本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上人材育成支援センター

生産性向上支援訓練のご案内

生産性向上支援訓練とは?

生産性向上支援訓練 50種類以上のカリキュラムモデルを基に生産性の向上を目指す企業や団体が抱える人材育成の課題・ニーズに応じてオーダーメイドで訓練コース内容をカスタマイズできます。
  • 事業主および事業主から指示を受けた在職者(全ての従業員)の方を対象に実施するもので、
    次の3つをテーマとした生産性向上に資する様々な訓練コースをご用意しています。
  • 企業が抱える課題やニーズに合わせてオーダーメイドで訓練コースを設定できます。
  • 新任層から管理者層まで、幅広い階層に対する訓練カリキュラムをご提案いたします。
  • 訓練は民間機関等を活用します。
  • 1企業からの受講者が少人数の場合にも、公開型のコースも設定できます。



令和元年度 実施コース(9分野61コース)

1.生産・業務プロセスの改善に関するお悩み・ニーズ(27コース) (266.08 KB)


 <以下のご要望がある場合、お勧めします!>

  ・現場の改善を推進できる人材を養成したい。
  ・現場の課題を発見し、改善する方法を学びたい。
  ・コストの削減に取り組みたい。
  ・ITを活用して業務を効率化したい。

2.横断的な課題に関するお悩み・ニーズ(19コース) (245.21 KB)


 <以下のご要望がある場合、お勧めします!>

  ・組織目線で課題解決できる人材を養成したい。
  ・従業員の仕事の効率化を促進したい。
  ・業務改善の考え方を理解したい。
  ・リスクを低減させる方法を学びたい。
  ・個人のノウハウを社内で見える化したい。

3.売上げの向上に関するお悩み・ニーズ(15コース) (205.63 KB)


 <以下のご要望がある場合、お勧めします!>

  ・部門を超えて売り上げに貢献できる人材を養成したい。
  ・顧客満足度の向上を図りたい。
  ・消費者の動向を営業に活用したい。
  ・新しいサービスや商品企画の考え方を習得したい。
   また、インターネットを活用して販売促進を図りたい。

会員企業に生産性向上支援訓練を実施する事業主団体を募集します

 平成31(2019)年度に、生産性向上支援訓練の実施を受託していただける事業主団体(事業協同組合、企業組合、商工組合、商工会議所、商工会、社団法人、財団法人等)を募集しています。

平成31年度事業取組団体募集リーフレット (996.48 KB)


生産性向上支援訓練 実施事例(利用者の声)

(1)株式会社佐竹成型 さま(山形県白鷹町)

(2)株式会社丸秀 長井工場 さま(山形県長井市)

(3)株式会社タケマエ さま(山形県米沢市)

(4)林建設工業株式会社 さま(山形県酒田市)

(5)一般社団法人 山形県経営者協会 さま

生産性向上支援訓練活用事例集

生産性向上支援訓練(オープンコース)のご案内

 これまでに実施した生産性訓練やニーズ調査の中で、受講希望の多いコースを企業ニーズ対応型「オープン方式」として実施いたします。
 まずは、生産性向上支援訓練がどのようなものかを体験いただき、さらに詳しく受講したい場合は、個々の企業様単位で、オーダーメイド方式に移行する形で、ご支援いたします。

 生産性向上人材育成支援センターで行う、この他の事業主支援及び在職者向けサービスについては、以下のリンク先をご参照ください。

お問い合わせ先

ポリテクセンター山形 【生産性向上人材育成支援センター】

生産性向上人材育成支援センター(生産性向上支援訓練・IT活用力セミナー担当)
 電話番号  023-686-2008
 FAX番号  023-686-2808
 MAIL    yamagata-seisan@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る