グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  学生向けトピックス >  第9回オープンキャンパスを開催しました!

第9回オープンキャンパスを開催しました!


1月26日(土)に第9回オープンキャンパスを開催しました。

今回は概要説明と施設見学のみの短縮版での実施でした。

はじめに、当校の6つの特徴についてご説明しました。

企業が求める知識や技術を効率的に習得することができるカリキュラムにより、当校は過去5年にわたり就職率100%(正社員)を達成しています。

概要説明の様子



その後、施設と設備を見学していただきました。

当校では、社会人の技能・技術向上研修(能力開発セミナー)にも使用される最新の機器や、実際に企業が導入している機器を設置しています。

一部の大型機器等を除き、1人1台を用意しており、機器に触れる時間が多いことが特徴です。


◆生産技術科

設計から機械加工、測定まで学ぶことで機械関連企業への就職をめざします。

入校すると、まずは汎用工作機械(旋盤やフライス盤)による加工法や製図、測定といったものづくりの基礎を学びます。
2年次に入ると、CAD設計(コンピュータによる設計・製図)や自動機による機械加工を習得します。
切削加工の分野でも自動化が進んでおり、量産品はマシニングセンタ、NC加工機等といったプログラミングにより自動で加工できる機械で製造されることが多くなっています。
   

◆電気エネルギー制御科

社会の電気を支え、ロボット、EV(電気自動車)、省エネルギーに対応できる技術者の育成している科です。
ものづくりの現場ではコンベアやロボットなど、自動設備が多く採用されており、将来的にはさらに製造工程のロボット化が進むと予測されています。
電気エネルギー制御科では、そのような自動化機器を開発・メンテナンスできるような知識や技術を身につけます。

   

◆電子情報技術科

わたしたちの身の回りの電化製品は、ただ電気を通すだけでは動いてくれないものがほとんどです。
電化製品を分解すると、基板という電子部品や回路が組み込まれた板が配線されています。その基板には、「電源をONにするとランプが光る」「ボタンを押すと温度が上がる」等といった命令がプログラミングされています。

電子情報技術科では、ハードウェア(基板や電子回路)とソフトウェア(どんな動きをしてほしいか命令するプログラム)どちらもバランスよく学ぶことで、IT技術を使いこなし、幅広い専門分野で活躍する人材を育成します。
   


◆電気技術科(10月入校)

電気工事や、電気関連の保守管理業務への就職により特化した科です。
校内での座学・実習と企業実習(インターンシップ)を組み合わせたカリキュラムが特徴です。
電気のスペシャリストをめざし、電気主任技術者、電気工事士等の資格取得に必要な知識も習得することができます。


★学生募集中★

当校では2019年4月入校生を募集しています。
ものづくりが盛んな浜松で、将来につながる技能・技術を身につけてみませんか?


普通科高校出身でも大丈夫!
当校は7割程度が普通科高校出身の学生です。

基礎から学べるカリキュラムで未来のものづくりを支える技術者をめざせる環境があります。
工業高校出身の方は、今お持ちの技術をより高めることができます。

募集についての詳細は、こちらの入試情報のページをご覧ください。


学校見学・個別相談は随時受付中です。
保護者様のみでの来校も大歓迎です。
053-441-4444にお電話いただくか、こちらのメールフォームからご連絡ください。