本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上支援訓練

生産性向上支援訓練

 


令和2年度オープンコース一覧

令和2年度オープンコース一覧

令和2年度開講予定のオープンコースです。

2020年09月10日(木) 災害時のリスク管理と事業継続計画
2020年09月16日(水) 品質管理実践
2020年09月29日(火) 管理者のための問題解決力向上
2020年10月08日(木) 提案型営業実践
2020年10月14日(水) 業務効率向上のための時間管理
2020年10月21日(水) ビジネス現場における交渉力
2020年11月12日(木) 新サービス・商品開発の基本プロセス
2020年11月18日(水) 企業価値を上げるための財務管理
2021年02月09日(火) ナレッジマネジメント
2021年02月16日(火) 職場のリーダーに求められる統率力向上

生涯キャリア形成コース
2020年10月15日(木) 中堅・ベテラン従業員のためのキャリア形成
2020年11月19日(木) チーム力の強化と中堅・ベテラン従業員の役割
2020年12月17日(木) フォロワーシップによる組織力向上
2021年 1月21日(木) 効果的なOJTを実施するための指導法
2021年 2月18日(木) 作業手順の作成によるノウハウの継承

生産性向上支援訓練

生産性向上支援訓練とは

 企業の生産性向上に必要な「生産管理、品質管理、原価管理、物流、IoT、マーケティング等」に関する知識やスキルを習得するための訓練です。
 新任層から管理者層の幅広い階層に対する訓練カリキュラムを提案します。
 条件を満たすことで、人材開発支援助成金を利用することができます。


生産性向上支援訓練活用事例集

 
 
生産性向上支援訓練は、3つの方式で訓練を実施します。

1.オーダーメイド方式
 個々の企業の課題を解決するため、訓練コースのコーディネートから実施までを生産性向上人材育成支援センターが行います。訓練場所や時期は受講企業の要望に応じて調整可能です。

2.オープン方式
 地域の中小企業等が抱える、生産性向上に関する共通の課題や人材育成ニーズに対応するための実施方法です。地域の複数の中小企業等から受講者を募集して実施します。大勢の従業員を一度に研修に出すことが難しいという企業にも適した方法です。訓練場所・日程は生産性向上人材育成支援センターが調整します。

3.団体ニーズ対応型(事業取組団体方式)
 業界団体などの会員企業が共通して抱える生産性向上に関する課題や、人材育成ニーズに対応するための実施方法です。訓練場所や時期の調整、カリキュラムの組立は各団体が行います。

訓練実施方式


 訓練受講までの流れ(オーダーメイド方式の場合)

訓練受講までの流れ

訓練カリキュラムについて

 中小企業等の幅広い職務階層の方を対象に、「生産管理」、「品質管理」、「原価管理・コスト削減」、「流通・物流システム」、「クラウド活用によるデータ管理・分析」、「マーケティング」等、生産性の向上に効果的な訓練コースをご用意しています。
 モデルカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じて、オーダーメイドで訓練コースをカスタマイズできます。


生産性向上支援訓練の実施機関募集について


会員企業に生産性向上支援訓練を実施する事業主団体の募集について

※当センターにおける令和2年度の生産性向上支援訓練事業取組団体につきましては募集を終了しました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

よくあるお問い合わせ

Q

受講料はいくらですか?

A

受講料は1人あたり、
06~11時間コース:3,000円(税別)
12~18時間コース:5,000円(税別)
19~30時間コース:6,000円(税別)
となります。

Q

訓練は何時間ですか?

A

訓練はご要望に合わせて 6~30時間の範囲内で、座学と演習を組み合せて実施します。
(6時間コースは応用的・実践的要素を含みません)

Q

訓練はどこで実施しますか?

A

自社の会議室での実施やポリテクセンター等の外部の研修施設の利用など、お客様の要望に応じた対応が可能です。

Q

誰が教えてくれるのですか?

A

訓練は、機構が民間機関等に委託して実施します。

お問い合わせ先

ポリテクセンター高知 生産性向上人材育成支援センター(生産性向上支援訓練担当)

 住所:〒781-8010 高知市桟橋四丁目15-68
 TEL:088-833-1324 FAX:088-831-3008
 Mail:kochi-poly02+jeed.or.jp    ※メール送信の際は+を@に変更してください。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る