校長挨拶

学校案内


 関東職業能力開発大学校は、関東平野のほぼ中央で交通の要衝である栃木県小山市に位置しています。この水と緑の美しく豊かな環境のもとで社会の変化に対応できる「ものづくり力、ひとづくり力」を持つ実践技術者の育成を行っています。
 関東職業能力開発大学校は、1968年4月に開設された小山職業訓練所に端を発し、その後1983年4月に二年制大学校として小山職業訓練短期大学校に改組され、2001年4月には4年制大学校として、関東職業能力開発大学校に名称変更をしました。
 現在までに輩出した卒業生数は、小山職業訓練短期大学校からの卒業生を含め3500名を超え、多くの卒業生が関東を中心として産業界で幅広く活躍しており、本大学校の評価を高めております。

 現在は、急速な進展を続ける高度情報社会を背景に第4次産業革命の時代と言われています。第1次産業革命では「蒸気機関」、第2次産業革命では「電気技術」、第3次産業革命では「電子情報技術」が生産現場を変えました。現在進行している第4次産業革命では、IT(情報技術)やビックデータの活用に加えてAI(人工知能)を活用することで社会構造や産業構造に大きな変化が予想されます。また来る2040年代はIoT(モノのインターネット)やAIを用いた産業技術が成熟し、生産現場にAI技術が深く関わってくるとの予測を国が示しております。
 本大学校では、このような産業界の変革にも十分に対応でき「ものづくり力をベースにひとづくりができる生産現場を支える人材」育成を目標とした教育システムを充実させております。大学校で学ぶ専門知識に加えて、ものづくり力(実践的技術力)およびマネジメント力・問題発見解決力・コミュニケーション力・リーダーシップ力・計画推進力など職業人として必要な変革対応推進の能力は、第4次産業革命にも十分対応できるものです。さらにはこれらのスキルを身につけた学生は、将来にわたり産業界の発展を牽引する人材になると確信しています。

 皆さん、変革の時代だからこそしっかりとした知識・技術・技能力を身につけ、ものづくり産業の先導役として未来を切り開きませんか。
 皆さんのチャレンジを本大学校は待っています。

渡邉 信公 校長

渡邉 信公 校長

【経歴】
・職業訓練大学校電気科卒業
・博士(工学) 東京大学
・静岡技能開発センター教導、
 職業能力開発総合大学校助手、
 講師、准教授、教授
・平成29年4月より現職
・専門
 電気設備工学、設備保護(雷保護)
・受賞
 電気設備学会論文奨励賞(1992)、
 (2017)
 技能振興事業功労者表彰(2006)
 電気学会学術振興賞:進歩賞
 (2010)
 澁澤賞(学術部門)(2015)
 電気安全功労者経済産業大臣表
 彰(2016)