本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3H011 冷凍設備の保全技術 受付中

訓練日程
令和2年 9月26日(土)、9月27日(日)
実施時間帯
9:00〜18:00
総訓練時間
15時間
受講料
7,000円
定員
15名
対象者
建築設備業の施工作業に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う方又はその候補者
訓練内容
冷凍設備の保全技術

空調・冷凍設備の管理をするうえで必要な保全技術を習得します。具体的には、冷媒が各種主要機器を循環する際に伴う圧力状態変化をp-h線図上でプロットすることにより、冷凍サイクルを理解して冷凍設備の原理を学びます。また、安定した冷凍サイクルを維持するために必要とされる各種の付属機器について構造と原理を学ぶことにより、予防保全の観点から常に冷媒の状態を把握し、不具合事例や故障診断技術を習得します。併せて、法令に遵守した管理業務が行えるよう、高圧ガス保安法と冷凍保安規則や容器保安規則などの関連法規の目的と定義を学びます。

1.冷凍の原理
2.冷媒・ブライン・潤滑油
3.圧縮機・凝縮器・蒸発器・制御機器
4.冷媒配管・圧力容器
5.安全装置
6.圧力試験・冷凍装置の運転
7.保守管理
8.関係法令

使用機器・教材
空冷式エアコン、冷媒充填機、冷媒回収機
持参品・服装
筆記用具、帽子、作業服
実施場所
302研修室 は、 こちら (159.42 KB) をクリックしてください。
備考
※お申込み前に詳細を当センター訓練課 ビル設備サービス科(0985-51-1512)までお問合せください。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る