本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

溶接施工科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

金属加工において必要とされる、溶接技術及びプレス加工の基本を中心に技術習得できる訓練内容となっています。その中でも、当科では現在主要とされる3種類のアーク溶接技術を習得するとともに、図面の読図法や様々な工作機械の使用法等を学び、現在の金属加工関連企業の求人ニーズに対応しています。また、図面→部品加工→組立→検査といった一貫性のある訓練カリキュラムを受講することにより「ものづくり」の総合的な技能を習得します。更には、新しくプレス加工を導入したことにより、板金加工関連の企業への就職も見据えています。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 鉄鋼材の加工及び被服アーク溶接作業、炭酸ガスアーク溶接作業ができる。
  2. TIG溶接法による溶接施工及び板金・曲げ加工作業ができる。
実習モデル:溶接課題1

実習モデル:溶接課題 例1

実習モデル:溶接課題2

実習モデル:溶接課題 例2

1ヶ月ごとの訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

総訓練時間

  • 669時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「工作基本作業」

基本的な工作法と読図法、各種工作機械の取扱いを学ぶとともに、安全作業について習得します。
また、ガス溶接・切断作業を実施し、関連知識を習得します。

溶接施工科
2.「被覆アーク溶接作業」

被覆アーク溶接棒を使用し、主に鉄鋼材料を接合するための技術になります。
建築現場等の屋外作業で活躍する被覆アーク溶接作業の技能及び知識を習得します。

溶接施工科
3.「炭酸ガスアーク溶接作業」

炭酸ガスアーク溶接は、被覆アーク溶接に比べ高能率、高品質で、現在鉄鋼材料の溶接の主流になっています。ここでは、プレスブレーキと呼ばれる機械を使用し、箱を製作することにより、曲げ加工の理論を習得します。

溶接施工科
4.「構造物鉄工作業」

図面を基に簡単な構造物を製作し、作業工程表の作成や材料準備及び図面の読図から組立に至るまでの、「ものづくり」の一連の工程を習得します。

溶接施工科
5.「TIG及びMIG溶接」

需要が高まっているステンレス鋼及びアルミニウム合金のTIG・MIG溶接に関する技能及び知識を習得します。

溶接施工科
6.「プレス加工」

薄板による金属加工に必要なプレス機械の操作を習得します。ここではプレスブレーキと呼ばれる機械を使用し、箱を製作することにより、曲げ加工の理論を習得します。

溶接施工科

受講要件

過去の溶接経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に不要

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。
※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

受講料

無料です。
ただし、教科書代等(約1万円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

溶接が未経験の方でも、下記のような溶接と関連する職種に就職されています。

 (前職)      (修了後の職種)
・林務関連の測量 → 溶接工
・小売業店員   → 配管工
・自動車整備工  → 組立工
・食品製造    → 自動車部品製造工


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • 溶接工
  • 製缶工
  • 板金工
溶接工の仕事内容

造船所などでの組立作業をはじめ、ビルや橋などの鉄骨建設現場や各種機器の製造などで、製品や構造物を溶接するのが溶接工です。
溶接とは、金属材料の接合する部分のすき間に、溶接棒やワイヤを接触させ、そこに熱を加えて、金属材料と溶接棒を同時に溶かしながら、必要な長さや厚さで接合することです。
溶接には、作業者が溶接棒を1本1本操作する手溶接と、ワイヤが自動的に供給される半自動溶接があります。
溶接工は、まず溶接する材料によって適切な電流や電圧に調整し、適切な溶接棒やワイヤを選んで作業をします。作業時に発生するガスや飛び散る高温の金属から身体を守るため、溶接工は、耐熱の作業服やマスク、強い光から目を守るために遮光面体を着用します。
溶接工は、接合部分に空洞やムラが出来ないように注意しながら、溶接棒やワイヤを操作して作業をします。

製缶工の仕事内容

鉄工所などで、圧力容器やタンク(圧力容器は種類も多く形状も多種多様にわたり、タンクの形状は角形又は縦形及び横円筒形のものが多い)の本体(胴、鏡版など)を加工、切断、溶接するのが製缶工の仕事です。
製缶工の仕事には、読図(組立図から部品図にする)、展開、板取り、曲げ加工、溶接・組立て、ひずみ取りなどがあります。

