MENU

学生がお金を借りる方法。注意点などを伝授 

学生がお金を借りる

学生の方で親の仕送りをもらっていたり、アルバイトでお金を稼いでいたりしても、お金が足りないと困っている方は多いはずです。

生活資金がそもそも足りていなかったり、旅行や欲しい物があったりしてお金が必要な場合には、お金を借りるという選択肢もあります。

しかし、「学生でもお金を借りることは可能なの?」と思っている方は多いでしょう。

そこで今回は学生がお金を借りる方法について解説していきます。

目次

学生がお金を借りる方法一覧

学生がお金を借りる方法としては以下のようなものが挙げられます。

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
奨学金制度 なし 生活費、授業料等 ×
クレジットカードのキャッシング枠 20歳〜 原則自由 ×
郵貯銀行の担保自動貸付 なし 原則自由 ×
銀行カードローン 20歳〜 原則自由 ×
学生ローン 18歳〜 原則自由 ×
消費者金融 20歳〜 原則自由

では、それぞれの方法について1つずつ詳しくみていきましょう。

学費を借りる場合は奨学金制度を使う

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
奨学金制度 なし 生活費、授業料等 ×

学費や生活費など大学に通うためのお金が足りないという場合には奨学金制度を利用するのが最もおすすめです。

使用用途は限定されてしまいますが、審査などにも通過しやすいですし、アルバイトで収入を得ていない場合でもお金を借りることができます。

通常だと年収の1/3以上の借入をすることができないという総量規制があるため、アルバイトをして収入を得ていないとお金を借りることが難しいのですが、奨学金であればそういった規制も関係なくお金を借りられます。

さらに、奨学金制度であれば金利も低いので、卒業後に自分のペースで返済することができます。

もちろん卒業後の進路によっては返済が難しく、奨学金によって破産をする方もいるので利用には注意が必要なのですが、学生でお金を借りる方法としては最も使いやすい制度です。

20歳以上ならクレジットカードのキャッシング枠を使う

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
クレジットカードのキャッシング枠 20歳〜 原則自由 ×

20歳以上の方でクレジットカードを所有している場合には、カードのキャッシング機能を使ってお金を借りるという方法もあります。

キャッシング機能の場合、収入がないとお金を借りることができないので、アルバイトなどで収入を得ていることが条件となります。

クレジットカードのショッピング枠の他にキャッシング枠を設けておけば、急な出費にも対応できますし、コンビニのATMなどで簡単に現金が受け取れるなど利便性もあります。

キャッシング機能を使うには審査に通過する必要があるので、アルバイト程度の収入でも審査に通るように希望金額などを調整して無理のない範囲で使うようにするのがポイントです。

どちらかといえば急な出費に備えて用意しておくと便利な借入方法でもあります。

未成年の方は貸付の対象外となっているので、他の選択肢を検討してお金を借りてください。

郵貯銀行の担保自動貸付なら審査なしで利用可能

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
郵貯銀行の担保自動貸付 なし 原則自由 ×

ゆうちょ銀行の担保自動貸付では、審査を受けずに融資を受けることができるサービスなので、学生の方やアルバイトをしていない方でもお金を借りることができます。

担保自動貸付とは、定額貯金や定期貯金を担保に借入を利用するという仕組みのサービスで、自分の貯金を担保に借入を利用するため、審査を受ける必要がなく、融資に対して収入や返済能力が求められることはありません。

高校卒業までにお年玉などを貯めた口座がある場合は、そちらを利用してお金を借りてみるといいでしょう。

無職の方でも融資が受けられるほど利用しやすいのが特徴なので、他の方法での融資を断られてしまったという人の最後の手段としても利用することができます。

大学までのお金を貯めていた人で、審査に通る自信がない場合にはゆうちょ銀行の担保自動貸付を利用してみてください。

条件を満たしていれば銀行カードローンも低金利でお得

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
銀行カードローン 20歳〜 原則自由 ×

20歳以上の方であれば銀行のカードローンを利用するという選択肢もあります。

銀行カードローンは金利が年率1.8%〜15.0%と低く設定されているのが特徴で、返済時の負担を少なく抑えられるのが特徴です。

ただし、その他の借入方法と比較して審査が厳しい傾向にあるので、できるだけアルバイトをして継続的に収入を得ておくのがおすすめです。

やはり金利が低いと返済時の負担が大きく異なります。金利が5.0%違うだけでも、例えば100万円の借入で5年間をかけて返済した場合、利息だけで15万円の差が生じてしまいます。

