グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  企業様・地域の方へ >  2020年度能力開発セミナー >  【4D14】自動化設備における画像処理技術

【4D14】自動化設備における画像処理技術


コース番号 4D141
コース名 自動化設備における画像処理技術
受講対象者 製造業の自動化設備の組立・施工業務に従事する技能・技術をお持ちの方
受講料 20,000円
定員 10名
開催日 10月以降予定   ※開催日が決まり次第、新着情報欄等でお知らせします。
訓練時間 9:30~16:30 2日間(12時間)
訓練内容 生産現場における検査自動化のための画像処理技術の概要を習得するとともに、市販の画像処理装置を用いて外観検査(有無・寸法測定)を行なうための技術を習得します。
1.画像処理技術の概要
  (1)画像技術の用途
  (2)画像処理の概要
  (3)画像処理装置(視覚センサ装置)の概要
2.撮像
  (1)視野の決定(カメラ・レンズ、レンズと対象物間の距離)
  (2)レンズの基礎知識
  (3)照明方法ほか
  (4)焦点、絞りの調整、2値化レベルの調整ほか
  (5)撮像実習
3.各種プログラミング技術と実習
  (1)面積測定による認識、判別、外部出力方法
  (2)寸法測定による認識、判別、外部出力方法
  (3)位置補正/多重位置補正の方法
  (4)特徴抽出による認識、判別、外部出力方法
  (5)マッチングによる認識、判別、外部出力方法
  (6)回転補正(寸法計測)
  (7)処理結果の外部出力(PLC等)
4.応用プログラミング技術と実習
  (1)電子部品の良品/不良品判別検査
  (2)電子部品の寸法検査
  (3)成形部品の汚れ・傷検査
  (4)検討と評価
5.まとめ
使用機器・機材等 画像処理装置(オムロン製FZ-3)、カメラ、照明器具
持参品 筆記用具
その他