グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  企業様・地域の方へ >  2020年度能力開発セミナー >  【4M37】生産現場に活かす品質管理技法

【4M37】生産現場に活かす品質管理技法


コース番号・開催日 4M371(6/17(水),24(水))
4M372(12/9(水),16(水))
コース名 生産現場に活かす品質管理技法
受講対象者 製造業の方
受講料 10,000円
定員 15名
訓練時間 9:30~16:30 2日間(12時間)
訓練内容 品質管理の生産性の向上をめざして、効率化、適正化、最適化(改善)、安全性向上に向けた科学的管理手法として統計的手法を活用した品質管理の各種手法について習得します。
1.品質管理概要
  (1)セミナー概要
  (2)品質管理、品質保証、品質改善(問題解決)
  (3)品質管理の重要性
  (4)モノづくり部門のQC的見方・考え方
  (5)データの取り方とまとめ方
2.統計的手法を活用した製造・検査工程の品質向上
  (1)機械部品等の製造業における統計手法の重要性
    イ.製造ラインで作る製品の品質を知るための工程能力指数
    ロ.製造業における品質予測の重要性
  (2)QC7つ道具、新QC7つ道具
  (3)機械部品等の製造ラインにおける分散と標準偏差
    イ.製造ラインの工程能力
    ロ.標準偏差を活用した製造ライン状態の分析
  (4)正規分布
  (5)推測統計
    イ.サンプリング結果の信頼性の評価法
  (6)相関
  (7)管理図を活用した機械部品等の製造工程の状態分析
3.生産現場に活用できる応用課題実習
 ・品質管理方法を変更した具体的解決策
4.まとめ
使用機器・機材等
持参品 筆記用具
その他