本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 S023A 製造業におけるリスクマネジメントシステム構築技術 〔製品・製造・工場管理のリスク実践分析手法とリスク低減〕

訓練日程
令和2年11月4日(水) ・ 5日(木)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
12時間(2日間)
受講料
14,500円
定員
10名
対象者
製品の企画・開発・設計関連業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う方、またはその候補となる方
訓練内容

リスクを低減する具体的な手法についてケーススタディを通してマスターするコースです

新製品開発や製品システム及び工場管理のためのリスクマネジメントシステムの構築を目指して、リスクを低減する実践的かつ具体的な手法についてケーススタディを通じて習得します。


教科項目・内容
コース概要
リスクの見方、分析の指針
  • 危険源の特定の方法
  • リスク分析に必要なパラメータ
  • リスクアセスメントの方法
マネジメントシステムにおけるリスク分析の実施例
  • 品質の分野FMEAとFTA
  • 環境、安全、医療、情報、食品、機械分野
  • CEマーキング、その分野
  • リスクマネジメントシステム
マネジメントシステムの構築と統合
  • RDCAサイクルと継続的改善
  • マネジメントシステムの構築方法とリスク低減の具体例
  • リスク低減のポイント
  • 統合マネジメントシステムの構築方法
ケーススタディとディスカッション
  • リスクアセスメントの方法
  • リスクを低減するためのマネジメントプログラムの作成
  • リスク管理手順書の作成
まとめ
使用機器・教材
プレゼンテーション機器 等
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る