MENU

レイクALSA審査は甘い?審査基準を大解説

レイクALSA

お金を借りたいという方の中には、レイクALSAでお金を借りたいと考えている方もいます。しかし、レイクALSAの審査がどのくらいの難易度で、どういった基準で審査されているのか知っておくことが大事です。

そこで今回は、レイクALSAの審査基準を知りたい方に向けて、レイクALSAの審査基準などについて解説していきます。

この記事を読むことで以下の3つがわかります。

  • レイクALSAの審査基準
  • レイクALSAの審査の流れ
  • レイクALSAの審査に通りやすくするコツ
目次

レイクALSAの審査は甘い?成約率について

レイクALSA

レイクALSAの審査は甘いという声もあがっていますが、実はそこまで高い成約率を誇っているわけではありません。

他社のローン会社での成約率と比較してレイクALSAの成約率をみていきます。

レイクALSAの成約率は30%程度

各ローン会社の成約率について以下の表にまとめました。

融資サービス会社 新規貸付率
アイフル 43.6%
プロミス 43.6%
アコム 42.1%
レイクALSA 29.4%

ローン会社の成約率は新規で貸付申込をした方のうち、実際に貸し付けられた人の割合のことを指しています。

その計算で算出された各社の成約率を見てみると、アイフル・プロミス・アコムの3社が40%以上を記録しています。それに対し、レイクALSAは約30%です。

レイクALSAは少しずつ成約率が上がりつつあります。しかし、それでも他の3社より成約率が低く、それだけ審査が厳しいローン会社であることがわかります。

特に、レイクALSAは審査基準を満たしていない場合に審査に落ちやすい傾向があるため、そのことを理解した上でレイクALSAでの審査に進んでください。もし成約率の高いところで依頼したい方は、他のローン会社の利用を検討してみてください。

レイクALSAの審査基準にチェックされるポイント

レイクALSA

早速ですが、レイクALSAの審査基準にどういったものがあるのか解説していきます。

レイクALSAで見られる審査基準として以下のポイントがチェックされます。

  • 年齢
  • 過去の借入情報
  • 職業
  • 収入
  • 個人情報

1つずつみていきます。

満20歳から満70歳までが審査に通る

レイクALSAだけでなく、大抵のローン会社は満20歳から満70歳までしか融資してもらえない仕組みとなっています。一般的に20歳から70歳までが安定した収入を得ている場合が多いために、この年齢に設定されています。

そのため、十分な年齢を満たしている場合にレイクALSAの審査を進めるようにしましょう。

中には、成人年齢引き下げによって18歳から利用できると考えている方もいるかもしれません。しかし、成人年齢が引き下げられたとしても大学に進学してそれから正社員として働き始める方が多いことに変わりはありません。

そういった背景があり、お金を借りるためには20歳にならないと借りれない部分については変更されていません。成人年齢が引き下げられたからといって、すべての基準が変わったわけではないです。そのことをしっかり押さえておいてください。

また、20歳というのに意識を向けている方は多いかもしれませんが、70歳以上だとお金が借りられない点を見落としている方も多いです。70歳にもなると安定して仕事を続けるのが難しくなっていき、アルバイトやパートなどしかほとんど選択肢がなくなってしまいます。

仕事の安定感がないことはもちろん、いつ働くことができなくなってもおかしくない点も踏まえて、70歳以上はお金が借りられません。そのことを忘れないようにしましょう。

過去に滞納などをしていないかチェックされる

レイクALSAにお金を借りる際には、過去に他のローンを借りたお金やクレジットカードの支払いなどを滞納していないかチェックされます。

過去に借りたローンやクレジットカードの支払い状況などは、すべて信用情報として信用情報機関に記録されます。どの信用情報機関に記録されているのかによって異なりますが、たいていの場合は5年もの間信用情報が残り続けます。

つまり、一度支払いでのトラブルを起こしてしまうと、5年間はそのマイナス要素を抱えたまま審査に臨まなければなりません。

お金を貸す立場になって考えればわかりますが、きちんとお金を返している人と過去に一度でもお金をちゃんと返してくれなかった人のどちらにお金を貸すかと言われると、たいていの方は前者と答えるでしょう。

一度でも支払うべきものを滞納していると、返済能力に欠けると判断されたり、そうでなくてもお金に対して無頓着と判断されたりします。そのため、ローン会社への返済だけでなく、クレジットカードや家賃の支払いを一度でも忘れてしまったことがあるという方は、やや慎重になって審査に臨んでください。

社会的に信用度の高い職業に就いているか確認される

レイクALSAではどんな職業に就いているのかについてもチェックされます。

収入があればその時の返済額を支払うことはできるでしょう。しかし、単なる臨時収入だと次回以降の支払いが厳しくなってしまいます。

また、いつ仕事を失ってもおかしくない職業に就いていると、安定して返済してくれるという安心感に欠けてしまいます。レイクALSA側がそういった不安を抱えてしまう以上は、やや慎重になってお金を貸し出すか検討されてしまうのも仕方ないです。