板金工の仕事内容

工場や特殊用途などに使用される非量産型の装置や設備には、金属板を精密に加工して作ったものが見られます。工作機械を使って金属板を加工し、そうした用途向けに板金の作業をするのが工場板金工の仕事です。
工場板金工の仕事には、読図、展開、板取り、曲げ加工、溶接・組立て、ひずみ取りなどがあります。

溶接工・製缶工・板金工職種との相性(こんな方に向いています)

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く仕上がりを重視した作業ができる方。性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 配電盤・制御盤等のキャビネット製作等の業務
  • 薄物・箱物の製缶作業等の業務
  • TIG溶接機・半自動溶接機・スポット溶接機による板金・製缶・溶接作業
  • 溶接作業による構造物等を製作する業務
  • 製缶・溶接作業・切断・溶断による構造物等の解体業務

求人票に記載されている職種名

鉄骨加工・組立工、製缶工、板金・組立工、ガス溶接工、プレス工、ガス切断工、
電気溶接工、溶接士、溶接(半自動)作業等

就職後の仕事例(求人票より)

  • 鉄骨建築における金属の加工
  • 看板の鉄骨加工及び、溶接作業等
  • 機械装置の組み立て、修理
  • 架台、ベース、ステンレス製タンク製造作業
  • 建設用・建築用金属製品に係わる製缶・板金作業
  • 工作機械、産業機械等の部品加工作業
  • 発電用・送電用・配電用電気機械器具・配電盤製造等における薄物鉄板の溶接及び板金作業
  • 自動車部品、パレットなどの小物溶接作業
  • 運搬機械フレームの溶接作業
  • 鉄道車両及び輸送機部品の溶接作業
※この分野は即戦力を優遇しているが、未経験者でも就職可能な求人もあります。

就職率

62.5%(平成28年度平均)


修了者の主な就職先

  • 株式会社石澤製作所
  • 芝浦シヤリング株式会社
  • 株式会社長澤建設

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると全員が被覆アーク溶接、半自動アーク溶接、TIG溶接の下向き姿勢の溶接技能の基本は習得できていますので、この基本技能を活用して、就職先企業で製作する部品、製品の溶接ができるようになります。 就職後は、就職先の仕事内容によっても異なりますが、訓練で習得した技能・技術によって3か月程度で概ね就職先でのベテラン技能者のOJTにより、製作物の一部であれ、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。およそ、2~3年で熟練度は向上し、細かく指示されなくとも自らの判断で仕事ができるようになります。


訓練終了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証(山形労働局長登録教習機関第15号)

ガス溶接等の業務は、労働安全衛生法第61条によってガス溶接作業主任者免許の所持者でなければ就業してはならないこととされております。当センターは、山形労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練修了者に対してガス溶接技能講習修了証が当センター所長名で交付されます。
 
  1. ガス溶接作業主任者免許の所持者(都道府県労働局長が交付)
  2. ガス溶接技能講習修了証の所持者(都道府県労働局長の登録を受けた教習機関が交付)
  3. 上記に該当し満18歳以上の者

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

粉じん作業に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で常時特定粉じん作業に係る業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

動力プレスの金型等の取付け、取外し又は調整の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で動力により駆動されるプレス機械の金型、シャーの刃部又はプレス機械若しくはシャーの安全装置若しくは安全囲いの取付け、取外し又は調整の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。


任意に取得する資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。
(ただし、合格を保証するものではありません。また、受験には、学歴等により実務経験が必要な場合がありますので、受検資格等詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

JIS溶接技能者評価試験

溶接業務に携わる方を対象に、溶接技能者として必要な技能・技術を評価する試験です。
試験の種類は、「手溶接」、「ステンレス溶接」、「半自動溶接」、「チタン溶接」があり、溶接技能者評価試験に合格しますと各資格の適格性証明書が交付されます。

一般社団法人 日本溶接協会 東京都第一支部
東京都江東区大島3丁目1番11号
TEL:03-3685-5448 FAX:03-3682-4904
ホームページ:
JIS溶接技能者評価試験受験案内(別ウィンドウで開きます)

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 能力開発セミナー(有料) を受講することにより、対応職務のスキルアップができます。
また、(社)日本溶接協会によるJIS溶接技能者評価試験を活用することにより、さらにスキルアップさせることができます。
当センターでは、このような就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター山形 【訓練課】

TEL

023-686-2016

FAX

023-686-2426

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る