本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 H2511 既存住宅状況調査の実務<旧コース名:既存住宅の現況検査実践技術> 受付中

訓練日程
12/3,4
実施時間帯
9:15〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
14500円
定員
10名
対象者
不動産業 アフターサービス リフォームに携わる方で既存住宅の状況調査の実践的な知識を深めたい方
訓練内容

国土交通省は、中古住宅の不動産流通・リフォーム市場の規模の拡大を進めています。中古住宅の売買において、消費者は、物件の状態やその品質に不安を持っており、状況調査が売買時に重要な役割を果たします。このコースは、状況調査のポイントや契約や説明時のトラブル回避などロールプレイや調査実習から習得することを目標としています。

1.既存住宅流通の現状
 (1)不動産流通市場の現状と国交省の施策
 (2)インスペクションガイドライン
 (3)宅地建物取引業法(宅建業法)改正と既存住宅状況調査(建物状況調査)
 (4)既存住宅売買瑕疵保険との関係

2.宅建業法上の業務
 (1)媒介契約締結時に行う業務
 (2)重要事項説明時に行う業務
 (3)売買契約締結時に行う業務

3.宅建業法上の業務の流れと注意点
 (1)申込から契約手続き(媒介契約締結から売買契約締結まで)の流れ
 (2)ロールプレイで確認する注意とトラブル防止対策

4.既存住宅の状況調査実務の概要
 (1)既存住宅状況調査(建物状況調査)の実務とは
 (2)全体の業務の流れ
 (3)委任契約の内容
 (4)調査の位置づけ
  イ.調査業務フロー
  ロ.調査の依頼・契約
  ハ.委任契約のロールプレイで確認する注意点とトラブル防止対策
 (5)関連法令、守秘義務
 (6)既存住宅状況調査実務
  イ.状況調査の実施・記録
  ロ.木造住宅の調査のポイント
  ハ.RC造住宅の調査のポイント

5.既存住宅状況調査実務と結果報告(重要事項説明)
 (1)既存住宅状況調査方法基準に基づく調査について
 (2)木造(鉄骨造を含む)の調査実務
  イ.外部
  ロ.内部
 (3)鉄筋コンクリート構造の調査実務
  イ.外部
  ロ.内部
 (4)調査報告書作成
  イ.写真・添付資料
  ロ.調査対象となる部位が存在しない場合
  ハ.劣化事象について
 (5)調査結果の読み方
  イ.調査結果の読み方
  ロ.調査結果の説明の仕方
  ハ.調査事業者としてのフォロー

使用機器・教材
検査機器一式
持参品・服装
電卓、作業用帽子、作業に適した服装
実施場所
ポリテクセンター関東
備考
予定講師:一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会 講師
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る