プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | トピックス |「第21回おや!なぜ?横丁-サイエンス・アベニュー-」に出展しました:2016年12月20日

トピックス

「第21回おや!なぜ?横丁-サイエンス・アベニュー-」に出展しました

2016年12月20日

12月17日(土)、18日(日)に浜松科学館において開催された「第21回おや!なぜ?横丁-サイエンス・アベニュー-」に2テーマの「ものづくり体験教室」を出展しました。
浜松科学館が主催する本イベントは、ものづくりのまち・浜松で活躍する企業や各種教育機関、さらには科学館が運営するサイエンスボランティア等、科学に携わる人々の創意工夫が一堂に会し、訪れた市民の皆様が科学への興味並びにものづくりへの関心をより一層高め、人と人とのコミュニケーションの間で科学する心を育むことを目的として開催されており、今回で21回目を数えます。

今回も、昨年に引き続き、初日17日には、「光るLEDジェルキャンドルを作ろう!」を、2日目18日には、「電子ゲームを作ろう!」を、それぞれ10人ずつ4回に分けて開催いたしました。

両日とも、科学館の入口に設けられた整理券配布所では、当校の体験教室を含む他の教室受講を希望される多くのお客様に並んでいただきました。
始まってからも、多くのお客さまからお問い合わせをいただきましたが、材料の都合上、ご参加できなかったお客様には大変申し訳なく思っております。



◆12月17日(土)「光るLEDジェルキャンドルを作ろう!」
透明なガラスコップに6色の砂、プラスチックの貝やガラス細工等を入れて、溶けた透明のジェルを流し込んで約30分かけて固めます。容器の中心にある青・赤色LEDライトを点灯させると幻想的に輝きます。




初めに、上手に作るためのポイントについて全体説明を行いました。



中に入れる貝やガラス細工等を選んでいただきました。



6色の砂を敷き詰めていきます。



溶かしたジェルが約30分で固まりました。底からの気泡が水の中の雰囲気を出しています。




◆12月18日(日)「電子ゲームを作ろう!」
はんだ付けする必要がない簡単な回路を組み合わせてカベ当て電子ゲームを作ります。
電子ゲームは、テレビのビデオ端子に接続して遊ぶことができます。




今回作る電子ゲーム機の組立て手順や遊び方を説明しました。



はんだ付けする必要がない簡単な回路なので、説明書を読みながら、次々に組立てていきます。



わからないところは職員が説明しました。



完成した電子ゲームを液晶モニターに接続して、遊んでいただきました。
 
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved