プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | トピックス |能力開発セミナー「有接点シーケンス制御の実践技術」の受講内容について:2016年8月4日

トピックス

能力開発セミナー「有接点シーケンス制御の実践技術」の受講内容について

2016年8月4日

 在職者の方を対象とした能力開発セミナー「有接点シーケンス制御の実践技術」を8月2~3日に開催しました。

 工場内では自動生産システムの制御回路を構築するために、シーケンス制御が用いられます。
 小規模なシーケンス制御回路は有接点シーケンス制御を用いていることが多いのが現状です。
 そのため、有接点シーケンス制御に関わる、スイッチ、ランプ、リレー、タイマ、カウンタなどの機器の種類や選定方法、制御回路の理解・配線・動作確認の技能技術が現場で求められています。

 このコースでは、有接点シーケンス制御に関わる技能技術を習得するコースとなっています。
 1人1台の作業盤を用いて、実際の事例を想定しながら、制御回路の作成、動作確認を実施します。
 次年度も開催予定となっております。

 カリキュラムの詳細はこちらまたはセミナーパンフレットをご覧ください。




能力開発セミナーの講習風景です。

作業盤は1人1台で実施します。
講習の多くの時間を実習時間として、技能技術を身に着けます。



工具も1人1台用意し、圧着端子の取付から行います。

ホワイトボード、プロジェクターを用いて、講習を進めていきます。






 
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved