プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | トピックス | 電気エネルギー制御科「若年者ものづくり競技大会メカトロニクス職種報告」2日目について:2014年8月5日

トピックス

電気エネルギー制御科「若年者ものづくり競技大会メカトロニクス職種報告」2日目について

2014年8月5日

 中央職業能力開発協会主催の第9回若年者ものづくり競技大会が7/28~29に開催されました。 電気エネルギー制御科から、メカトロニクス職種に挑戦しました。(メカトロニクス職種は、山形にて開催されました。)今回は、大会の様子(2日目)を報告したいと思います。

[2日目]
 7/29(火)7時30分に、山形ビッグウィングに到着し、8時15分から出欠席確認、競技説明が始まり、競技準備となります。競技前の緊張感が会場に漂います。
 8時45分から第1課題の競技が開始。配布された部品を分解・組立、それと同時にプログラムを作成します。今回の課題は、いままでの課題の傾向と異なり、入賞常連校も苦戦しています。2時間が経過して、第1課題の競技が終了となりましたが、どのチームも終わりません。今年は時間の延長もありませんでした。
課題は終わらなかったのですが、部品の組立状態の採点を行います。
 そして、1時間の昼休憩となりますが、選手は外部との接触をさけるために、別室で弁当を食べます。

 第2課題は13時から開始です。競技時間は30分です。通常はトラブルシューティング課題で、昼休みの間に競技員が機器を故障させ、復活させるものです。しかし、どのチームも第1課題をクリアすることができなかったため、引き続き第1課題を実施します。しかし、この時間でも、どのチームも終わらずに終了となりました。

 第3課題は14時から開始です。競技時間は1時間30分です。通常はメンテナンス課題で、指定された部品を取り外し、部品を追加して動作をさせる課題となります。ここでは、第1課題が終了し、残り時間があった場合、第3課題を実施します。入賞校は、第3課題をいかに速く終わらせるかで順位が決まるため、選手の集中力はものすごいものがありました。
30分経過すると、少しずつ拍手が聞こえてきます。拍手は、課題クリアがされるとおこります。
速いチームは、残り時間で第3課題もクリアしました(でもギリギリの時間です)。

 浜松校は、部品(ハードウェア)の組立に手こずり、ほぼ組み上げたところで、タイムアップとなりました。参加した1/3のチームは、第1課題をクリアすることができないほど、難しい問題であったと思います。その中でも、初出場で、ハードウェアをほぼ組み付けることができたのは見事だと思います。
 第1課題をクリアしたチームは、26チーム中9チーム、第3課題をクリアしたチームは、3チームでした。。
 全国にある姉妹の大学校のうち、千葉職業能力開発短期大学校(浜松校と同じ、初出場です)、東海能開大(岐阜県:女性2人のチームです)、九州能開大(福岡県:昨年は優勝、敢闘賞を受賞)が参加しました。また、静岡県からは、掛川工業高等学校が参加しました。

 九州能開大は、みごとに2位となりました。おめでとうございます!。
 他の職種と異なり、競技時間も長く、選手は緊張が続き疲れたと思います(山形ビッグウィングの会場で、最後まで競技をしていたのは、メカトロニクスでした)。
 選手のみなさん、お疲れ様でした。




競技前の会場です。指定時間前には各エリアに入ることはできません。どのエリアも整理整頓されています。

競技は、ゼッケンを付けて行います。お揃いのシャツは、静岡県から提供されました。



競技課題実施中の永吉選手。ハードウェア担当で、配布された部品を組み立て、位置決めをおこないます。

競技課題実施中の中村選手。ソフトウェア担当で、ワークの排出場所を考えながらプログラムを作成します。



第1課題実施後には、審査員立会いの下、組立の採点が実施されます。

第1課題(標準課題)に合格すると、シールが貼られます。



千葉職業能力開発短期大学校チームです。3月にMPSユニットを購入し、浜松校と同じ初参加です。

東海能開大チームです。女性2人のチームで優勝を狙います。



九州能開大チームです。優勝常連校で周りはいつも人だかりです。今回は2位でした。

同じ静岡県からは、掛川工業高等学校が参加しました。



競技終了後に、全チームにより記念撮影が行われました。喜び、悲しみ・・・競技の世界は厳しいです。

永吉、中村両選手とも、よい経験になったと思います。お疲れ様でした(ゼッケン18)。

■ 準備・1日目の報告 ■
 
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved