本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅リフォーム技術科(標準コース)


訓練の概要

  • 建築の基本知識に加え、図面を描くための建築2次元CADのスキルを習得します。
  • 空き家や中古住宅に対して、設計・施工ができるリフォームに必要なスキルを習得します。
  • リフォームだけではなく、新築からリフォームまで一貫した施工スキルを習得します。

カリキュラム内容

1. 住宅構造・法規と設計業務

 住宅の構造、建築法規に関する知識と設計業務に関する技能及び関連知識を習得します。

木造住宅の構造の図

2. 住宅図面作成技術

 平面図、立面図及び矩計図を通して、建築CADによる図面作成に必要な技能・技術及び関連知識を習得します。

2次元CADをパソコンで学ぶ様子

3. 高齢社会と住環境

 社会福祉や介護保険制度、高齢者の疾病などを理解し、住環境整備技術の技能・技術及び関連知識を習得します。

車椅子体験する様子

4. 構造部材加工技術

 木工事に関する工具の取扱いと構造部材加工組立に必要な軸組作成に関する技能・技術及び関連知識を習得します。

みんなで模擬家屋を組み立てる様子

5. 内装施工及び改修

 クロス仕上げ、フローリング施工、サッシ取付け、サイディング施工等を通して内外装に必要な技能・技術及び関連知識を習得します。

内装施工の様子

6. 外部仕上げ・解体工事

 外壁下地、外壁仕上げ施工技術及び解体工事について安全意識の向上、安全作業に関する技能・技術を習得します。

リフォームされた様子

受講条件

  • 過去のCADおよび木造部材加工の経験
     特に必要ありません。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
     CAD作業にはパソコンを使用しますので、パソコンを操作(ワープロソフトなど)のスキルが不足している方は、自習又は補習で習得していただきます。
  • 各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


修了生の声

 色々なことを経験された方々と、同じ就職という目標に向かって、とても楽しく学ぶことができました。住宅の作り方や福祉住環境のこと、これからの建築のことなど建築に関わる知識を豊富に身に付けることができました。また一度完成させた住宅を、自分たちで計画しリフォームする実習は、とても勉強になりました。今の仕事にも役立っています。


担当テクノインストラクターの声

 住宅業界ではリフォーム需要が高まっています。住宅関連大手会社も相次いでリフォーム事業に乗り出しています。当科では、座学で住宅計画や構造などの住宅の基本知識を学びます。実技実習では、在来軸組工法の木造住宅の新築・改修をすることにより、施工技術はもちろんのこと、作業工程や安全管理についても学びます。住宅業界にチャレンジしたいやる気のある方大歓迎です。


修了生の就職事例

一般事務   (女性 40代) → 建設業 建設会社事務
営業     (男性 30代) → 建設業 施工管理
小売業    (女性 40代) → 建設業 CADオペレータ
食品営業   (男性 40代) → 建設業 内装施工
事務     (女性 40代) → 建設業 施工管理


賃金情報

常用雇用 16万~22万円


訓練期間中に取得できる資格

  • 丸のこ等取扱い作業者安全衛生教育
  • 足場の組立て等の業務に係る特別教育

訓練カリキュラムに関連する資格

  • 福祉住環境コーディネーター(東京商工会議所)
  • 建築CAD検定試験(一般社団法人全国建築CAD連盟)

訓練に必要な経費

●受講料:無料 テキスト代:9,000円程度(作業服等は別途)

●作業服等
各自で準備していただきます。※指定色はありませんが、つなぎや派手な色合いの作業服は不可です。

●職業訓練生総合保険
万が一の災害に備え、安心して訓練を受けられるように設定された保険です。任意加入ですが、加入することをお勧めします。
6ヶ月訓練:4,800円(2017.4月改定)


使用するアプリケーション

  • AutoCAD 2020

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る