本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上人材育成支援センター

生産性向上人材育成支援センター

生産性向上人材育成支援センターのご案内 (966.39 KB)

「生産性向上人材育成支援センター」の概要を解説したリーフレットです。
生産性センターについて、まずこちらをご覧ください。

平成29年4月、全国のポリテクセンター、ポリテクカレッジ等に、中小企業等の生産性向上に向けた人材育成を支援することを目的とした「生産性向上人材育成支援センター」を開設しました。                            
生産性センターでは、次の4つの主な人材育成メニューで、中小企業等の生産性向上を支援します。
(1)ものづくり分野を中心とした企業の課題やニーズに対応した訓練(能力開発セミナー)
(2)生産性向上に関する課題やニーズに対応した訓練
(生産性向上支援訓練)                         (3)基礎的ITリテラシーを習得するための訓練 (IT活用力セミナー)                          (4)職業訓練指導員の企業への派遣や、当機構施設・設備の貸し出し

このほかにも、当機構の訓練を受講する際に利用可能な人材開発支援助成金についてもご案内させていただきます。
                                                                              

実施機関募集のおしらせ


生産性向上支援訓練

 中小企業等の幅広い職務階層の方を対象に、「生産管理」「品質管理」「原価管理・コスト削減」「流通・物流システム」「クラウド活用によるデータ管理・分析」「マーケティング」等、生産性向上に資する様々なカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じてオーダーメイドで訓練コースを設定しています。

生産性向上支援訓練のご案内

従業員の人材育成をお考えの事業主の皆さまは、ぜひ受講申し込みをお願いします。

生産性向上支援訓練とは

  • 企業の生産性向上に必要な生産管理、品質管理、原価管理、物流、IoT、マーケティング等、に関する知識やスキルを習得するための訓練です。
  • 新任層から管理者層まで、幅広い階層に対する訓練カリキュラムをご提案いたします。
  • 条件を満たせば、人材開発支援助成金が利用できます。
生産性向上支援訓練の流れ

訓練受講までの手順は

  1. 課題の洗い出し
  2. 訓練コースの決定
  3. 実施機関の選定
  4. 受講申し込み
  5. 訓練受講

と、なります。

訓練カリキュラムについて

  • 中小企業等の幅広い職務階層の方を対象に、「生産管理」、「品質管理」、「原価管理・コスト削減」、「流通・物流システム」、「クラウド活用によるデータ管理・分析」、「マーケティング」等、生産性の向上に効果的な訓練コースをご用意しています。
  • モデルカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じて、オーダーメイドで訓練コースをカスタマイズできます。

生産性向上支援訓練の受講者募集について

生産性向上支援訓練利用者の声

お問い合わせ

ポリテクセンター鳥取 生産性向上人材育成支援センター 

  • 住所:〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7丁目1番11号
  • TEL:0857-52-8804 FAX:0857-52-8811
  • Email:tottori-seisan@jeed.or.jp

IT活用力セミナー

 第4次産業革命による技術革新の進展により、あらゆる産業において、IoT(Internet of Things)、
ロボット、ビッグデータ、AI、RPA(間接業務の自動化、効率化)などのIT技術の利用が進められ、中小企業がIT技術を活用した事業展開を図るためには、全ての従業員が基礎的なIT知識・活用技術を身につけることが求められています。

IT活用力セミナーとは

 現在入手・利用可能なITを使いこなし、企業・業務の生産性向上やビジネスチャンスの創出・拡大に結び付けるため、全てのビジネスパーソンが標準的に身につけるべきITの基礎知識や活用技能、情報セキュリティ等を習得するためのセミナーです。鳥取県内の企業等で働く方々を対象として「IT活用力セミナー」を東部、中部、西部の各地域で実施します。

