器・教材
半自動アーク溶接機。TIG溶接機、安全保護具一式、関数電卓
持参品・服装
長袖作業服、作業帽、安全靴、筆記用具
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る