本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 S007A 現場の問題予兆・対処能力向上

訓練日程
令和2年6月22日(月) ・ 23日(火)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
12時間(2日間)
受講料
10,000円
定員
20名
対象者
生産現場で指導的役割の方、または将来指導的役割を目指す方、問題発見・対処スキルの向上を目指したい方
訓練内容

製造現場の問題・トラブルを事前に発見し、迅速に対処する能力を身につけるコースです

現場の問題対応能力向上を目指して、問題発生前の予兆管理と問題発生時の即時対処能力ならびに
本質的解決力向上に効果的なインシデントプロセス手法の実践を通して、現場の問題を解決する能力を習得します。


教科項目・内容
コース概要
  • セミナー概要
  • 参加者所属先の生産管理・品質管理に対する課題のブリーフィング
問題の予兆と対処
  • 予兆とは何か
  • 定量的予兆と定性的予兆
  • 予兆の発見方法
  • 対処(暫定対策)と本質的対応(恒久対策)
  • 演習「予兆発見演習」
インシデントプロセス
  • インシデントプロセスの全体像
  • 過去の現場のインシデント(トラブル)を把握する
  • インシデントの整理方法
    • 背景/事象
  • 原因の掘り下げ
  • 演習「インシデントの整理」
    (組立請負業:受注トラブル事例活用)
対策立案
  • 対策のレベル
  • 対策の評価
  • 実行計画の策定
  • 演習「対策案の評価」
    (項目【03】での演習を活用して定量評価を実施)
総合演習「原因追究と対策案の立案」
(項目【03】で整理したインシデントの原因掘り下げ)
  • 原因に対する対策の検討
  • 対策案の評価
  • 発表
  • 講師講評
まとめ
使用機器・教材
プレゼンテーション機器 等
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る