銀行カードローンであれば資金の用途は自由なので、どういった目的でも利用することができます。

ただし、学生の方が利用する場合、親にバレる可能性は高いので注意してください。

メガバンク系の銀行カードローンは審査が厳格で学生の方だと融資を断られてしまう可能性がありますが、ネット銀行系のカードローンであれば比較的審査に通りやすいのでおすすめです。

返済の負担をできるだけ減らしたいと思っている方は、銀行系のカードローンを利用してみてください。

未成年でも学生ローンでお金を借りられる

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
学生ローン 18歳〜 原則自由 ×

お金を借りることができるのは成人してからと思っている方も多いかもしれませんが、実は未成年の方でもお金を借りることができます。

学生向けのローンを利用すれば、18歳以上で大学生の方であればお金を借りることができるので、旅行資金などを調達することができます。

ここでは、未成年の方でも利用できるような主な学生ローンを紹介していきます。

主な学生ローンの対象年齢や金利、限度額についてみていきましょう。

サービス名 対象年齢 金利 限度額
フレンド田(DEN) 18歳〜 15.0〜17.0% 1〜50万円
カレッヂ 18歳〜 17.0% 1〜50万円
アイシーローン 18歳〜 10.0〜20.0% 1〜50万円
アミーゴ 20歳〜 14.4〜16.8% 3〜50万円
イー・キャンパス 20歳〜 14.5〜16.5% 1〜50万円
マルイ 20歳〜 15.0〜17.0% 1〜50万円

このように20歳以上からしか使えないサービスもありますが、18歳の方でも利用できるサービスもあるので使ってみるといいでしょう。

1万円単位の細かい借入にも対応してくれるので、ちょっとしたことでお金が足りないとお困りの方でも利用するのがおすすめです。

ただし、奨学金制度のように金利が低いわけではないので、必ず返済の計画を立ててから利用してください。

返済が長期化すると金利の支払いだけで負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

18歳から使える「フレンド田(DEN)」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
フレンド田(DEN) 18歳〜 15.0〜17.0% 1〜50万円

フレンド田(DEN)は、学生ローンの中でも老舗サービスとしても知られているのが特徴で、ネットからの申し込みを通じて即日融資にも対応してくれます。

未成年からの利用も可能なのですが、未成年の場合は親の同意書が必要で、親を保証人に設定しなければならないので忘れないようにしてください。

限度額は1〜50万円までになっており、細かい金額の借入にも利用することができます。

18歳以上の高速以上で大学生や短大生、専門学生などでも利用できますし、予備校生でも利用できるのが特徴です。

金利は15.0%~17.0%と銀行カードローンや奨学金と比較すると高めになっているので、できるだけ短い期間で返済を終えるように計画を立ててください。

少額からの借入にも対応「カレッヂ」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
カレッヂ 18歳〜 17.0% 1〜50万円

カレッジは、高田馬場に店舗がある学生ローンでネットと郵送での契約にたも対応しているので、全国から利用することができます。

セブン銀行ATMを通じてカードを発行することもでき、ATMを通じて返済することができます。

対象年齢は18歳以上となっているので、大学1年生で未成年という方でも利用できますし、1万円単位の少額からでも融資を受けることができます。

ただし、金利は17.0%と少し高めに設定されているので、短い期間で返済し終えられるように計画的な利用をしてください。

旅行や合宿の資金などで数万円単位の借入がしたい場合には、こういった学生ローンを利用してみてください。

低金利で負担が少ない「アイシーローン」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
アイシーローン 18歳〜 10.0〜20.0% 1〜50万円

アイシーローンは、18歳以上の方が利用できる学生ローンで、適用金利が10.0%〜と低いのが特徴のサービスです。

来店不要でWebからの申し込みに対応していますし、即日融資にも対応してくれるので、すぐに現金が必要な方にもおすすめとなっています。

限度額は1〜50万円と幅広くなっているので、さまざまな用途で使うことができますし、返済期間もゆったりとしているので、無理のないペースでお金を返すことができます。

来店不要で借入可能「アミーゴ」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
アミーゴ 20歳〜 14.4〜16.8% 3〜50万円

