本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 S017A 生産活動における課題解決の進め方 〔問題発見・改善活動を担うリーダー育成〕

訓練日程
令和2年7月1日(水) 〜 3日(金)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
18時間(3日間)
受講料
12,000円
定員
10名
対象者
生産現場における生産管理等の業務に従事する技能・技術者等であって、
指導的・中核的な役割を担う方、またはその候補となる方
訓練内容

製造現場の問題解決活動のポイントと手順をマスターするコースです

生産工程における問題発見の手法と科学的アプローチについて、戦略的な進め方を習得します。
また、受講者の企業の生産活動に対する一連の問題解決の流れと解決法、データ収集方法等についてQC7つ道具の一部を利用した実習を行います。


教科項目・内容
コース概要
問題の捉え方
  • 問題の原因を知る
  • 問題発生の過程を知る
問題解決へのアプローチ
  • 問題を隠さない風土
  • 問題が見える風土
  • 問題解決手法のいろいろ(QC手法や新QC手法などの問題解決手法を紹介)
問題解決のステップ
  • 現場の見えにくい問題を顕在化する方法
  • 顕在化した問題の真因
  • 実習:事例研究(業務改善計画書の作成・活用・評価法など)
課題解決実習
  • 製造業にありがちな問題を受講者の企業に照らし合わせ、
    ものづくりの工程に潜在する問題の顕在化とその問題解決をはかる
  • 発表
まとめ
使用機器・教材
プレゼンテーション機器 等
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る