ちなみに、雇用形態別の返済能力の高さは以下の表の通りです。

雇用形態 返済能力
公務員
正社員
派遣社員
契約社員
個人事業主
フリーター
学生
専業主婦 ×
無職 ×

公務員や正社員といった立場の方は、安定してその仕事を続けて安定した収入がもらいやすいと判断されやすいです。また、在籍確認もしやすいため、虚偽の情報を入力しても審議を確かめることができるという点も評価されています。

しかし、派遣社員や契約写真、フリーターといった方は、期限付きで就労していたり、アルバイトだからと唐突に辞めてしまったりするケースが多いです。そのため、公務員や正社員ほどの安定感がなく、返済能力はそこまで高くは評価されません。

似たような理由と学業との兼ね合いを踏まえ、学生はより一層返済能力が低いと判断されてしまいます。

ちなみに、専業主婦や無職の方は収入がないため、基本的に審査に通ることはないと考えておいてください。

無職がお金を借りる。ニートがお金を借りるにはどうする?

安定した収入があると審査に通りやすい

レイクALSAは安定した収入があると審査に通りやすくなります。

先ほど社会的に信用度の高い職業について説明しましたが、社会的に信用度の高い職業に就くのが前提にあり、そこで安定した収入を維持することが大事になってきます。

たとえば、正社員として就職していても、残業ありきで月に10万円台ほどしか収入がないという悪質な条件で仕事をしている方もいます。そういった方だと、十分に安定した収入があるとは判断してもらえないかもしれません。

お金を借りる際には、ある程度安定した収入が入ることが証明できるかどうか客観的に振り返ってみてください。もし金銭的にあまりに厳しい場合は、ローン会社より国の制度を頼るのが望ましいです。

虚偽の個人情報が記載されていると怪しまれる

きちんと正しい情報が記載されているなら問題ありません。しかし、虚偽の個人情報が記載されている場合、審査に落ちやすくなってしまいます。特に、就業している会社の名前や年収、氏名などが間違っていると怪しまれる可能性が高いです。

たとえば、過去に就業していた会社を辞めてしまい、その時のほうが収入が安定していたからとその会社の情報を記載するというケースが考えられます。ですが、しっかりした会社なら在籍確認が行われるため就業状況が確認できます。

また、氏名が間違っていると本来レイクALSA側が意図していない形でお金が借りられている可能性が出てきます。集団での詐欺行為の可能性があります。そのため、きちんとお金を借りる本人の名義で申し込まないと審査が通りません。

些細なことかもしれませんが、間違った情報が記載されていると審査に時間がかかってしまうため、正しい情報が記載されているかよく確認してください。

レイクALSAの審査の流れ

レイクALSA

レイクALSAの審査の基準について確認していきましたが、それらの項目について特に問題ないと判断したら、実際に申し込みを進めていきましょう。

レイクALSAの申し込みの流れは以下の通りです。

  1. 公式サイトから申し込み(自動契約機、電話でも可)
  2. 仮審査
  3. 身分証明書の提出
  4. 本審査
  5. 審査結果の通知

1つずつみていきます。

1.公式サイト、自動契約機、電話のいずれかから申し込む

レイクALSAの申し込みは公式サイト、自動契約機、電話のいずれかから申し込む形となります。

公式サイトからの申し込みなら短時間で手続きが完了し、24時間365日いつでも利用できるため一番おすすめの手続き方法です。

また、公式サイトでの申し込みなら自宅に契約書類が来ることもないため、家族にバレてしまう心配もなく手続きが進められます。

しかし、公式サイトは使いづらいという方は、審査に時間がかかってしまいますが、自動契約機や電話での申し込みを進めてみてください。

ここからは公式サイトでの申し込みを前提に審査の流れを解説していきます。

2.入力した情報を照らし合わせて仮審査を行う

まずは個人情報を入力していき、その情報を照らし合わせて仮審査を進めていきます。

審査は1回だけしかないと思っていた方もいたかもしれませんが、実際は先に書類だけ見て仮審査を行い、それから他の資料などを基に本審査が行われます。先ほど紹介した審査基準を満たしている方は、仮審査に問題なく通過できます。

審査結果については登録したメールアドレスに送られてくるため、そこでチェックしてください。審査に通っていたら、本人確認書類の提出に進めます。

3.身分証明書を提出する

仮審査に通ったら、以下の2つを必要書類として提出します。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

まず本人確認書類は提出が必須とされている書類です。本人確認書類として以下のような書類が使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード、特別永住者証明書