アミーゴは、来店不要で申し込みができ、最短10分で融資を行ってくれる学生ローンです。

審査に通過すれば銀行口座に即座にお金を振り込んでくれるので、急いでいる時にも便利に使えるのがおすすめポイントと言えるでしょう。

さらに、収入証明書と学費の請求書を提出することで、適用金利を1.2%下げることができるので、返済の負担を下げたい人は必要書類を忘れずに用意してください。

ただし、こちらのサービスは20歳以上の方からしか利用できない学生ローンなので、未成年の方は利用できません。

限度額は3〜50万円までとなっており、旅行やサークル合宿の資金や留学、スクール、資格取得など、学生中にさまざまなことをしたい時に利用できるサービスとなっています。

アフターフォローも充実「イー・キャンパス」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
イー・キャンパス 20歳〜 14.5〜16.5% 1〜50万円

イー・キャンパスは、大学を卒業して社会人になってからも利用を継続することができる学生ローンです。

他社の学生ローンは大学卒業と同時に借入が停止になることが多いのですが、イー・キャンパスであれば就職後も利用できるのでとても便利です。

もちろん就職後であればお金を借りる選択肢は幅広くありますが、新たなサービスを利用するために審査を受けたり、周囲にバレるのが心配という方は同じサービスを使い続けるという選択肢もあります。

イー・キャンパスであれば秘密主義を徹底しているので、利用にあたって家族や友人、内定先などにバレる心配もありません。

貸付の対象年齢は20歳以上からになっており、未成年の方はお金を借りることはできません。

40周年の実績で秘密厳守「マルイ」

サービス名 対象年齢 金利 限度額
マルイ 20歳〜 15.0〜17.0% 1〜50万円

マルイは、営業時間が9:15~17:00となっている学生ローンの中でも営業時間が早いのが特徴のサービスです。

他のサービスよりも1時間近く早く開店するため、大学に行く前に利用することができるのが特徴です。

登校前に申し込みをしておけば、その日のうちに入金が完了するので、その日の夜に支払いが必要だった場合にも対応が可能です。

友達を紹介することで金利を下げるサービスも用意されているので、仲間内で利用すれば返済の負担を下げることができます。

学生ローンとして40年の実績を持っており、秘密厳守を掲げているので学生ローンを利用しても周囲にバレることがなくて安心です。

20歳以上から利用できるサービスになっています。

親の同意書不要でお金が借りられる消費者金融

お金を借りる方法 年齢制限 用途 親バレ
消費者金融 20歳〜 原則自由

消費者金融では、学生でも自分名義で借入を受けることができるので、親にバレる心配がありません。

お金を借りたのを親にバレて説明するのが嫌だという人は消費者金融を利用するようにしてみてください。

ただし、消費者金融は20歳以上の方からしか利用することができません。

そして、学生専用のサービスというわけではないので、金利も低いわけではないですし、計画的な返済が必要となります。

親にバレずにお金を借りたいと思っている方は消費者金融を利用してみましょう。

おすすめの消費者金融としては以下の業者が挙げられます。

サービス名 金利 限度額 無利息期間 即日融資
プロミス 4.5~17.8% 500万円 30日間 最短30分
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円 最大60日間
5万円まで最大180日間
最短60分
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 30日間 最短30分
アコム 3.0~18.0% 800万円 最大30日間 最短1時間

