本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声


電気制御技術科(旧:生産システム技術科)


生産システム技術科修了生を採用した企業の声&修了生の声

株式会社 神鋼エンジニアリング&メンテナンス

所在地:(機械本部・計電本部)兵庫県加古川市金沢町1(株)神戸製鋼所 加古川製鉄所内
代表取締役社長:佐藤 孝彦
事業内容:機械設備に関する設計・製作・工事・エンジニアリング、点検・整備・設備診断、省エネ診断/電気・計装設備に関する設計・エンジニアリング、電気工事、点検・整備、中性子水分計、中性子ホウ素計、アナログメータ読み取りソリューション/情報システムに関するシステムエンジニアリング・メンテナンス、環境関連システム、一般向けシステム/機器設計・製作など
企業HP
http://shinkoen-m.jp/index.html


株式会社 神鋼エンジニアリング&メンテナンス 整備工事部 計電整備室長(現 計電工事室長) 住野 稔彦さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の修了生を採用していただいた理由についてお聞かせください。

A

以前から求人票を送付していましたが、当社への応募がなかったので、当社のことをより知ってもらうために職場見学会を開催しました。その職場見学会の参加者からご応募いただいたのがきっかけです。

Q

ポリテクセンター加古川の修了生を採用したメリットがあればお聞かせください。

A

基本的な知識と技術を習得しているところです。具体的には、電気工事士取得レベルの基礎知識を有している、シーケンス回路を理解している、簡単なPLCを触ることができるなどです。

Q

ポリテクセンター加古川の受講生に対する要望やご意見をお聞かせください。

A

すべての仕事がポリテクセンターで学んだことだけでできるわけではないですが、ポリテクセンターでの職業訓練は自分がやりたい仕事を見つけるきっかけとして活用し、貪欲に技術を習得してほしいと思います。

Q

最後に、ポリテクセンター加古川の受講生にメッセージをお願いします。

A

ポリテクセンター加古川での訓練受講の動機より、学んだ後のやる気を大事にしてください。やる気があれば、それに向けて自ら行動するようになり、どん欲に技術を習得しようとします。それができれば技術者として成長することが出来ます。たくさんの求人が来るかと思いますが、目先の条件だけに捉われることなく自分に合った会社を見つけてください。
当社でもポリテクセンターの修了生に大きな期待をしております。やる気のある方のご応募お待ちしております。

生産システム技術科 H30年9月修了生 黒田 大樹さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の職業訓練を受講した理由についてお聞かせください。

A

職業訓練を受講して転職した知人の話を聞いて、ポリテクセンターのことを知りました。実際に説明会や施設見学会に参加し、転職活動をするうえでよい環境だと思ったので受講を決めました。
生産システム技術科を選んだ理由は、シーケンス制御や電気工事に興味があったからです。

Q

前職はどのような仕事でしたか?

A

金属加工会社にてメッキ加工などを行っていました。

Q

訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

幅広い年齢の方が職業訓練を受講されていたので、いろいろなお話を聞くことができ、また、同じ資格取得への目標をもって学べたことが良かったと感じています。

Q

現在の会社に就職を決めた理由と担当している業務についてお聞かせください。

A

受講していた科の先生の勧めもあり、説明会に参加して会社の雰囲気を知ることができました。その後も面接を通して、会社の安全に対する意識の高さや、福利厚生がしっかりしているところが良いと思い入社を決めました。
現在は、環境計測器の点検、整備、校正作業に主に従事しています。神戸製鋼所加古川製鉄所に設置してある環境計測器は排ガス分析計、pH計、流量計、騒音計などたくさんあり、今は先輩方の補助が主な役割ですが、一人で任せてもらえる作業も増えてきてやりがいを感じます。

Q

現在の仕事に活かされている訓練内容や、もっと身につけておけば良かった内容はありますか?

A

計測器の点検や部品交換などで解結線作業やテスターを使用する機会があるので、電気工事に関する訓練が役に立っています。

Q

現在の仕事をしていて楽しかったことや、辛かったことをお聞かせください。

A

職場の雰囲気も良く、とても働きやすい環境です。また、前職の経験を考慮し配属していただいたので仕事に馴染みやすかったことが良かったです。辛かったことは特にありませんが、電車やバスの通勤が初めてだったので、慣れるまでは時刻表に合わせて行動することが大変でした。

Q

今後の仕事に関しての目標を教えてください。

A

第一種電気工事士や計装士など会社が推奨している資格などを取得することを目標に、今後もスキルアップを目指し勉強していきたいと思っています。

Q

最後に、ポリテクセンター加古川での訓練受講を検討している方にメッセージをお願いします。

A

ポリテクセンター加古川は、知識の習得や就職活動を行う環境が整っています。転職したいが次の仕事に迷っている方は、説明会などに参加して訓練内容を知ればやりたい仕事が見つかるかもしれません。頑張ってください!