本人確認書類として、氏名、生年月日、現住所などが記載されている書類を提出する必要があります。また、上記の書類の中には顔写真が付いていないものもありますが、顔写真付きのものを提出してください。

ちなみに、申請時の住所と現住所が異なる場合は追加書類の提出も必要となります。追加書類としては以下のものが利用可能です。

  • 公共料金の領収書
  • 公的機関発行の書類

追加書類の提出が必要な方は、電気料金の領収書や住民票の写しなどを保管しておきましょう。

一方で、収入証明書類は以下の用件を満たした場合に提出が求められます。

  • 借入額の総額が50万円を超える場合
  • 他社の借入額と合わせて100万円を超える場合
  • 提出した収入を証明する書類の発行日が3年以上経過している場合

少額の借入時には収入証明書類の提出は必要ありません。しかし、50万円以上レイクALSAで借り入れる場合、レイクALSA側の抱えるリスクがある程度大きくなってきます。

また、レイクALSAでは10万円程度しか借りていなくても、他社で90万円以上借り入れていたら、返済能力の高さに疑いがもたれてしまいます。そのため、きちんと返済できることを証明するために、直近の収入証明書類の提出が必要です。

収入証明書類としては以下のものが使えます。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

ある程度大きな金額を借り入れる場合に備えて、上記の収入証明書類も念のために用意しておくとよいです。

4.身分証明書の情報を照らし合わせて本審査を行う

身分証明書を提出したら、その情報を照らし合わせて本審査が行われます。

きちんと書類を提出できていれば審査に落ちることはありません。ただ、50万円以上借り入れているのに収入証明書類を提出していなかったりすると、再度書類の提出が求められ、審査に時間がかかってしまいます。

提出する必要のある書類をよく確認して書類提出を行ってください。

5.審査結果の通知が送られる

審査が完了したら、仮審査の時と同様に登録したメールアドレスに審査結果の通知が送られます。

審査が通っていたら、登録したログイン情報を使い、公式サイトからマイページにログインしましょう。そこで追加借入申請や利用可能残高、その他借入情報をチェックしてみてください。

ちなみに、2022年6月からログイン方式が変わり、カード番号・会員番号からID・パスワード式に変更されています。もしすでにレイクALSAの会員になっている方は、ID・パスワード設定からログイン情報を登録しましょう。

レイクALSAの審査に通りやすくするコツ

レイクALSA

レイクALSAの審査に通りやすくするコツとして、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 安定した勤続年数と収入が必要不可欠
  • 総量規制に引っかかっていると借りられない
  • できる範囲で他の借入先の支払いを済ませておく
  • 在籍確認が申し込みの翌日に行われることを押さえておく
  • 転職したばかりのタイミングの申し込みを避ける
  • 使わないクレジットカードは解約しておく

1つずつみていきます。

安定した勤続年数と収入が必要不可欠

レイクALSAの審査に通るためには、安定した勤続年数と収入が必要不可欠です。きちんとお金を継続的に返してくれる仕事に就いており、毎月問題なく返済してくれるだけの収入が安定していないと、お金は貸してくれません。

他社でお金を借り入れ、レイクALSAの返済に充てることはできるでしょう。しかし、それでは金利が積み重なっていくため、どこかで必ずお金がまわらなくなるタイミングが来ます。

また、賃金業者からお金を借り入れる場合、収入の3分の1以上の金額は借りられない総量規制という法律があります。そのため、何とかお金を借り続けてしのいでいくのは難しいです。

きちんと安定した仕事に就いて、収入が安定してから借り入れるようにしましょう。

ちなみに、安定した仕事に就いたとしても、就職してすぐの段階だとその仕事での収入を証明するのが難しいです。せめて就職・転職してから3カ月程度待ってから申し込んでください。

総量規制に引っかかっていると借りられない

先ほど軽く触れましたが、レイクALSAかどうかに関係なく、総量規制に引っかかっているとお金が借りられません。

追加借り入れを続けていると、いつの間にか総量規制を超えていて借りられなかったということもあるでしょう。そうならないように、自分でどのくらいお金を借りているのか定期的にチェックしましょう。

ただ、以下のような要件でお金を借り入れた場合、総量規制には引っかかりません。

  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  • 顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  • 社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済など)の貸付け
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け(配偶者の同意が必要)
  • 個人事業者に対する貸付け(事業計画、収支計画、資金計画により、返済能力を超えないと認められる場合)
  • 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け(貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件)

これらの用件を満たす借入については、あまり気にせず借り入れてください。

できる範囲で他の借入先の支払いを済ませておく

レイクALSAの審査を行う際に、他社の借入状況も個人信用情報機関からチェックされます。そこで、他社でどのくらいのお金を現状借り入れているのかを把握し、その情報も審査に使われます。