大手消費者金融であれば安心してお金を借りることができますし、短期間で返済をするのであれば利息なしで利用できるのでおすすめです。

では、それぞれのサービスのおすすめポイントや特徴をみていきましょう。

利息の負担を抑えられる「プロミス」

サービス名 金利 限度額 無利息期間 即日融資
プロミス 4.5~17.8% 500万円 30日間 最短30分

プロミスは初めての方であれば30日間無利息で利用することができるので、少額の借入ですぐに返済できるという場合におすすめです。

その上、金利も低く抑えることができるので、返済が続いても利息の負担を軽くすることができます。

申し込みはスマホから簡単にできる上に、最短30分での融資に対応してくれるので急な出費にも対応できます。

Web完結で電話がかかってくる心配がないので、親にバレることもありませんし、明細書などが郵送されることもありません。

サークルの合宿や卒業旅行、急な飲み会などでお金が足りない場合には、プロミスを利用してお金を借りてみてください。

24時間申し込みが可能「レイクALSA」

サービス名 金利 限度額 無利息期間 即日融資
レイクALSA 4.5~18.0% 500万円 最大60日間
5万円まで最大180日間
最短60分

レイクALSAは、無利息期間が他社よりも長いのがおすすめポイントな消費者金融です。

初めての利用であれば最大60日間無利息で利用できる上に、5万円以内の借入であれば最大180日間無利息で利用できるので、少額の借入をする方には特におすすめです。

学生の方にとっては利息の負担が軽いサービスほどメリットがあると思いますので、無利息期間の長さで選ぶのであればレイクALSAがおすすめと言えるでしょう。

申し込みはWebからでも対応しており、来店不要で親バレの心配もありませんし、返済は24時間受け付けているので、とても便利です。

最短15秒でできる借入診断も行えるので、自分が利用できるどうかを調べてみてください。

即日融資にも対応してくれる「アイフル」

サービス名 金利 限度額 無利息期間 即日融資
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 30日間 最短30分

アイフルは、若い方の利用者が多い消費者金融でスマホから簡単に借入の申し込みをすることができます。

若い人の利用者が多いということで学生の方でも審査に通る可能性が比較的高いと言えるでしょう、。

セブン銀行ATMを通じてお金を借りることもできるので、通学途中に借入を利用することもできます。

金利も低く抑えることができますし、最短30分の融資に対応したスピード感も魅力です。

スマホで簡単に申し込みができて親にバレる心配もありません。

使いやすさに加えて親バレの心配がいらない学生の方に向いているサービスと言えるでしょう。

アルバイトでも審査に通りやすい「アコム」

サービス名 金利 限度額 無利息期間 即日融資
アコム 3.0~18.0% 800万円 最大30日間 最短1時間

アコムは、消費者金融の中でも最も多くの顧客を抱える大手サービスで、抜群の知名度を誇っています。

審査スピードに強みを持っており、クレジットカードやWebからの申し込みの他に無人契約機からの申し込みにも対応しています。

最短1時間での融資にも対応してくれますし、申し込みの前に簡単な質問で借入ができるかどうかの診断もできます。

最大30日間利息がゼロになるサービスも用意されているので、返済期間が短い人ほどお得になります。

初めてローンを利用する方や消費者金融を利用するのが不安だという方は、知名度が高くて利用者も多くて安心なアコムを利用してみるのがおすすめです。

学生がお金を借りる際は継続的な収入があると審査が通りやすい

学生の方がお金を借りるときも基本的に審査を受けなければなりません。

審査では収入などの返済能力が調べられるので、当然ながら収入がなければ審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、学生がお金を借りる時には継続的な収入を確保するためにもアルバイトをしておいた方がいいでしょう。

その他にも、以下の点を意識することで審査に通りやすくすることもできます。

  • アルバイトのシフトを増やして収入を上げる
  • 収入証明書を提出して信用度を上げる
  • 生活費を理由に借入を利用すると伝える

では、それぞれの項目について詳しくみていきましょう。

金利10%で学生が借りた場合

10%の金利でお金を借りた場合の返済シミュレーションをみていきましょう。

「借入金額:10万円」「金利:10%」「返済期間(回数):1年間(12回)」の条件で利用した場合、以下のような返済になります。

回数 返済金額 元金 利息 借入残高
1 8,809円 7,959円 849円 92,041円
2 8,793円 8,026円 767円 84,015円
3 8,793円 8,093円 700円 75,922円
4 8,793円 8,160円 633円 67,762円
5 8,793円 8,228円 565円 59,534円
6 8,793円 8,297円 496円 51,237円
7 8,793円 8,366円 427円 42,871円
8 8,793円 8,436円 357円 34,435円
9 8,793円 8,506円 287円 25,929円
10 8,793円 8,577円 216円 17,352円
11 8,793円 8,648円 145円 8,704円
12 8,793円 8,704円 89円 0円

この条件で利用した場合、支払う利息の総額は5,527円となりました。

借入金額の5%程度の金額になっています。

アルバイトのシフトを増やして収入を上げる

アルバイトのシフトを増やすことで収入を上げれば、審査に有利な判断をしてもらえる可能性があります。

お金を借りる上で収入の多さは返済能力の高さに直結するので、シフトを増やして多くの収入を得ていれば返済能力があると判断されやすくなります。

逆に、月1日や週1日程度のペースでしかアルバイトをしていないような人は、返済能力がないと判断されて審査に落ちてしまう可能性があります。

飲食店のアルバイトなど、シフトを柔軟に調整して、シフトを増やすことができる場合には、申し込む前に収入を増やしてみてください。

もし家庭教師や塾などシフトを増やすのが簡単ではない場合には、郵貯銀行の担保自動貸付など、審査不要で利用できる借入サービスも検討してみてください。

収入証明書を提出して信用度を上げる

収入証明書は業者によって提出が不要なケースも多いのですが、自ら率先して提出することで信用度を高めることができます。

収入証明書は50万円を超える借入以外では不要なので、学生がお金を借りる場合には提出が不要なことが多いです。

やはり学生だと基本的には返済能力が低いと判断されやすく、審査に落とされてしまう可能性があるのですが、収入証明書を提出して継続的に収入を得ていることをアピールすれば審査に通る可能性を上げることができます。

消費者金融側から提出を求められなくても自分から書類を提出して、オペレーターに好印象を持ってもらいましょう。

申し込みを行うときも誠実に対応して、1つ1つの質問にしっかりと答えていけば、学生で社会人ほどの返済能力がなくても、問題なく返済ができる健全な利用者と判断してもらえる可能性がたかります。

生活費を理由に借入を利用すると伝える

お金を借りる理由は人それぞれあるとは思いますが、基本的には生活費を理由に利用すると伝えるのがおすすめです。

生活費を応えておけば一時的にお金が必要な人だと判断されるため、問題なく返済してもらえると判断される可能性があるのですが、ギャンブルの返済などと応えてしまうと慢性的にお金が必要だと判断されて審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

返済が滞る可能性も高いと判断されてしまうため、審査に通る可能性を少しでも上げるためにも、生活費を目的に借入を利用すると答えるのが無難です。

当然ながら、借入の理由と実際の用途が異なっていたとしても、バレる心配はありません。

奨学金制度以外は融資されたお金の用途は自由なので、申し込みの際に答えた理由以外にお金を使っても全く問題はありません。

学生がお金を借りる方法に関するQ&A

学生がお金を借りる方法に関するよくある質問をまとめていきます。

ここまでの内容で疑問が思い浮かんだ人はこちらを参考にしてみてください。

お金を借りると親やバイト先にバレる?

基本的に学生がお金を借りると親にバレる可能性が高いです。

未成年の場合は親の同意書が必要な場合がほとんどですし、基本的には親にバレるようになっているので、利用前に親に相談しておくようにするのが無難です。

それでも消費者金融にように自分名義で申し込んで親バレせずにお金を借りる手段もあります。

お金を借りる方法 親バレ
奨学金制度 ×
クレジットカードのキャッシング枠 ×
郵貯銀行の担保自動貸付 ×
銀行カードローン ×
学生ローン ×
消費者金融

消費者金融は20歳からしか利用することができませんが、親にバレずにお金を借りたいと思っている方は利用を検討してみてください。

アルバイトをしていないと審査に通らない?

借入を利用するには返済能力が求められるので、アルバイトなどで収入を得ていないと審査に通過しにくくなってしまいます。

そのため、審査に通るためにはアルバイトで収入を得ている必要があると言えるでしょう。

ただし、奨学金制度やゆうちょ銀行の担保自動貸付など、アルバイトなどで収入がなくてもお金が借りられるサービスもあります。

ただし、消費者金融やキャッシング、学生ローンといったサービスだと審査に通ることが必要で、返済能力を示すためにもアルバイト程度の収入が求められます。

18歳、19歳の未成年学生でもお金を借りられる?

多くのサービスでは20歳以上から提供されているのですが、中には未成年の学生を対象に提供されているサービスもあります。

お金を借りる方法 年齢制限
奨学金制度 なし
クレジットカードのキャッシング枠 20歳〜
郵貯銀行の担保自動貸付 なし
銀行カードローン 20歳〜
学生ローン 18歳〜
消費者金融 20歳〜

学生ローンであれば18歳以上の方を対象にサービスを提供しているものもあるので、未成年の方でもお金を借りることができます。

利息なしでお金を借りることはできる?

基本的な借入サービスには利息があるので、利息なしでお金を借りることはできません。

ただし、消費者金融の場合だと、最初の1ヶ月間のみ無利息期間が用意されていることもあるので、早めに返済を終えることができれば利息なしでお金を借りることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる