本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 1D030 PLC制御の回路技術 受付終了

訓練日程
9/6、7、8
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
18時間
受講料
10,500円
定員
10名
対象者
 自動化設備の設計業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

 自動化システムの設計・保守業務における効率化・最適化をめざして、PLCに関する知識・回路の作成・変更法と実践的な生産設備設計の実務能力を総合実習を通して習得する。

1.PLCの運用
 (1)PLCのハードウェア
 (2)ユニットの選定
 (3)外部配線の設計
 (4)回路設計ツールの機能
 (5)ラダー図及びニーモニックによる回路作成
 (6)データメモリの編集
 (7)モニタリング、タイムチャートモニタ
 (8)デバック運転
 (9)専門的能力の確認

2.回路設計
 (1)標準化回路の設計
   イ.安全対策
   ロ.プログラムの共有化、デバッグの容易さ
   ハ.システムの保守性、管理性
 (2)データメモリの活用による生産管理
 (3)システムの改善
   イ.モニタリングとデバッグ運転
   ロ.オンラインによるプログラム修正

3.総合実習
 (1)実習課題の仕様について
 (搬送システム等の自動制御について)
 (2)回路(プロググラム)の標準化、運用管理及び自動運転制御につて
 (3)入出力機器選定及び電源・入出力配線
 (4)FAモデルの制御回路設計実習
 (5)試運転・デバッグ・メンテナンス

使用機器・教材
回路設計ツール、パソコン、PLC、制御対象装置、スイッチ、センサ、表示灯、リレー、工具、その他
持参品・服装
筆記用具、作業ができる服装
実施場所
鳥取職業能力開発促進センター
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る