グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  お知らせ・新着情報 >  能力開発セミナー 「モーションコントロール機器の制御技術」の受講内容について

能力開発セミナー 「モーションコントロール機器の制御技術」の受講内容について


 在職者の方を対象とした能力開発セミナー「モーションコントロール機器の制御技術」を10月23日~25日に開催いたしました。

モーションコントロールとは、「動きを制御する」ために、各種モータによる速度・位置制御などが含まれます。その技術は、工作機械、ロボット制御、半導体製造装置、射出成形機、デジタル家電検査装置などに活用されています。
セミナーの内容は、モーションコントロールボードとパソコンとを組み合わせて、PID制御やフィードフォワード制御の各種パラメータの設定方法やモータチューニングをおこない、アプリケーション開発に必要な要素を習得します。

使用するモーションコントロールボードは、オムロン株式会社製です。
https://www.fa.omron.co.jp/products/category/automation-systems/multi-axis-controller/

1人1台のパソコン、実習機器を使用し、実際の事例を想定し動作を確認します。講師は、講習の経験も多く、実際の機器の導入も行っているオムロン株式会社から招いています。
 
来年度も、当施設で開催予定です。

能力開発セミナー風景です
今回は、10人が受講されました。

サーボモータを搭載した実習装置です。実際に、プログラムを作成し、実機のモータの回転状態を確認しながら行います。

パソコンの画面は、プロジェクターを活用して映し出されます。

制御用パソコン、機器等、1人1台の機器で実習します。