本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 FEA04 組込みシステム開発におけるプログラミング実践(割込み制御・通信プログラムとA/D変換) 受付中

訓練日程
9/18(水),19(木),20(金)
実施時間帯
9:20〜16:20
総訓練時間
18時間
受講料
10,500円
定員
10名
対象者
これから組込みシステムの設計・開発業務に従事する技能・技術者等
※「I/O制御と制御構造・関数化」の修了者、または、マイコン制御の基礎を有する方
訓練内容

1.コースの概要及び留意事項
(1)訓練の目的及び専門的能力の確認
(2)専門的能力の現状確認
(3)確認事項1(ソースコードから実行ファイルまでの生成)
(4)確認事項2(コンパイルからプログラムの動作確認)
(5)安全上の留意事項

2.組込みのためのC言語の知識
(1)組込み用途C言語の特徴
イ.汎用C言語と組込みC言語
  ロ.変数のデータ型と修飾子
(2)アセンブリ言語とC言語
(3)I/Oレジスタの操作
イ.構造体と共用体とビットフィールド

3.開発技法とプログラミング
(1)ソフトウェア開発のプロセスについて
(2)プログラミングとデバッグ手法
イ.ファイル構成とアセンブリ言語の理解
ロ.main関数の呼び出しとデバッグ実習
(3)割込み処理
イ.割込みハンドラの登録とマスク設定
ロ.割込みハンドラの作成方法
  ハ.割込み端子入力による各種出力制御
ニ.タイマ割込みによる各種制御実習
(4)SCIを用いた通信制御実習
  イ.各種レジスタ設定
  ロ.通信環境設定
  ハ.ターミナルを用いた通信制御実習

4.応用課題
(1)温度計測システム設計・開発
  イ.可変電圧とA/D変換モジュールの理解
ロ.各種センサを用いたシステム設計・構築
(2)動作確認・デバッグ
(3)評価・改善

5.まとめ
(1)C言語によるプログラミングのポイント整理
(2)確認・評価

使用機器・教材
H8/3052マイコンボード、開発ツール、パソコン、電子部品等
持参品・服装
筆記用具、書籍『C言語によるH8マイコンプログラミング入門』
実施場所
教室棟 4F 43番教室
備考
※受講料はすべて税込価格です。
※受講料は消費税の変更により改定する場合があります。
※「I/O制御と制御構造・関数化」(FEA02、FEA03)のいずれかの修了者、または、マイコン制御の基礎を有する方を対象とします。
※本コースでは、書籍『C言語によるH8マイコンプログラミング入門』が必要です。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る