プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | トピックス |電気エネルギー制御科 ソーラーバイクレース2016笑輪 出場報告(2日目):2016年10月4日

トピックス

電気エネルギー制御科 ソーラーバイクレース2016笑輪 出場報告(2日目)

2016年10月4日

 第12回ソーラーバイクレース2016笑輪が9/17~18に開催されました。
電気エネルギー制御科から、1チームが参加し各種競技に挑戦しました。(会場は、浜松オートレース場です)
この大会の様子を報告します。

準備~1日目の報告はこちら

目標:今回で二度目の挑戦。昨年の無念を晴らすべく、すべての競技に参加すること!!

ソーラーバイクレースの動画です



[2日目]
9/18(日)昨日と同じく7時00分に会場に集合。
あいにくの雨となり、多くのチームがバイクに防水対策を施していました。
当チームも、バッテリーケース、制御装置、モータや電装などを養生テープなどで保護しました。
何度も参加されているチームからは、サランラップも便利と教えていただきました。

雨の影響で、耐久レースの開始が30分遅れましたが、スタートしました。
昨日、温存しておいたバッテリーを最大限に活用し、このレースでポイントを稼ぐことができました。
バッテリーの影響からか、参加できないチームもありましたが、当チームは最後まで走りぬくことができました。
続いて、スプリントレースです。再度2番手となりレースを終えました。全チーム中のおおよそ中間あたりという結果でした。
それでも、スタート時は接戦となり、速度レースをしている様子が動画でも確認いただけると思います。


2日目はさらに競技の種類は増え、バイクをつかったフリーパフォーマンスの時間です。
学生の皆さんがいろいろと意見を出し合った結果、なぜかはわかりませんが、サイボーグ009の衣装を身にまとい、ちょっとした寸劇をしてくれました。
他チームもさまざまなパフォーマスを行われ、終始笑顔の絶えない時間となりました。
得点の高いチームは時代に沿った(例えばスマフォでのモンスターを捕まえるアプリを題材にしたもの)が、皆さんが見ていて理解しやすく得点が高くなり、改めて考えさせられる良い機会となりました。
少しサイボーグ009では古すぎたようです(担当講師はストライクの世代ですが・・・)。
このフリーパフォーマンスも長くあり、ようやくここで休憩をゆっくりと取ることができたように思います。


最後に耐久4thステージのスタートです。雨は降ったりやんだりを繰り返し、充電電流はわずか0.3Aと期待できません。
残るバッテリーで何とか走行し、最後の最後のチェッカーフラッグは受けてもらいたいと思い、少しバッテリーには無理をさせながら使用しました。
あと残り1周できるかどうかという所で、なんとか最後のチェッカーフラグを受けることができました。


目標達成!!
学生の皆さんが怪我・事故なく無事に終了し、全レースに参加できました。


ピットを片付け後、閉会式が行われ、結果がわかることになりますが、学生、担当講師、そして応援していた私も含めて何よりもこの目標達成がとても嬉しかったです。
昨年は、学生の皆さんが悔しい思いをしたので、今年は彼らの思いを晴らすことができ良かったと思います。

いよいよ、結果発表です。耐久レース、スプリントレース、フリースタイルでの上位チームが表彰されていきます。
大会運営側の意向で表彰する数も多く、長い時間となりますので、学生も疲れの表情が隠せなくなってきた頃、

「未来賞 受賞!! ゼッケン番号11番 ポリテクカレッジさん」

この声には、学生も息を吹き返しました。今後の活躍と未来あるチームということで賞をいただきました。
「今年は何ももらえないよ。」と学生に話をしていましたので驚きました。
最後は記念に写真を撮ってもらうなど、本来の笑顔に戻ってくれていたので良かったと思います。


         =大会結果=
耐久レース   7位/13チーム 115ポイント
スプリント   8位/13チーム  40ポイント
パフォーマンス 6位/13チーム  83ポイント
―――――――――――――――――――――――――
総合      8位/13チーム 238ポイント


上位のチームは、常連チームが大半を占める結果でしたが、昨年に比べ、上位チームに少し手が届きそうなところまで得点が獲得できたことが良かったと思います。
なお、この結果は表彰後に副賞とともに頂いたのですが、学生も気になっていたようで、その場で急ぎ結果を確認していました。副賞よりも順位が気になってくれたことが、また喜びでした。

閉会後、学校まで移動し荷物を下ろして解散しました。無事、家に到着し参加者全員が熟睡できたことと思います。
ものづくりの正確さ、厳しさや過酷さ、考える力や話し合う力、自分達の手でものづくりを行った電動バイクを運転し、大人を交えたレースをしたというその経験、その楽しさ喜びなど得ることができたのではないかと思います。

運営に携われた関係者の皆さま、ならびに応援に来ていただきました多くの関係者の皆さまに深く御礼申し上げます。


ありがとうございました。
(指導教官)



 




耐久3rdステージ
雨天の中スタートです。

滑らないよう気を付けての運転です。



チェッカーフラッグを受けます

記録確認です。
また、雨が激しくなってきました。



フリースタイルの様子です。009風です。
捕まった003を助けようとしますが

ボスに一度やられちゃいます。
これらの演技をぴったり1分にしないと減点となります。
1秒=-1点 厳しい採点です。



内容はわかりやすいと思いますが

6位という高得点でした。



耐久4thステージ
スタート準備です。

バッテリー残量を見ながらの運転です。



慎重な運転を心がけます。

最後のドライバ交代となりました。



未来賞をいただきました。

最後の記念撮影の様子です。



左より、淺井(職員)、荻野(職員)、猪又選手、佐野選手、磯部選手、森選手、影山(職員)


 
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved