本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅リフォーム技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

住宅の構造部材の加工・組立及びリフォーム施工(構造材・内装)に関する知識と技能を習得します。
木造住宅のリフォーム計画及び申請業務、建築CADの基本操作から各種図面の作成方法、既存図面の修正方法などの技術を習得します。
3Dソフトを使用し、建築シミュレーション技法の知識と技能を習得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 木造住宅の改修に必要な構造、法規、各種申請について理解し、図面作成ができる。
  • 木造住宅の構造部材、内装の施工及び改修ができる。
小屋梁加工作業

小屋梁加工作業

3次元CAD作成

3次元CAD作成

総訓練時間

  • 670時間

訓練到達目標

1. 住宅構造・法規と申請業務(木造)

住宅の構造、建築法規に関する知識と各種申請業務に関する技能及び関連知識を習得します。

住宅構造・法規と申請業務(木造)
2. 住宅図面作成技術

建築CADによる図面作成に関する技能及び関連知識を習得します。

住宅図面作成技術
3. 住宅改修計画、建築3次元シミュレーション

住宅改修計画の作成、提案に関する技能及び関連知識を習得します。

3次元CADデータの作成や、レンダリングによる建築プレゼンテーション手法を習得します。

住宅改修計画、建築3次元シミュレーション
4. 構造部材加工基本技術

木工事に関する工具の取扱いと施工図、部材加工に関する技能及び関連知識を習得します。

構造部材加工基本技術
5. 住宅工事管理と躯体・内装施工

住宅の工事管理と躯体・内装施工に関する技能及び関連知識を習得します。

住宅工事管理と躯体・内装施工
6. 内装材のリフォーム施工、小屋組施工

住宅の内装施工と、その改修に関する技能及び関連知識を習得します。
小屋組み丸太梁、火打ち梁の墨付け加工と金物取付作業に関する技能及び関連知識を習得します。

内装材のリフォーム施工、小屋組施工

受講要件

過去の経験

  • 特に必要ありません

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 建築、住宅、インテリア、家具、木などに興味のある方であれば、特に不要です。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる方であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障をきたさないような健康状態である方
  • 職業訓練を受講するうえで必要な集合訓練において協調性のある方

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約10000円)については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種

溶接が未経験の方でも、下記のような溶接と関連する職種に就職されています。

(前職)    (修了後の職種)
・土木作業員  → 大工
・営業・事務員 → 建設コンサルタント
・不動産業事務員→ 建築設計
・製造業事務員 → 建設現場管理
・作業員    → 介護事業(住宅改修部門)
・配送員    → 製材業(作業員)


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

建築大工、型枠大工、内装仕上げ工、家具組立工、機械加工作業者

建築大工の仕事

気温や湿度の変化が大きい日本の気候風土に最も適している伝統的な建物が木造住宅です。そのほとんどは、骨組みに木材の柱を組合せる在来軸組工法で建てられています。一般的に、建築現場で建築大工が大きな木材を刻んで切る作業は少なく、あらかじめ工場で寸法に合わせて加工した建築資材を持ち込み、建築大工は、それを組み立てるプレカット手法が用いられています。
建築大工は、建築現場での建築資材の構造組みと建物内部における下地や仕上げなどの造作加工をします。作業は、電動工具により効率化が進んでいますが、現場で使うことが多い「のこぎり、のみ、かんな」などの基本的な道具を使いこなす技能が必要です。
また、使用する資材も木材が中心ですが、プラスチック、金属などの建材に合わせた接着剤や接合するための金物などが多く使われ、建築大工には幅広い知識が求められます。
さらに経験を積み棟梁になると、建築現場でのとび工や左官、建築塗装工など、ほかの作業者との連絡調整や工事管理なども行います。

職種との相性(こんな方に向いている)

伝統的な技能と技術を受け継ぎながら、新しい住宅への要求に応えていくだけの向上心と器用さ、さらには体力が必要ですし、その立場上、統率力を身につけて行くことも望まれます。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 建築施工管理
  • 建築設計・補助
  • 内装工
  • 建築CADオペレーター
  • 介護(住宅改修)
  • 建築、不動産営業

求人票に記載されている職種名

建築大工、建築内装工、不動産営業、建築CADオペレーター、現場作業員(建築工事)、建築施工管理、家具・建具製造工、木材製材加工

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建築大工
  • 住宅の営業、リフォームの営業、不動産の営業
  • 建築設計補助
  • 建築現場での作業(主に内装工事、外装等)
  • 内外装材製材
  • 施工管理技術者

就職率

87.3%(平成28年度実績)


修了者の主な就職先

  • 久大建材(株)
  • (株)都市建設
  • (株)ながお
  • (有)シュペール
  • (株)富士ユニコン
  • (有)ヤマタホーム
  • (株)アイホームズ

※平成27~28年度修了生


賃金情報

修了生の採用時の賃金実績(前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

  • 13万円から20万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、一連の建築大工の作業、道具及び機械類の手入れ・使い方、継手・仕口の墨付け及び加工、木造建築物の作業の進め方(部材刻み、組立、内装の下地、仕上げ)を習得できます。
これらの基本の知識と技能を活用して、就職先企業でベテラン技能者のOJTによって、技能を向上させ、それぞれに関連する技能検定を受検します。
就職後は、就職先の仕事内容によって異なりますが、3か月もすれば訓練で習得した技能・技術とベテラン技術者の指導で、就職先が期待する仕事が出来るようになります。
約2~3年で熟練度は向上し、自らの判断で仕事が出来るようになります。


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講生の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。)

CADトレース技能審査(建築部門)

CADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験で、初級・中級・上級に分かれています。
試験には、年間2回の受験機会があり、前期は9月中旬頃、後期は2月中旬頃に行われます。
※訓練生は中級までの受験資格が与えられます。(実務経験不要)

CADトレース技能審査に関する情報を見る

建築CAD検定試験

試験は3級から准1級まであり、CADシステムを使って建築図面を作成する実務試験です。
年4回の受験機会があり、4月、7月、10月、1月の日曜日に行われ、認定校である当センターで受験できます。(ただし、准1級は年1回の10月のみの開催)

建築CAD検定に関する情報を見る

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、各種資格試験等を受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

ポリテクセンター鳥取 【訓練課】

TEL

0857-52-8802

FAX

0857-52-8784

E-Mail

tottori-poly03@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る