本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 E025A 組込みLinuxによるマルチスレッドソフトウェア開発技術

訓練日程
令和3年2月24日(水) 〜 26日(金)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
18時間(3日間)
受講料
19,000円
定員
10名
対象者
組込みシステムでマルチスレット制御技術を習得したい方、C言語の知識がある方、またはプログラミング経験がある方
訓練内容

マルチスレッドの概要を理解し、プログラミング技術を習得するコースです

組込みシステムの機能改善や高性能化、高付加価値化を目指して、UNIX系OSで標準となっているpthreadsライブラリを用いたマルチスレッドプログラミング技法を習得します。


教科項目・内容
マルチスレッドプログラミング概要
  • 仕組みと動作原理
  • レスポンス・タイム、スループットの向上
  • スレッドのライフサイクル
  • 複数スレッドの関係と制御
マルチスレッド処理概要
  • Linux上でC言語コンパイル環境の構築
  • 複数スレッドのサンプルプログラムの動作確認
  • スレッド間のデータ共有
ミューテックスによる実行の排他
  • ミューテックスの必要性
  • ミューテックスを用いたサンプルプログラムの動作確認
  • 条件待ち
マルチスレッドプログラミング開発実習
  • スレッドセーフなキューの作成
ソケットプログラミング実習
  • プログラムの概要
  • サンプルプログラム解説
  • マルチスレッド化
  • 動作確認
まとめ
使用機器・教材
Linux端末、ネットワーク接続環境
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る