プロフェッショナルへの道

NOKAIDAI ポリテクカレッジ浜松

浜松職業能力開発短期大学校

  • 入学希望の方へ
  • 在校生の方へ
  • 企業様・地域の方へ
  • 卒業・修了生の方へ
  • 保護者の方へ
HOME | 各学科紹介 | 学科概要 電気技術科

各学科紹介

電気技術科 学科概要

電気設備に必要な技能と技術および資格取得を目指すカリキュラムと企業実習で電気のスペシャリストを養成。

 

電気は産業活動のエネルギー源です。電気に関する知識・技術・資格があれば年齢に関係なく就業できるチャンスが広がり、職業的自立にも有利になります。当校では電気の実践技術者の育成を目的とする「電気技術科」をデュアルシステムによって教育しています。
電気技術科は、電気主任技術者(第三種)、電気工事士(第一種、第二種)の資格取得に必要な知識、技能・技術を校内のカリキュラムと企業実習によって習得し、工場やビルなどの電気設備の保守・管理ならびに電気工事に従事できる人材の育成を目指しています。

受講することで取得できる資格

ガス溶接技能講習(静岡労働局長登録教習機関第22号)


講 師
電気設備工事・保守管理の一流スペシャリストを育成
電気技術科では、企業実習と教育を並行して行う日本版デュアルシステムに取り組んでおり、インターンシップ及び企業実習等で4ヶ月間、実際の建設現場で実践的な技術を学ぶことができます。電気工事士等の国家資格へのサポートも充実しているため合格率が高く、最新機材を1人1台使用できる少人数制ならではのメリットがあります。常に探究心と課題解析能力を持ち、様々な困難を乗り越えられる技術者の育成を目指します。 鈴木 淳巳
鈴木 淳巳
 

日本版デュアルシステムの2年間

日本版デュアルシステムとは厚生労働大臣をはじめとした関係4大臣が推進する「若者自立・挑戦プラン」の一貫で、
やる気のある若年者の職業的自立を促進するものです。

日本版デュアルシステムのメリット
  • ●就労型企業実習では、有期雇用による賃金が得られ、
    訓練期間中の経済的負担が軽減。
  • ●企業から仕事に対する適正な評価を受けることができ、
    常用雇用での就職が有利。
委託実習の様子委託実習の様子
1年目 10月~

電気工事士(第一種、第二種)および電気主任技術者(第三種)の資格取得に必要な知識、技術を習得。

6月上旬:電気工事士 筆記試験(第二種)→7月上旬:電気工事士 技能試験(第二種)→9月上旬:電気主任 技術者試験(第三種)
2年目 10月~

1年目で習得した知識、技術および資格をもとに、委託型および就労型の企業実習で、より実践的な知識、技術を習得。

10月上旬:電気工事士 筆記試験(第一種)→委託実習 1ヵ月程度→12月上旬:電気工事士 技能試験(第一種)→就労実習 3ヵ月程度
就職

企業とのマッチングにより実習先に就職できます。

卒業後の主な就職先 ●ジヤトコプラントテック(株)●DOWAメタニクス(株)●(株)ソミック石川 ●浅海電気(株) ●(株)日本空調東海
電気技術科 学生募集はこちら
 
ポリテクカレッジ浜松
〒432-8053 静岡県浜松市南区法枝町693
独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東海職業能力開発大学校附属 浜松職業能力開発短期大学校 ポリテクカレッジ浜松
Copyright 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 静岡 All Right Reserved