本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 E012B 基板製作に係る鉛フリーはんだ付け技術

訓練日程
令和2年11月25日(水) ・ 26日(木)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
12時間(2日間)
受講料
20,000円
定員
10名
対象者
はんだ付けに携わり鉛フリーはんだの導入を検討中の方、または鉛フリーはんだでお困りの方
訓練内容

鉛フリーはんだの特徴と実装のポイントを身につけるコースです

鉛フリーの手はんだ付け作業に必要な知識および問題・課題などを解説するとともに、
品質管理の一手法を紹介します。また、はんだ付け実習により、実際の作業上のポイントを習得します。


教科項目・内容
鉛フリー化
  • 環境問題と法規制
  • 国内外における鉛フリー化の現状
手はんだ付けの科学的知識
  • 実装条件
  • こて先と母材の相関関係
  • ぬれ性
鉛フリー手はんだ付けの課題
  • はんだ組成の影響
  • はんだ作業、修正の課題
  • 品質保証とコスト
鉛フリー手はんだ作業のポイント
  • 温度管理の必要性
  • プロセス温度管理の重要性
  • はんだごての選定
  • 周辺機器の上手な活用
  • こて先の寿命対策
鉛フリー手はんだ付け実習
  • 手はんだ作業による温度変化の測定
  • 手はんだ作業による、不良発生の原因と対策
  • 信頼性の高いはんだ付け技能の習得
まとめ
使用機器・教材
筆記用具、(作業に適した服)
持参品・服装
温度コントローラー付けはんだごて(HAKKO FX-951)、実習用基板・部品等
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る