本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気保全技術科(生産システム技術科)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

工場内の生産設備の構築、保守、運用に必要な電気の実践的な技術を基礎から習得します。電気の基礎から始まり、実践を通して電気の配線、電気機器・制御機器の取り扱い、シーケンス制御技術、生産設備の自動化に関する技術を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 電気機器、制御機器の取扱いおよび保全・改善ができる。
  2. プログラマブルコントローラによる自動化システムの設計・製作ができる。

総訓練時間

  • 673時間

訓練内容

1.「シーケンス制御」

電気の基礎を理解し、電気回路や機器について学び、配線組立の技能・知識を習得します。

シーケンス制御
2.「PC制御」

自動化技術で用いられているPCの基礎を理解し、センサやアクチュエータ、タッチパネル等の機器を制御するための技能・知識を習得します。

PC制御
3.「制御盤設計・製作」

CADにより配置・配線図を作成し、実習を通して、制御盤設計・組立の技能を習得します。

制御盤設計・製作
4.「機器制御」

モータの種類や構造について理解し、基礎的な制御から、速度制御等について技能・知識を習得します。

機器制御
5.「電気保全」

生産設備で使用される電気機器の種類と構造を理解し、故障発見・修復等、保全に関する技能・知識を習得します。

電気保全
6.「PC制御応用」

サーボモータの原理と制御方法について理解し、制御とPCの通信に関する技能・知識を習得します。

PC制御応用

受講要件

過去の経験

  • 不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンの基本操作

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、教科書・作業服代等(約18,000円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(入所前) (修了後)
生産管理→ 電気技術
営 業 → 生産技術
接 客 → 電気工事
機械組立→ 機械配線


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

電気設計・制御設計、電気機体配線工、電気器具組立、制御盤組立、製造装置メンテナンス

仕事内容

工場内の機械は電気で動いています。そのため電気の保全、保守、メンテナンスは不可欠な仕事です。電気回路の不具合、故障に対応するだけでなく、問題が発生しないように未然に対処することができる技能・技術が求められます。

職種との相性(こんな方に向いています)

電気で機械を動かすことに興味がある方、工場の自動化に興味のある方

訓練により就職可能な主な仕事

電気機械器具製造業等における製造・設計および保守点検、制御盤の設計、製作および保守点検、工場設備機器の保守、管理

求人票に記載されている職種名

電気設計・制御設計、電気機体配線工、電気器具組立、制御盤組立、製造装置メンテナンス

就職後の仕事例(求人票より)

電気設計・制御設計、電気機体配線工、電気器具組立、制御盤組立、製造装置メンテナンス


就職率

88.2%(平成27年度実績)


修了者の主な就職先

  • BBSジャパン株式会社
  • 東洋ガスメーター株式会社
  • 中部工営株式会社
  • 三協立山株式会社
  • キタムラ機械株式会社
  • 阪神化成工業株式会社 他(順不同)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 165千円~272千円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

電気の基本的な技術を習得しているため、電気関連分野の業務には容易に対応できることになります。また、機械関連の職種であっても電気の知識があれば幅広い業務に活かせると考えます。


訓練修了時に取得できる資格

特になし


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
(※合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

技能検定:機械保全(電気系保全作業)【プラントメンテナンス協会】

技能検定:電気機器組立て(シーケンス制御作業)【中央職業能力開発協会】

技能検定:電気機器組立て(配電盤・制御盤組立て作業)【中央職業能力開発協会】

※技能検定の受験申請月は、前期:4月、後期:10月(平成28年度)
※技能検定の受験にあたっては検定職種についての実務経験が必要ですが、その期間は学歴や実務経験年数等により異なります。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター富山 【訓練課 受講者第一係】

TEL

0766-28-6902

FAX

0766-28-6931

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る