グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  企業様・地域の方へ >  2020年度能力開発セミナー >  【4D15】制御機器の組立て技術(締結・圧着・トルク管理技法編)

【4D15】制御機器の組立て技術(締結・圧着・トルク管理技法編)


コース番号・開催日 4D151(5/11(月),12(火))
4D152(10/13(火),14(水))
コース名 制御機器の組立て技術(締結・圧着・トルク管理技法編)
受講対象者 電気機器の組立てや作業管理に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な立場にある方又はその候補の方
受講料 10,500円
定員 10名
訓練時間 9:00~17:00 2日間(14時間)
訓練内容 制御機器組立ての現場力の強化及び技能の継承をめざして、技能高度化、故障対応・予防に向けた締結・圧着・調整実習を通じて、安全と品質に配慮した制御機器組立ての締結作業、圧着作業、トルク管理技法、仕様変更等に対応するための実務能力を習得します。
1.制御盤の概要
  (1)制御システムの概要
2.締結・圧着部品と工具
  (1)締結部品・工具の種類、用途、選定の基準
  (2)圧着部品・工具の種類、用途、選定の基準
  (3)トルク工具の種類、用途、選定の基準
  (4)事故事例・安全対策事例(事例研究)
3.締結・圧着接続作業のポイント
  (1)安全作業のポイント
  (2)締結作業
  (3)圧着接続作業
4.システム構築実習
  (1)仕様の検討(実習例:シーケンス制御盤組立て)
  (2)図面の作成(シーケンス図の作成)
  (3)締結・接続作業(組立・圧着・配線)
  (4)締結・圧着部の強度試験(評価と改善)
  (5)回路の点検と試運転、メンテナンス
  (6)戻しトルク法による締結部の検証
5.システム変更
  (1)仕様変更に伴う追加及び変更配線・安全対策への対応策
  (2)試験・改善・確認
使用機器・機材等 トルク計測器、締結工具、圧着工具
持参品 電卓、定規、筆記用具
その他