本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 SX111 測定データの活用技術(QC編) 終了

訓練日程
5/29(水)、30(木)、31(金)
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
18時間
受講料
12,500円
定員
10名
対象者
製造業務に従事する方
訓練内容

1.品質管理概論
(1)品質管理の重要性と期待される効果
(2)業務の生産性及び品質改善・向上に対する考え方
(3)統計学と品質管理
2.製造業における統計解析手法の概要
(1)製造業務における品質管理データ処理と統計解析手法
(2)記述統計と推測統計
3.統計解析と解析結果からの問題発見実習
(1)品質管理評価データの標準化
(2)品質管理データに関する相関分析と問題発見実習
 イ.平均値、標準偏差、分散散布図を活用した問題発見
 ロ.共分散、相関関係を活用した問題発見
 ハ.度数分布表、ヒストグラム サンプリング法等を活用した問題発見
4.管理図を用い製造工程の管理
(1)管理図の種類と用途
(2)管理図の作成方法
(3)管理図の見方と製造工程の問題発見
5.工程能力とその活用
(1)工程能力指数の意味と理想的工程能力指数
(2)工程能力指数による製造工程の問題発見
6.旋盤加工部品の寸法値に対する検定と推定の実習
(1)実習課題「旋盤加工部品の直径データを対象とした推定と検定」
 イ.旋盤加工部品の直径寸法等に対する推定・検定
 ロ.製品精度、製品不良率の推定・検定
  ①統計的検定
  ②母平均・母比率・母分散に関する推定と検定
7.旋盤加工部品の測定に対する自動化とデータ処理の実習
(1)データ入力の自動化(自動計測)導入のメリット・必要性
 イ.旋盤加工部品の直径寸法等に対する推定・検定
(2)自動計測演習(VBAによる自動計測プログラム作成実習)
   マイクロメータによる外径寸法の自動計測
8.まとめ

使用機器・教材
パソコン、表計算ソフト、デジタル計測器
持参品・服装
定規(15〜20cm)、電卓(ルート機能付き)、筆記用具
実施場所
ポリテクセンター群馬
備考
[旧コース名]
測定データの活用技術(QC編)
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る