本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住環境コーディネート科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

住宅における室内環境の改善に向けて、建築に関する知識、CADを用いた住宅図面作成技術、住宅の内装・インテリア施工および住宅設備施工の方法、3次元CADを用いた住宅パースの作成方法等を基礎から学び習得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • A.【3ヵ月】
    建築工法及び住環境・福祉を理解し、クライアントに最適な住宅改修(コーディネート)の提案ができます。
  • B.【3ヵ月】
    住宅改修(コーディネート)の提案を行う上で理解しておくべき、内装・インテリア施工及び住宅設備施工等ができます。

総訓練時間

  • 668時間

訓練到達目標

1.「住環境改善計画」

住環境を改善するために必要な建築の基礎知識を習得します。
・建築物の構造(木造・鉄筋コンクリート造等)
・建物を建てるときに必要な法律(建築基準法等)
・室内環境(空気環境[換気]や光視環境[照明]等)

住環境改善計画

住環境改善計画

2.「建築CAD/住宅実施図面作成技術」

CADの使い方を理解し、建築図面の作成技術を習得します。
・2次元CADの基本操作(各種設定/作図ツール/印刷等)
・各種建築図面の見方と作成(平面図/立面図/構造図等)

建築CAD/住宅実施図面

建築CAD/住宅実施図面

3.「住環境改善提案」

顧客に建物の完成イメージを伝えるために必要な様々なプレゼンテーションの手法を習得します。
・パースの作成
・住宅模型の作成
・プレゼンテーション資料の作成

住宅模型作成

4.「内装施工・改修(断熱)」

4.「内装施工・改修(断熱)」
内装施工(床・壁・天井)に関する知識及び施工技術を習得します。
・床の施工(フローリング等)
・壁の施工(ビニルクロス等)
・天井の施工(化粧板やビニルクロス等)

5.「住宅設備施工(電気と給排水」

5.「住宅設備施工(電気と給排水)」
住宅の電気設備や給排水設備に関する基本的な知識と技術を習得します。
・電気設備(エアコンや太陽光発電システム等)
・給排水設備(器具の取付けや配管等)

太陽光発電システム

6.「建築情報活用・建築3次元シミュレーション」

6.建築情報活用/建築3次元シミュレーション
パソコンを活用した文書や表および立体的な建物モデルの作成に関する知識及び技術を習得します。
・文書および表の作成
・3次元CADを活用した立体モデル作成の基本と応用

建築3次元シミュレーション

受講要件

過去の建築関連の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコン基本作業(文字入力等)

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、教科書代など(約6,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

作成中


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

住宅営業・住宅アドバイザー、住宅・建設業関連事務、住宅設備機器等の営業・販売・ショールームスタッフ、設計・設計補助、CADオペレーター、内装施工 ほか

住宅営業・住宅アドバイザーの仕事

住宅営業・住宅アドバイザーの仕事は、新築に携わる場合とリフォームに携わる場合とに大きく分けられる。新築に携わる場合、まず依頼主の相談に乗るところから始まる。依頼主のライフスタイルや要望を聞き、提案を返し、イメージを作っていく。並行して敷地の調査なども進め、資金計画と併せてプランを固める。リフォームに携わる場合、全面改装・増築・水周りの改装・バリアフリーなど、要望を聞き、住宅を下見してプランを組み立てる。以降は新築・リフォーム問わず同様の工程となる。工事の手配を進め、住宅設備機械を発注する。工事が始まってからは、工事の進行をチェックして、逐一依頼主に報告する。工事が済んでからも、アフターフォローやリピート工事などの提案は欠かさない。住宅は依頼主にとってもっとも高価な買い物であることがほとんどで、住宅営業・住宅アドバイザーの仕事が依頼主の人生を大きく左右することになる。良い住空間に仕上げることと同様に、誠実に対応し、連絡を密に取り、依頼主に安心を提供することも、住宅営業・住宅アドバイザーの大きな仕事となる。

職種との相性(こんな方に向いている。)

建築に興味があり、細かな作業が好きな方(設計関係)や、人と接する仕事が好きな方(管理、営業関係)。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 住宅アドバイザー、リフォームアドバイザー
  • 住宅・不動産の営業・販売
  • 住宅設備機器の営業・販売
  • 住宅・建設業関連事務(見積書の作成、請求書の作成、建築工事費内訳書の作成)
  • 住宅設備ショールームスタッフ
  • CADオペレータ(建築・土木・電気等の図面編集)
  • 内装工事に関する業務

求人票に記載されている職種名

住宅営業・販売、事務職、設計補助、CADオペレーター、リフォームアドバイザー、リフォームスタッフ、施工管理、福祉用具販売・営業、内装技術者

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建築営業、建築事務、住宅リフォーム全般、設備・インテリア等ショールーム業務、建材販売員、CADオペレータ、不動産営業販売、建築施工管理、建築設計事務所

就職率

平成28年度 79.5%


修了者の主な就職先

  • 住友不動産株式会社【住宅営業】
  • 株式会社ファーストホーム【住宅営業】
  • 百年住宅西日本株式会社【住宅営業】
  • 嶋田工業株式会社【住宅営業】
  • 株式会社トピア【住宅営業】
  • 大東建託株式会社【建築営業】
  • 株式会社オータニ【不動産営業】
  • 三栄建設有限会社【営業事務】
  • 大和ハウス工業株式会社【CADオペレーター】
  • 英工建設株式会社【CADオペレーター】
  • 防秋産業株式会社【CADオペレーター】
  • 積水ハウスリフォーム株式会社【住宅アドバイザー】
  • 株式会社成匠【住宅アドバイザー】
  • 株式会社YM-Create【住宅アドバイザー】
  • 有限会社永見工務店【インテリアコーディネート】
  • ヤマナカ建工【設計・CAD】
  • 有限会社栄住建【設計】

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 調査中です。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

昨今のクライアントの要望で多いものとして、新築、リフォームを問わず、太陽光パネルを始めとしたオール電化住宅、省エネ住宅があげられます。しかし、これらの設備機器を取り入れた提案ができる人材は多くはない現状にあります。
また、建築に関して専門的知識のないクライアントの要望をうまく引き出して形にし、正しい説明ができる人材はどの位いるのでしょうか。
訓練では、建築の基礎的知識や、省エネ住宅提案では欠かせない太陽光パネルなど設備機器の設置実習、2次元CADおよび3次元CADなどのアプリケーションソフトを用いたプレゼンテーション技法を通し、クライアントに合った住環境計画の説明、提案ができるカリキュラムになっております。
自己研鑽については、相談していただければ、できうる限りのサポートをさせていただきます。


訓練終了時に取得できる資格

なし


任意に取得できる資格

訓練期間中に、訓練生の皆さんが習得した技能・技術を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
※合格を保証するものではありません。受検の案内等、詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。

建築CAD検定試験 2級 [主催:一般社団法人 全国建築CAD連盟]

コンピュータ技能評価試験(ワープロ、表計算部門各部門2級および3級)[主催:中央職業能力開発協会]


就職後のスキルアップ

当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

訓練課

TEL

083-922-2143

FAX

083-922-1935

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る