グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  よくあるご質問 >  キャンパスライフ・キャンパス全体のよくあるご質問

キャンパスライフ・キャンパス全体のよくあるご質問



短期大学校とはどのような意味ですか。

A.文部科学省が所管する基準に基づいて主に2年間の課程を「短期大学」と言います。当校は厚生労働省が所管する基準に基づいた2年間の課程で「短期大学校」といいます。

「準学士」の学位は授与されないのですか。

A.文部科学省所管の短期大学等の卒業生は、「準学士」等の学位が授与されています。当校は学位授与はありませんが、在学中の知識、技能・技術の習得により、技能士補の資格が得られます。
社会では、学位が必要とされているのではなく、真の実力が求められています。当短期大学校の卒業生に対する「ものづくり」についての企業からの期待は大きなものがあり、実践技術者を目指しています。
なお、公務員試験等においては、通常の短大として同じ受験資格があります(人事院規則により「短大2卒」の格付け)。

東海職業能力開発大学校とはどういう関係になりますか。

A.当校において、2年間の専門課程として、基礎的な技能・技術から専攻分野に必要な高度な技能・技術までを体系的に習得することができます。その後に、入校試験の合格者は、プラス2年間の応用課程として、東海職業能力開発大学校に進学することができます。
応用課程では、高度な技能・技術に併せ、企画・能力開発など生産現場のリ-ダ-としてふさわしい素地を身につけることができます。

どのような業種に就職をしていますか。

A.製造業を中心に就職をしています。就職率は、ほぼ100%で推移しています。

応用課程を希望していますが、就職はどうなりますか。

A.東海職業能力開発大学校の就職率は、ほぼ100%で推移しています。

静岡県出身ですが、応用課程を希望しています。就職先として、静岡県内を希望していますが、どうなりますか。

A.東海職業能力開発大学校では、東海ブロックにおける就職に力をいれています。また、浜松職業能力開発短期大学校は地元でもあり、機構のネットワークを活用し応用課程進学者に対して、就職の支援をおこなっています。

入学金及び年間の授業料は、どのくらいかかりますか。

A.専門課程は入校料169,200円 年間授業料390,000円です。
(入校時には、入校料169,200円と前期分授業料195,000円を納付いただいています。)
また、専門課程から応用課程へ進学する方は、進学時に入校料112,800円が必要となります。
応用課程の年間授業料は、専門課程と同額の390,000円です。

クラブ(活動)はありますか。

A.学生同士、有志が集まりクラブ・同好会を作って活動しています。
体育施設は、体育館・グラウンド・テニスコ-トがあります。