Community
地域連携の活動事例
活動事例

 北陸職業能力開発大学校では常に地元の企業、教育機関、地域の方々との関係を深めています。


■うおづえきまえde縁日『あつマルシェ』「親子ものづくり体験教室」開催(2018年8月18日)
親子で電磁石の仕組みを学びながら、つりざおを作っています。

8月18日土曜日に、魚津駅前で縁日イベントで、「親子ものづくり体験教室」を開催しました。

テーマは「電磁石でつりざおをつくろう」を行いました。子どもたちは電磁石の仕組みを学びつつ、熱心にものづくりに取り組んでいました。

■ 連合富山・新川地域協議会「親子ものづくり教室」開催(2018年7月29日)
親子でつくった釣竿で子供たちが釣りを楽しんでいます。

7月29日(日)、連合富山・新川地区協議会の「親子ものづくり体験教室」を開催しました。

テーマは「電磁石でつりざおをつくろう」「ペットボトルでペン立てをつくろう」の2テーマを行いました。子どもたちは興味深く、熱心にものづくりに取り組んでいました。

■ 一般社団法人富山県機電工業会「ものづくり講習会」開催(2018年7月18日及び19日)
講習会で受講生が真剣に受講している授業風景です。

7月18日(水)~19日(木)、(一社)富山県機電工業会の「ものづくり講習会」を開催しました。当講習会は、全18講座用意されており、毎年、大変好評を得ています。

当校では、今回「機械設計技術者のための総合力学」と「生産現場で使う品質管理技法」の2講座を担当しました。

■ 平成30年度「新川地区振興会第38回定時総会」(2018年5月17日)
新川地区振興会会長の大愛会長が挨拶しています。

5月17日(木)ホテルグランミラージュで「新川地区振興会第38回定期総会」が開催され、平成30年度事業計画 (案)・予算(案)が原案どおり、承認されました。

新役員として、事務局に宮坂 康典 氏(魚津商工会議所)、会計監査に国木 俊幸 氏(クニキ書店)が承認されました。

■ 平成30年度北陸職業能力開発大学校入校式(2018年4月6日)
野瀬校長が入校生に対して告辞を述べています。

4月6日(金)、新川文化ホールで平成30年度入校式が行われ、専門課程と応用課程の計185名が入校し、ものづくりの実践技術者や生産現場のリーダーをめざして決意を新たにしました。

式では野瀬校長が「何事にも飛び込んでいき、難しそうだなと思っても失敗を恐れず挑戦してほしい」と告辞しました。

お問い合わせ
北陸職業能力開発大学校 地域支援センター
  • TEL.0765-24-2204
  • FAX.0765-24-4770