本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3M051 機械設計のための公差設計技術 受付終了

訓練日程
7/3(水),4(木)
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
12時間
受講料
22000円
定員
12名
対象者
機械設計業務、補助業務に従事する方
訓練内容

機械設計を進める上で各部品や製品に適切な公差を設け、その機能を満たすようにすることは重要な要素といえます。また、要求される機能のみならずコストとのバランスなども考慮する必要があります。当セミナーでは、公差の考え方や設定の仕方を実習やディスカッションを通して習得します。

1.公差の概要
 (1)設計業務と設計者の技能
 (2)寸法公差と製品の形状について
 (3)幾何公差について

2.公差設計概要
 (1)公差設計の必要性
 (2)完全互換性と不完全互換性による公差設定      
 (3)公差設計と部品製作の精度

3.公差設計実習(グループによる解析実習)
 (1)公差設計による公差の割り付け
 (2)設計検証
 (3)構造変更案の検討と変更案の公差設定
 (4)発表

4.工程能力
 (1)公差と工程能力の関係
 (2)工程能力指数による公差の設定

5.まとめ
 (1)質疑応答
 (2)コース内容のまとめ

使用機器・教材
テキスト (株)プラーナー発行
持参品・服装
筆記用具、関数電卓
実施場所
ポリテクセンター静岡
備考
旧コース:機械設計者のための公差解析技術
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る