生産システム技術科 H30年9月修了生 前田 真吾さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の職業訓練を受講した理由についてお聞かせください。

A

職業訓練のことは、ハローワークでパンフレットを見て知りました。以前からPLCに興味があったので、生産システム技術科の受講を決めました。

Q

前職はどのような仕事でしたか?

A

製造業にて生産オペレーターをしていました。

Q

訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

第二種電気工事士の資格を取得できた事がうれしかったです。筆記試験や実技について丁寧に教えていただいたおかげで合格できたと思っています。また、同じ科の受講生と相談しあったり、楽しみながらPLCの勉強が出来たので、6ヶ月間の受講期間はあっという間に過ぎてしまいました。

Q

現在の会社に就職を決めた理由と担当している業務についてお聞かせください。

A

神鋼グループということで、安定している企業だと思ったからです。また、職場見学会に参加し、従業員を大切にしている企業だと感じたことや、電気関係の仕事が未経験の私にとって多くのことを学べ成長できる企業だと思ったので、入社を決めました。

Q

現在の仕事に活かされている訓練内容や、もっと身につけておけば良かった内容はありますか?

A

電気関係の仕事ということもあり、電気工事に関する訓練はとても役に立っていると思います。

Q

現在の仕事をしていて楽しかったこと、辛かったことをお聞かせください。

A

全く経験がない業界、職種のため、周囲に迷惑をかけてしまうこともありますが、少しずつ出来ることが増えていき、成長している自分をうれしく思っています。

Q

今後の仕事に関しての目標を教えてください。

A

今後は、出来る仕事を増やし、周りの手本となれる人材になっていきたいです。

Q

最後に、ポリテクセンター加古川での訓練受講を検討している方にメッセージをお願いします。

A

生産システム技術科では、電気の基礎やPLCなどについて勉強することができ、それらの訓練内容について丁寧に教えていただけます。私は以前、現在の仕事とは全く関係のない業種で働いていましたが、職業訓練で学び、この業種に挑戦できたことは間違いではなかったと思います。訓練受講を検討している方も、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

生産システム技術科 H30年9月修了生 丸尾 真琴さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の職業訓練を受講した理由についてお聞かせください。

A

求職活動中にハローワークに貼ってあった募集ポスターを見て、ポリテクセンター加古川の職業訓練を知りました。高校生の時、シーケンス3級を取得しましたが、それを活かした仕事をしたことがなく、そこで、生産システム技術科でもう一度シーケンス制御を勉強し直し、基礎知識を高めたいと思ったことが受講を決めた理由です。

Q

前職はどのような仕事でしたか?

A

物流会社でフォークリフトでの荷物の積み下ろしや在庫管理作業をしていました。

Q

訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

電気やシーケンスの基礎知識が全く無かったため、覚えるのに苦労しました。しかし、クラスの雰囲気はとても明るく、最初から最後まで楽しく訓練を受講できました。

Q

現在の会社に就職を決めた理由と担当している業務についてお聞かせください。

A

訓練で学んだ内容が役に立つと思ったことが入社の決め手となりました。
現在は、担当しているエリア内での制御盤や機器類の突発修理作業と、PLCの更新作業に従事しています。

Q

現在の仕事に活かされている訓練内容や、もっと身につけておけば良かった内容はありますか?

A

シーケンス制御の図面、自己保持回路、配線の圧着作業、PLCの基礎ラダー図の見方が役に立っています。

Q

現在の仕事をしていて楽しかったこと、辛かったことをお聞かせください。

A

作業が日々違う内容のものが多く、理解するのに苦労しています。

Q

今後の仕事に関しての目標を教えてください。

A

日々勉強して、一人前の電気職人になれるよう頑張っていきたいです。

Q

最後に、ポリテクセンター加古川での訓練受講を検討している方にメッセージをお願いします。

A

電気やシーケンス関係の仕事に就きたい方にとって、生産システム技術科は良い訓練科だと思います。また、ポリテクセンター加古川は、第二種電気工事士やその他の資格取得に向けての勉強も集中して取り組め、就職活動も積極的に行える環境がある良い場所であると感じます。

▲ページの先頭へ戻る

生産システム技術科修了生を採用した企業の声&修了生の声

株式会社 コバックス

所在地:兵庫県明石市小久保2-8-3
代表取締役:石戸 洋
事業内容:業務請負事業 設計請負—機械設計・製図、電気設計・製図等、人材派遣事業—機械設計業務・電気設計業務・機器操作業務、有料職業紹介事業
企業HP:
http://www.koba-kk.co.jp/
企業外観

株式会社 コバックス 専務取締役 川上 勝さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の修了生を採用していただいたきっかけについてお聞かせください。

A

当社の主業務である発電プラントの機械設計及び電気設計の作業量が長期的に増加する見通しとなり、ポリテクセンター加古川の修了生を採用し、技術力及び組織の強化を図っています。

Q

ポリテクセンター加古川の修了生を採用したメリットがあればお聞かせください。

A

特に機械設計では3D CADと、生産システム技術科ではPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)の訓練は、実務にあたらせても問題なく出来るので、早期戦力化に向け大変助かっています。

Q

訓練修了生の勤務状況はいかかですか?

A

皆さん真面目に働いています。定着率についても、配置転換等した方はいますが、ほぼ100%に近い状態です。

生産システム技術科 平成29年3月修了生 宮﨑 敏朗さんにお話を伺いました

Q

ポリテクセンター加古川の職業訓練をどのようにして知りましたか?

A

ハローワークの紹介を受けて知りました。

Q

前職はどのようなお仕事でしたか?

A

インフラ設備(発電所)製造工場での技術職をしていました。

Q

訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

主にPLC等を使った制御関係の訓練かと思っていましたが、電気工事の授業から始まり、制御だけでなくソフト・ハード両方の知識を身につけられたと思います。特に興味を持ったのは、PLC制御やタッチパネル作成の訓練でした。

Q

現在はどのようなお仕事に携わっていますか?

A

主に電気設計・機械設計・図面の作成及び三菱PLCソフトやタッチパネルソフトの作成補助をしています。

Q

現在の仕事に活かされている訓練内容や、もっと身につけておけば良かった内容はありますか?

A

今のところ、訓練内容の中では特に有接点シーケンス、PLC制御、タッチパネルの訓練内容が活かされています。しかし、ハード設計を行う上で、もう少し電気工事の訓練内容を身につけておけば良かったと思います。

Q

最後に今後の仕事に関しての目標をお聞かせください。

A

PLCやリレー等の制御機器についての知識と、ラダー、タッチパネル等のソフトの組み方の経験を今後身につけていきたいです。また、誰が見ても分かりやすい図面、ソフトを作成できる設計者になりたいと思っています。

▲ページの先頭へ戻る

生産システム技術科修了生を採用した企業の声&修了生の声

森合精機株式会社

所在地:兵庫県明石市二見町南二見10番2
代表取締役:森合 政輝
事業内容:各種配電盤の設計、製作、施工、電機設備のメンテナンス、その他付随する業務
企業ホームページ:
http://www.morigoseiki.co.jp/
企業外観

森合精機株式会社 事業部長 若松 郁夫さんにお話を伺いました。

Q

ポリテクセンター加古川の修了生を採用していただいたきっかけについてお聞かせください。

A

受注が増えたことと機械の多様化により、技術職の仕事が増え人員補強が必要となりました。即戦力にできるだけ近い人材を求めていましたが経験者が少なかったため、基礎を学んでいるポリテクセンター修了生の採用を試みました。

Q

ポリテクセンター加古川の訓練修了生を採用したメリットがあればお聞かせください。

A

技術的な基礎知識はもちろん社会経験もあるため、採用後の教育時間を短縮できる点です。

Q

今後、ポリテクセンター加古川へのご要望やご意見についてお聞かせください。

A

幅広い教育訓練を実施される意図は理解しておりますが、採用する側としては、シーケンサー制御や3DCAD等の、より業務に近い技術について、より長い時間をかけて教育していただければと思います。

生産システム技術科 平成26年3月修了生の方にお話を伺いました。

修了生写真1
Q

ポリテクセンター加古川をどのようにして知りましたか?

A

求職活動中に、母に勧められて知りました。

Q

職業訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

初心者でも理解できる内容で先生方が教えて下さり、私でも理解できました。また、パソコンは1人に1台あり、実習装置も1人1台ではなくても少人数で使用できる等、勉強する環境に恵まれていました。訓練のカリキュラムも、電気基礎→プログラム基礎→電気(ハード制御)→電気(ソフト制御)→制御盤製作 と理解しやすいように組まれていて良かったです。最後の制御盤製作が私には一番必要だったのですが、あまり時間が取れなかったのが残念です。

Q

今の仕事に訓練はどのように活かされていますか?

A

最近業務でインバータを使ったのですが、その際にもインバータを動かすには回転方向の信号と回転数の信号が必要だということをポリテクで学んでいて良かったと感じました。もちろん、訓練で学んだ内容だけでは仕事にはなりませんが、基礎にはなりました。また、変に独学で踏み込んでしまうと癖がついてしまったり苦労する壁にぶつかることと思います。しかし、教えることのプロの先生方に学びましたので、そのようなことはないと自負しております。

Q

最後に今後の仕事に関しての目標を教えてください。

A

社内で自分のできる仕事を増やすことです。次に、先輩と上司に追いつき追い越すことです。劣化コピーにならないため、仕事を完全に真似るのではなく、より良くするにはどうすればいいかを考えたいです。最後に、ライバルは世界だということです。自社の電気設計チームが他社に技術で負けないように、争うのは他社と、社内ではより良くするためには?と考えて成長していきたいです。

生産システム技術科 平成25年9月修了生 松本 修治さんにお話を伺いました。

松本さん写真
Q

ポリテクセンター加古川をどのようにして知りましたか?

A

就活中、ハローワーク加古川でポリテクセンターによる職業訓練の貼り紙を見ました。その中の生産システム技術科について、前職のITの知識や経験が活用できるかと考えました。

Q

職業訓練を受講した感想をお聞かせください。

A

電気の基礎からリレーシーケンス、三菱電機製のPLCを利用した実習の多さが印象的でした。半導体や言語などについてはITの知識が活用でき理解できましたが、それ以外は初めての経験でついていくのに必死でした。先生方に熱心に指導していただき、なんとか身につけることができたと感じました。

Q

今の仕事に訓練はどのように活かされていますか?

A

現在の職場では洗浄装置の電気設計を行っております。よって、電気の基本知識やPLC(タッチパネルやCC-Link含む)のソフト作成、ソフト調整に経験が活きました。配線を行うこともありますので、リレーシーケンスの知識も活用しています。また、訓練でも勉強したCADですが、設計で使うことも多いです。CADは訓練で苦手だと感じていたので、もっと頑張るべきでした。

Q

今後の仕事に関しての目標を教えてください。

A

職業訓練でも学んだサーボモータはこの職場でも利用しますが、まだ私には早いらしく下積み段階です。職業訓練で得た知識だけで十分ではないので、もっと広く知識を勉強し、スムーズに活用できるようにしていきたいと考えています。

▲ページの先頭へ戻る

「企業実習が御縁で実習生の就業意欲と勤勉さを知りました」

大栄電機株式会社

所在地:神戸市西区高塚台3丁目2番地53号
代表取締役:阿知波 規之
創業:昭和38年6月20日
資本金:5000万円
従業員数:35名
事業内容:高・低圧受変電設備、電子応用機器などの設計・製作・施工・販売、一般電気工事ほか

企業外観写真

代表取締役 阿知波 規之氏の声

阿知波氏写真
Q

ポリテクセンター加古川の訓練修了生を採用したきっかけについてお聞かせください。

A

以前より、訓練生求職情報一覧表を定期的にお送りいただいておりましたのと、訓練生の企業実習を受け入れていたこともあり、実習生の就業意欲と勤勉さはよくわかっておりました。そこで、弊社も即戦力が欲しいところではありましたが、少し時間をかけて育てたい人材として採用させていただきました。昨今、有資格者の必要性が顧客要求として多くなってきており、訓練期間中に第1種、第2種電気工事士の資格を奨励され、頑張って取得された実習生を採用する事により、有資格者が増え、営業展開、社内活性化に大きくプラスになると考えます。

Q

訓練修了生の勤務状況はいかがですか。

A

勤勉、実直で遅刻もなく、制御盤の組立、配線や社外での電気設備工事等に従事して戴いています。3年前に入社した方(電気設備科平成19年6月修了生)は、1人で出張に行ったり、ほぼ1人前として勤務できるようになってきております。1年目の方は、まだ先輩に同行したり、一緒に盤を組んだりしておりますが、序々に慣れてきており、これからの成長に期待しております。

Q

今後、ポリテクセンター加古川へのご要望やご意見についてお聞かせください。

A

実際の仕事とは異なり、広く浅くといった内容になるとは思いますが、ある部分は深く、得意分野をPRできるようになれば(資格取得も含めて)就職活動に有利になるかと思います。また、技術者の方は、コミュニケーションを取ることが苦手なケースが多いので、質問や提案といった積極的に人と接するスキルも身につけて戴けますと、将来会社の中心となって引っ張っていく人材となって戴けるものと期待しております。

▲ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る