IT活用力セミナーの受講者募集について

令和2年度実施予定コース

  コース名 日時 締切 会場 受講料
1 表計算ソフトの業務活用  5/12(火)、19(火)  4/20(月)  日建学院鳥取校  3,300円
2 視覚効果を活用するプレゼンテーション技法  5/20(水)、21(木)  4/30(木) ㈱インサイト  3,300円
3 ビジネス文書作成術  5/26(火)、6/9(火)  5/12(火)  日建学院鳥取校  3,300円
4 トラブル時に役立つ通信ネットワークの基本  6/2(火)  5/19(火) ㈱インサイト  2,200円
5  表計算ソフトの業務活用  6/10(水)、11(木)  5/27(水)  学校法人中央高等学園  3,300円
6  SNSを活用した情報発信  6/13(土)、20(土)  5/28(木) ㈲米子情報処理センター明治町教室  3,300円
7  表計算ソフトの業務活用  7/4(土)、11(土)  6/18(木)  ㈱スペック  3,300円
8  社内ネットワーク管理に役立つLANの基礎  7/7(火)  6/23(火)  ㈱ナレッジサポート湖山校  2,200円
9  ムダを発見するための業務とデータの流れの見える化  7/14(火)  6/30(火)  ポリテクセンター鳥取  3,300円
10  業務に役立つ表計算ソフトの関数の活用  7/25(土)、8/1(土)  7/9(木)  ㈲米子情報処理センター明治町教室  3,300円
11  SNSを活用した情報発信  8/6(木)、7(金)  7/20(月)  ㈱ナレッジサポート湖山校  3,300円
12 ビジネス文書作成術  8/22(土)、29(土)  7/31(金)  ㈲米子情報処理センター明治町教室  3,300円
13  業務に役立つ表計算ソフトの関数の活用  8/27(木)、28(金)  8/13(木)  ㈱ナレッジサポート湖山校  3,300円
14  ネット炎上とSNSの危険性  9/4(金)  8/20(木)  ポリテクセンター鳥取 2,200円
15  大量データ処理に活用するデータベース(基本編)  9/15(火)、18(金)  9/1(火)  ㈱スペック 3,300円
16  業務に役立つ表計算ソフトの関数の活用  9/28(月)、29(火)  9/10(木) 有限会社ほうき 3,300円
R2年上半期募集リーフレット (811.28 KB)

申し込み方法

  • 申し込み先
  • ポリテクセンター鳥取 生産性向上人材育成支援センター
    IT活用力セミナー担当
  • 住所:〒689-1112 鳥取市若葉台南7丁目1番11号
  • TEL:0857-52-8804 FAX:0857-52-8811
  • E-mail:tottori-seisan@jeed.or.jp

受講申し込みにあたってのご注意
・企業(事業主)からの申し込みに限ります。個人での申し込みはできません。
・コースごとに「実施会場」「受講料」「申し込み締め切り日」が異なります。
・申し込みは先着順で受付し、定員に達した場合は、締め切り日前でも受付を終了します。
・申込者数が一定の人数に満たない場合は、コースを中止または延期するときがあります。あらかじめご了承ください。
・実施機関及び実施機関の関係会社(親会社・子会社・関連会社等)の方は受講できません。
・募集締切後、受講料の請求書を郵送いたしますので、期日までにお振込みください。


能力開発セミナー

  • 中小企業等の在職者の方を対象に、仕事をする上で必要な専門知識及び技能・技術の向上を図るため、機械・金属、電気・電子、居住などのものづくり分野を中心に、設計・開発、加工・組立、工事・施工、設備保全などに関する訓練を実施します。
  • 地域の中小企業等の人材育成ニーズに対応した訓練コースを全国で多数実施しているほか、企業のご要望に応じてオーダーメイドで訓練コースを設定することもできます。

お問い合わせ

ポリテクセンター鳥取 生産性向上人材育成支援センター 

  • 住所:〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7丁目1番11号
  • TEL:0857-52-8802 FAX:0857-52-8784
  • Email:tottori-seisan@jeed.or.jp

職業訓練指導員の派遣、機構施設・設備の貸出

  • 「研修を行いたいが、講師を担う人材が不足している」、「研修を行う場所がない」といったお悩みがある場合、ご相談の内容に応じて、当機構の職業訓練指導員を派遣や、当機構が運営するポリテクセンターやポリテクカレッジの施設設備(会議室、実習場及び設備・訓練用機器)の貸出しをおこなっています。

お問い合わせ

ポリテクセンター鳥取 生産性向上人材育成支援センター 

  • 住所:〒689-1112 鳥取県鳥取市若葉台南7丁目1番11号
  • TEL:0857-52-8802 FAX:0857-52-8784
  • Email:tottori-seisan@jeed.or.jp
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る