本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ものづくりプログラム科(導入講習・企業実習付コース)


訓練の概要

  • ものづくりをサポートするための生産支援システムを構築する技能・技術を習得します。
  • 生産設備の制御技術、C言語、Java言語、AndroidOSを用いたアプリ開発技術を習得します。
  • ネットワークを通じて生産システムとIoTを連携するための技能・技術を習得します。
  • 「企業実習」を通じて、現場で必要となる技能・技術を習得します。

カリキュラム内容

1. PLC制御技術

 PLCを用いて生産設備を制御する技術の基礎を習得します。

PLC制御技術

2. 生産システム制御開発技術

 プログラミング言語の基礎となるC言語および、Java言語を習得します。両方の言語が、後の実習で必要となるプログラミング技術の基礎となります。

ネットワーク制御の図

3. 工場内ネットワーク構築技術

 TCP/IPを用いた構内ネットワーク構築技術、及びネットワークと連携した生産支援システム・ソフトウェア及びデータベースの構築方法を習得します。

ネットワーク構築中訓練風景

4. 多機能通信端末デバイス制御プログラミング

 AndroidOSを搭載したタブレット端末のプログラミングを習得します。タブレット端末から生産設備を監視・操作・連携するための技能・技術を習得します。

タブレット端末のプログラミング画面

5. 企業実習

 関連企業にて企業実習をおこない、現場の業務の流れを体験し実務で必要な技能・技術及び関連知識を習得します。

企業実習の様子

6. フォローアップ訓練

 企業実習後のフォローアップ(振り返り)として、企業実習の課題や疑問点を整理し、不足の技術を補足し、実務での問題解決の手法を習得します。

フォローアップ訓練の様子

受講条件

  • 過去のプログラムに係わる事前知識及び経験
     プログラムの訓練は基礎から行いますので、事前のプログラム知識は不要ですが、少しでもプログラム知識のある方は、より多くの訓練効果が期待できます。このためプログラム知識の無い方は、事前に書類やインターネット等でプログラムの基本を理解しておくと良いでしょう。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
     特に必要ありませんが、基本的なパソコン操作ができれば取組みやすいでしょう。
  • 概ね45歳未満の方が対象で、訓練受講前にジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングが必要です。

    各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


修了生の声

 センター内の訓練では、課題をこなすことで基本的な技術を身につけることができました。しかし、身につけた技術が業務とどのように繋がるのかイメージできていませんでした。企業実習では実際に開発を行う中でレビューを頂き、自分に足りない部分を補うとともに、技術とイメージをリンクさせることができました。自分自身の限界を知り、成長に役立ちました。


担当テクノインストラクターの声

 企業実習では、実際にシステムの改良や開発を行います。そこで大事になってくるのは自分が何をやりたいかということを決めておくことです。やりたいことと、実習内容が一致していないと満足のいく企業実習とはなりません。1か月もありますから、入所前からしっかり決めておきましょう。我々は皆さんが満足のいく実習ができるように協力いたします。


修了生の就職事例

人材派遣業(女性40代)→ ソフトウェア開発(Webシステム)
一般事務 (女性30代)→ ソフトウェア開発(組込み開発)
飲食業  (男性30代)→ ソフトウェア開発


賃金情報

常用雇用 16万~22万円


訓練カリキュラムに関連する資格

  • Java言語プログラミング能力認定試験(サーティファイ情報処理能力認定委員会)
  • 基本情報技術者(独立行政法人情報処理推進機構)

訓練に必要な経費

●受講料 無料 テキスト代:14,000円程度(作業服等は別途)

●作業服等
各自で準備していただきます。※指定色はありませんが、派手な色合いの作業服は不可です。

●職業訓練生総合保険
企業実習を実施しますので、必ず加入していただきます。
7ヶ月訓練:5,350円(2017.4月改定)


使用するアプリケーション

  • 言語:C,C#,Java
  • 統合開発環境(Eclispse,Visual Studio,Android Studio等)
  • GX Works2
  • OS:Windows7/10,Linux(Ubuntu),Android OS(6.0/7.0)

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る