本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3M401 マシニングセンタ実践技術(プログラム・加工編) 受付終了

訓練日程
8/6(月),7(火),8(水),9(木),10(金)
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
30時間
受講料
20500円
定員
10名
対象者
機械加工作業に従事する方、またはその候補の方、段取りや機械操作を学びたい方
訓練内容

金型、部品製造などにおけるマシニングセンタ加工作業の効率化・高精度化をめざして、実践的なプログラム(サブプログラム、固定サイクルなど)を理解し、プログラミングをより効率化する知識などを習得すると共に、加工工程、段取り、切削条件等を課題加工実習を通し、製造現場で要求される製品加工及び生産性の向上ができる技能を習得します。

1.マシニングセンタプログラミング
(1)プログラミングの手順
(2)アブソリュートとインクレメンタル(特徴と活用法)
(3)準備機能(G機能:位置決め、直線補間、円弧補間、ドウェル)
(4)補助機能(M機能)
(5)工具径補正(スタートアップとキャンセル、使用上の注意)
(6)原点復帰
(7)工具交換機能
(8)固定サイクル(動作、指令、パターン、繰返し)
(9)サブプログラム(サブプログラムの形式、呼出し指令)

2.プログラミング課題(平面、溝、穴、タップの各要素を含んだ加工課題)
(1)プロセスシートの作成
(2)加工工程表の作成
(3)効果的なプログラミングの検討

3.マシニングセンタ段取り作業
(1)NC工作機械の座標系(座標系、最小設定単位、プログラム原点)
(2)工具長補正(工具長さによる補正、その他)
(3)工具形状補正(工具形状補正・摩耗補正の使用法)
(4)プログラムチェック(シングルブロック、ドライラン、エアカット)
(5)実加工オペレーション(補正量の修正)

4.加工課題実習
(1)ミーリング加工
(2)穴加工(ドリル、リーマ、ボーリング、ミーリング)

5.まとめ

使用機器・教材
マシニングセンタ(ファナック株式会社製 ROBODRILL α—T14iFa)
※FANUCのプログラムについて講習を行います。
持参品・服装
筆記用具、作業服、帽子、安全靴
実施場所
O棟 機械系実習場
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る