本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

保全サービス科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

工場設備・生産ラインの保守管理に必要な設備管理、機械系・油空圧装置保全、金属・機械加工、電気設備等の幅広い知識・技能を修得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 工場設備・生産ラインの保守管理に必要な設備管理、機械系・油空圧装置保全、金属・機械加工、電気設備等の幅広い知識・技能を修得します。

総訓練時間

  • 668時間

訓練到達目標

1.「設備管理」

設備管理に関する技能及び関連知識を習得します。※生産設備管理を行う上で必要な品質管理・安全管理等の基礎知識を学びます。

2.「アーク溶接作業」

被覆アーク溶接及び炭酸ガスアーク溶接に従事するための技能及び関連知識を習得します。

アーク溶接作業

3.「一般用電気設備工事」

一般用電気工作物の設計、工事、試験、検査に関する技能及び関連知識を習得します。

一般用電気設備工事
一般用電気設備工事

4.「油空圧装置保全」

油空圧装置の保全技術に関する技能及び関連知識を習得します。※空圧、油圧機器の機器構造を習得します。

油空圧装置保全

5.「機械系保全」

機械要素の保全技術に関する技能及び関連知識を習得します。※締結部品、軸、伝導装置等、機械要素について課題に取り組みます。併せて、スケッチの基礎技術を習得します。

機械系保全
機械系保全

6.「機械加工基本作業」

機械の主な構成部品に生じた欠陥に対する補修工作に関する技能及び関連知識を習得します。※旋盤、フライス盤を使用しての加工課題に取り組みます。

機械加工基本作業
機械加工基本作業

受講要件

過去の機械に関する経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特にありません。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、教科書代(約16,000円、安全帽代含む)及び実習時の作業着、安全靴、保護具については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

新科により過去の実績はありません。


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

機械保全、設備保全、電気保全

機械工の仕事

工作機械を用い、さまざまな金属に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き上げるなどの加工をするのが、機械工です。機械工には、期限内に、決められた数の製品を、図面通りに正確に加工することが求められます。

CAD/CAMオペレータの仕事

現在においては、各種の図面はCADで作図されるのが一般的になっています。機械図面においては、JIS規格に沿って正確に表現されていることが必要です。また正確さ以外にわかりやすい、見やすいと言った簡潔明瞭な図面が求められます。
CADで作図された図面を基にして、CAMソフトによりコンピューターを搭載したNC工作機械等の加工データ作成をします。工具の選定からツールパスの作成、加工シュミレーションチェックを通して、正確なNCデータが作成されます。作成されたデータはNC工作機械に入力され、各種の設定がされた元でNC機による試作、製品の加工へと進んでゆきます。

職種との相性(こんな方に向いている。)

機械の分解・組み立てや、自動で運転する機械の仕組みを理解したい方に向いています。性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

工場機械設備の日常保守・点検・管理

求人票に記載されている職種名

機械保全工、設備保全、電気保全

就職後の仕事例(求人票より)

  • デバイス製造機械装置保全
  • 機械メンテナンス
  • 鉄工業機械組立メンテナンス
  • 車両の検査修理・改良業務
  • 設備メンテナンス

就職率

新科により過去の実績はありません。


修了者の主な就職先

新科により過去の実績はありません。


賃金情報

平成28年度 66.7%


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

製造現場の設備には、物を運搬するクレーンやコンベア、物を加工する機械ではプレス機械や旋盤・フライス盤があります。設備を安全に効率よく稼働させるために定期的な点検を行います。また、設備によっては法定検査が義務付けられています。点検で不具合を発見した時は、早めに補修をします。
保全サービス科の訓練は、これら周辺の機械設備の定期点検から、保全計画を立案し、定期補修を行うことで製造設備の稼働率を向上させることが目標になります。


訓練終了時に取得できる資格

  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証
  • 自由研削と石の取替えに係る特別教育修了証

任意に取得できる資格

第2種電気工事士


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、各種資格試験等を受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

訓練課

TEL

083-922-2143

FAX

083-922-1935

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る