本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科(標準コース)


訓練の概要

  • 電気の職人として現場で作業を行うための基本的な知識と各種施工技術を習得します。
  • 電気設備(電気工事・制御・消防・通信)の設計や点検を行うための各種設計技術を習得します。

カリキュラム内容

1. 電気配線工事(基本)

 電気工事の基礎知識から始め、工具や機器の名称や特徴・図面の読み方と基本作業について習得します。

電気配線工事の様子

2. 電気配線工事(応用)

 建築物に電気工事を施工するための管工事をはじめとした応用的な設計と施工方法について習得します。

電灯配線工事の様子

3. 住宅配線工事及びCAD活用技術

 住宅配線に必要な設計と施工の技術を習得します。Jw_cadを活用した電気設備図面の作成に関する技能・技術を習得します。

住宅配線の様子

4. 消防設備工事及び情報配線工事

 消防設備工事では、自動火災報知設備について、消防法や施工方法などを習得します。情報配線工事では電気設備に含まれる通信設備(電話及びLAN)に関する技能・技術を習得します。

消防設備工事の様子

5. シーケンス制御技術

 エレベータやベルトコンベアに用いられる自動制御技術(シーケンス制御)の設計と組み立てに必要な技術を習得します。

シーケンス制御の様子

6. PLC制御技術及び高圧受電設備

 PLC制御ではプログラマブルロジックコントローラ(PLC)の基本動作と使用方法を習得します。高圧受電設備では、基礎知識(結線図、構成機器、機器の役割)と各継電器の試験方法について習得します。

高圧受電設備を操作する様子

受講条件

  • 過去の電気工事経験
    ・特に必要ありません。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
    ・電気回路や配電設計において、計算が必要となります。具体的には、平方根(ルート)や三角関数(sin・cos)程度を学習しておくことが望ましいです。
    ・論理的に考える能力があれば、設計や施工もスムーズに行えます。
  • 各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


修了生の声

 現在、一般住宅の屋内配線(電気工事士)をしています。前職とは全く異なる業界でしたが、訓練を受けてこの仕事に就くことができました。初めての内容ばかりで覚えるのがやっとな時期もありましたが、先生に質問しやすい環境と他の受講者との協力もあり、技術や知識を習得することができました。訓練の経験は現在の仕事で大いに役立っています。


担当テクノインストラクターの声

 生活するうえで無くてはならない電気設備について、実習を中心に基本的な技能・技術を身につけます。未経験者を対象とした電気関連の就職を目指しコースです。就職に向けて一緒に頑張りましょう。


修了生の就職事例

医療関係  (男性30代) → 電気工事士
接客業   (男性20代) → プログラマー
飲食業   (男性30代) → 電気工事士
自動車整備業(男性20代) → CADオペレータ
食品製造業 (男性30代) → 電気工事士


賃金情報

常用雇用 15万~20万円


訓練期間中に取得できる資格

  • 低圧電気取扱業務に係る特別教育

訓練カリキュラムに関連する資格

  • 第二種電気工事士(一般財団法人電気技術者試験センター)
  • 消防設備士乙種第四類(一般財団法人消防試験研究センター)

訓練に必要な経費

●受講料:無料 テキスト代:15,000円程度(作業服等は別途)

●作業服等
 各自で準備していただきます。※指定色はありませんが、派手な色合いの作業服は不可です。

●職業訓練生総合保険
万が一の災害に備え、安心して訓練を受けられるように設定された保険です。任意加入ですが、加入することをお勧めします。
6ヶ月訓練:4,800円(2017.4月改定)


使用するアプリケーション

  • GX Works2
  • Jw_cad

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る