本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科(導入講習・企業実習付コース)


訓練の概要

  • 電気の職人として現場で作業を行うための基本的な知識と各種施工技術を習得します。
  • 電気設備(電気工事・制御・消防)の設計や点検を行うための各種設計技術を習得します。
  • 「企業実習」を通じて、現場で必要となる技能・技術を習得します。

カリキュラム内容

1. 電気配線工事

 電気の基礎知識から始め、工具や機器の名称や特徴・図面の読み方と基本作業について習得します。

電気配線工事の様子

2. 電灯配線工事

 電気配線工事で習得した施工技術を使い、より実践的な管工事及び配線工事を行います。主に木造家屋への施工技術を中心に習得します。

電灯配線工事の様子

3. シーケンス制御技術

 有接点シーケンス制御の基本を習得します。さらに、身につけた制御技術の基本を各種設備に応用する手法と設計方法についても習得します。

シーケンス制御技術の研修様子

4. PLC制御及び消防設備工事

 PLC制御では、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の基本動作と使用方法を習得します。消防設備工事では、自動火災報知設備について、消防法や施工方法などを習得します。

消防設備工事の機器

5. 企業実習

 企業実習では実際の工事現場での体験を通して、それまでに訓練で習得したことを実践・検証することができます。また、訓練では学べなかった実践的なノウハウや仕事の流れについても習得することができます。

企業実習の様子

6. フォローアップ訓練

 企業実習における課題や疑問点について解決し、実務における問題解決の手法を習得します。


受講条件

  • 過去の経験
     特に必要ありません。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
     電気回路や配電設計において、計算が必要となります。具体的には、平方根(ルート)や三角関数(sin・cos)程度を学習しておくことが望ましいです。論理的に考える能力があれば、設計や施工もスムーズに行えます。
  • 概ね45歳未満の方が対象で、訓練受講前にジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングが必要です。

    各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


修了生の声

 電気工事の仕事で社会貢献したい気持ちと、企業実習で現場作業を体験できることからこちらのコースの受講を決めました。安全に注意した分かりやすい説明の授業で技術や技能が身に付き毎日が充実していました。また訓練の電気工事や消防設備の授業があり、資格試験対策の知識も身につき大変ありがたかったです。


担当テクノインストラクターの声

 訓練は電気工事に重点を置いていますので、電気工事士として就職する方が多いです。ただし、消防設備や自動制御の内容も学ぶため、消防設備関係やビルメンテナンス、CADオペレータに就職する方もいます。訓練内容はすべて基本から学ぶため、電気の知識が全くない方も安心して訓練を受けていただけます。


修了生の就職事例

CAD製図データ加工業務(男性30代)→ 電気工事士
接客サービス (男性40代)→ 機械メンテナンス
介護事業   (男性30代)→ 電気工事士
廃棄物処理業 (男性20代)→ ビルメンテナンス


賃金情報

常用雇用 16万~21万円


訓練期間中に取得できる資格

  • 低圧電気取扱業務に係る特別教育

訓練カリキュラムに関連する資格

  • 第二種電気工事士(一般財団法人電気技術者試験センター)
  • 消防設備士乙種第四類(一般財団法人消防試験研究センター)

訓練に必要な経費

●受講料 無料 テキスト代:15,000円程度(作業服等は別途)

●作業服等
各自で準備していただきます。※指定色はありませんが、派手な色合いの作業服は不可です。

●職業訓練生総合保険
企業実習を実施しますので、必ず加入していただきます。
7ヶ月訓練:5,350円(2017.4月改定)

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る