グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  企業様・地域の方へ >  2020年度能力開発セミナー >  【4D40】組込みLinuxによるプログラム開発技法 -Python編-

【4D40】組込みLinuxによるプログラム開発技法 -Python編-


コース番号 4D401
コース名 組込みLinuxによるプログラム開発技法 -Python編-
受講対象者 プログラミング言語(Python、VB、C#、Delphi、Java)等のプログラム経験をお持ちの方
受講料 15,000円
定員 10名
開催日 9/10(木),11(金)
訓練時間 9:30~16:30 2日間(12時間)
訓練内容 ターゲットボード(Raspberry Pi)へのLinuxの実装やアプリケーション開発実習により組込みLinuxの概要、メリット・デメリット、開発環境の構築や実装方法、各種機能等、組込みマイコンシステムについて習得します。
 開発言語はPythonを利用して、Lチカをスタートとしたハードウェア制御とLinuxを利用した組込み技術に関する知識を重点的に講義します。
 ツールによる組込みLinuxシステムの短期間開発技術の習得とし、開発形態としては試作、実験、少量生産装置のソフトウェア開発や、ソフトウェア開発工程におけるプロトタイプ開発を対象とします。

1.組み込みLinux(Ubuntu)の概要
2.組み込みLinuxの開発環境構築
3.Pythonの概要
4.基本プログラミング
5.実装プログラムの応用
6.まとめ
 ◆Linux組込みシステムで課題となる開発環境の手法を習得します。
使用機器・機材等 パソコン(Windows+Ubuntu) Linux組み込みボードRaspberry Pi、BeagleBone Black(補助ボードとして利用)
持参品 筆記用具、作成した環境を持ち帰るためのUSBハードディスク【任意】
その他