そして、他社で借り入れている金額が少ないと、それだけ審査で優位に働きやすいです。それだけでなく、先にいくらか返済した分総量規制にも引っかかりにくくなります。

そのため、レイクALSAの申し込みを進める前に、できる範囲で他社の支払いを済ませておきましょう。

在籍確認が申し込みの翌日に行われることを押さえておく

レイクALSAの申し込みのタイミングにも注意が必要です。

先ほど収入を証明するために在籍確認が必要と説明しましたが、在籍確認のタイミングで会社が閉まっていると在籍確認ができません。再度在籍確認を行い、それから審査が進められるため、最大で2営業日は待つことになるでしょう。

在籍確認は申し込みの翌日に行われます。そのため、どうしてもお金がすぐに欲しいという場合は、翌日が会社全体で休みではない日に申し込むのが望ましいです。

ちなみに、在籍確認の際には、連絡してくれるレイクALSAのスタッフはレイクALSAであることを隠して連絡をくれます。ある程度安心はできるかと思われますが、念のため自分が休みのタイミングに在籍確認の電話が来ることのないように申し込みましょう。

転職したばかりのタイミングの申し込みを避ける

先ほど解説しましたが、転職したばかりのタイミングの申し込みは避けたほうがよいです。

転職したばかりのタイミングだと収入が安定していません。少額の借り入れなら認めてもらえる可能性もあります。しかし、収入証明書類の提出が求められる要件での借り入れとなると借り入れられません。

あくまでも融資サービスは借り入れた人の将来性を見て貸し出してくれるサービスであるため、将来的な収入の見込みがチェックされます。転職したばかりだと収入の見込みを判断するだけの十分な材料がないです。

そのため、決して過去の仕事での収入証明書類の提出することだけはないように注意してください。

使わないクレジットカードは解約しておく

レイクALSAの審査で信用情報機関の情報をチェックすると説明しました。ただ、信用情報機関には融資サービスだけでなくクレジットカードの情報も記録されています。そのため、不要なクレジットカードは解約しておいたほうが審査で有利に働きます。

クレジットカードは1人で複数枚発行でき、利用用途別に使っているクレジットカードを使い分けているという方もいます。実際、2021年の総務省の調べによると、日本人のクレジットカードの平均保有枚数は約3枚です。

ただ、クレジットカードを何枚も発行していると、お金がないためにクレジットカードを発行しているのではないかと疑われてしまいます。逆に、使っていないクレジットカードを解約すれば、お金に余力がないためにクレジットカードを発行しているわけではないと判断されやすいです。

そのため、少しでもお金の余力がないわけではないことを証明するためにも、使わないクレジットカードを持っている方は、解約を進めておきましょう。

レイクALSAの審査前に確認しておきたい基礎知識

レイクALSA

ここまでレイクALSAの審査についての情報をまとめました。

しかし、それ以外にも以下の基礎知識についても押さえておいてください。

  • 審査最短15秒はあくまでも仮審査まで
  • 収入証明書が必要ない場合もある
  • 増額してもらう場合には、もう一度審査が行われる
  • レイクALSAが特に審査でチェックしている項目を押さえておく
  • 再審査する際は半年は間を空けておく

1つずつみていきます。

審査最短15秒はあくまでも仮審査まで

レイクALSAは審査最短15秒と公表してサービスを提供しています。あながち間違ってはいませんが、実際は15秒の審査というのはあくまでも仮審査までです。

本人確認書類の提出や在籍確認が行われる本審査はもっと時間がかかります。そのため、審査最短15秒というのはあまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

そして、ある程度時間のゆとりを持たせて、あとで焦ってしまうことがないように申し込みを進めてください。

収入証明書が必要ない場合もある

身分証明書には、本人確認書類と収入証明書の2つが求められますが、必ずしも収入証明書が必要というわけではありません。先ほども説明しましたが、50万円以上の借入や他社と合わせて100万円以上の借入がある場合などに収入証明書が必要となります。

身分証明書については、どのローン会社で借りるのかによって求められる提出書類の基準が異なります。実際、身分証明書が正しく提出されていなくて手続きに時間がかかるケースも少なくありません。

本人確認書類は必ず提出する必要があるものですが、収入証明書は提出する要件が決まっていため、収入証明書の用件を慎重になってよく確認してから提出しましょう。

増額してもらう場合には、もう一度審査が行われる

レイクALSAで仮に一度審査に通ったとしても、その段階で決められた借入上限額をもっと増やしたいという方もいるでしょう。ただ、増額してもらう場合には、もう一度審査を行う必要があります。

過去に審査した時点での収入と比べて、再審査してもらう時点での収入が増えていないと、上限額を増額してもらうことができません。そのため、増額してもらう際には、収入を増やし、収入が増やせていることを証明する書類を用意しましょう。

十分な準備をしてから増額の審査に臨んでください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる