本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 1M100 生産現場に活かす品質管理技法(表計算ソフトによるQC7つの道具活用編) 受付を終了しました

訓練日程
7月8日(水)、9日(木)、10日(金)
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
18時間
受講料
10,000円
定員
10名
対象者
生産効率や品質向上に関し業務改善等の業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)訓練の目的
(2)専門能力の確認
(3)安全上の留意事項

2.品質管理概要
(1)品質管理、品質保証、品質改善(問題解決)
(2)品質管理の重要性
(3)モノづくり部門のQC的見方・考え方
(4)データの取り方とまとめ方

3.統計的手法を活用した製造・検査工程の品質向上
(1)製造業における統計手法の重要性
  イ.製造ラインで作る製品の品質を知るための工程能力指数
  ロ.製造業における品質予測の重要性
(2)製造ラインにおける分散と標準偏差
  イ.製造ラインの工程能力
  ロ.標準偏差を活用した製造ライン状態の分析
(3)正規分布
  イ.製造ラインにおける製品検査データの分布について
(4)推測統計
  イ.サンプリング結果の信頼性の評価法
(5)相関
  イ.製造現場で用いるサンプル値の標準化手法
(6)管理図を活用した製造工程の状態分析
  イ.製造工程データより正常・異常を判断する方法と実例
  ロ.製造工程で起きる品質の変化

4.生産現場に活用できる応用課題実習
(1)受講者の製造現場で発生している品質管理上の問題点の整理
(2)受講者の製造現場での問題点に対する具体的解決策
  イ.品質管理方法を変更した具体的な解決策
  ロ.実行計画書素案の作成、発表、グループ討議 例)フライス盤等を用いた現場での解決策の実施と検証
  

5.まとめ
(1)質疑応答
(2)まとめ
(3)講評・評価

使用機器・教材
電卓、工作機械
持参品・服装
筆記用具、定規
実施場所
ポリテクセンター北海道
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る