プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | 各学科紹介 | 卒業生の声・修了生の声

各学科紹介

卒業生の声・修了生の声

第一線で活躍しているポリテク浜松のOB達
土屋 貴司:平成18年度 生産技術科卒業生 不二工機製造株式会社 工作第2 グループ所属
学校で学んだ実践的な授業が今でも大きな支えになっています。

私の部署では精密機械の金型の製造をしており、MCのオペレーターを担当しています。現場では主に1次加工なので形状を荒加工することがメインです。角材などから製品の形状に削っていくことや、ひとつひとつのプログラムを自分の手でつくっていくことに醍醐味を感じています。製品に対してベストな段取りや最適な加工方法を考えたり、毎日覚える事がいっぱいです。そんな中で学生時代に学んだ多くの実践的な授業が現場では本当に役立っています。これからも切磋琢磨して多くの技を磨いていきたいですね。

土屋 貴司
松本 学:平成20年度 電気エネルギー制御科(仮称)卒業生 株式会社日本設計工業 新事業設計所属
独自の技術で製品を開発し提供し続けていくことから新しい発想が生まれる。

医療、医薬、半導体、自動車、物流など様々な業界にマテハンシステムをトータルエンジニアリングとしてお客様に提供する仕事をしています。クライアントの要望を聞き取り、そ れを反映させた設計やシステムをつくりあげる。日々新しい発想や技術開発を高めることができる社風の会社なのでとても充実しています。ものをつくる過程で現場だけ、設計だけと、どうしても偏りがちになることもありますが、前工程から後工程へと続く一連の流れの大切さを、授業や学校生活の中で多く学べた事が今も活きていますね。

松本 学
石川 貴浩:平成17年度 電子技術科卒業生 ヤマハファインテック株式会社 FA 製造科所属
学校で学んだハードとソフトの知識が今現場で活きています。

仕事は測定機械のメンテナンスで、機械から得たデータを精査して不具合箇所を特定、修理しています。とても難しい仕事ですがとにかく楽しいです。プログラムに関わる部分以外にも基盤なども検査するのですが機械のハード面とプログラムにからむソフトの面を学校で教わっていたので、会社に入ってから比較的スムーズに仕事を覚える事ができました。今は仕事をガムシャラに頑張っていますが実は余暇の過ごし方がとても大切だと思っています。オフの時間の使い方がうまい人ほどやっぱり仕事も早いし、デキますね。

石川 貴浩
辻 敏幸:平成16年度 情報技術科卒業生 ヤマハモーターソリューション株式会社 生産調達システム開発グループ所属
海外で自分の手掛けたシステムが動くやりがいも喜びも大きな仕事。

ヤマハ発動機グループの生産調達システムの開発に携わっており、システムの主な展開先はインドネシアやインドなどの海外になります。文化や言葉の壁もあり戸惑うこともありますが、自分の手掛けたシステムがうまく稼働したときは大きな喜びを感じますね。学生時代、学校で教えて頂いた先生方が業界で働いている方が多く、入社してから学んだ事がすぐに実践で役立ちました。今はシステムを活かすためにコンピュータだけでなく人と人とのコミュニケーション能力を磨けるように日々勉強しています。

辻 敏幸
十亀 明彦:平成20年度 電気技術科卒業生 株式会社日本空調東海 施設管理部所属
規模の大きな施設の管理で多くの知識や経験を身につけています。

私の業務は製造現場である施設の点検や管理を行っています。担当している会社がかなり規模の大きな工場なので個々の設備を理解した上で適切な点検や管理が必要になります。特に学校で学んだ特高変台の知識はとても役に立っています。最近は一人で管理を任せてもらえるようになったので、大きな責任を感じるとともに、今まで以上に仕事に対して真剣に向き合うようになりました。まだまだ知らないことが多いですが、このやりがいのある仕事を究められるようなレベルの高い技術を身につけたいです。

十亀 明彦
実践技術者から生産現場のリーダーへ。

最近の急激な産業構造の変化の中で、企業は製品の高付加価値化や新分野への展開を図ることが必要になり、これらの生産現場での“ものづくり”を担っていく、高度で幅広い関連分野の職業能力を持つ実践技術者の育成が急務となっています。さらに、技術革新は、産業構造や、社会構造をも変革させてきており、今後も我々の創造をはるかに超えるスピードで進展していくと予想されます。そこで、実践技術者を育成する“専門課程”に加えて、生産現場のリーダー育成を目的とする“応用課程”を全国に11ヵ所開設しています。応用課程では“ものづくり”を基盤とした2年間の独創的な教育システムにより、生産現場に密着した訓練内容のもと、工業技術を「理解する」だけでなく、「活用する、実践する」能力を併せて習得し、21世紀の社会を担う高度で幅広い関連分野の職業能力を有する、将来の生産現場のリーダーとしてふさわしい資源を持った人材を育成しています。東海地方で応用課程を実施しているのは東海職業能力開発大学校です。当短大校の推薦及び入学試験によって、専門課程の修了後に進学することができます。

応用過程の流れ

詳細情報は「応用課程について」をご覧ください。

 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved